スピンが多い原因は!?4(トップの違いが招く悲劇)

さて前回、体の中心から外れたどのような結末を迎えるのでしょうか?

誰もが憧れるのは

このようなハンドファーストなインパクトです。

2つのトップがどのようなインパクトを迎えるのかコマ送りで見てみましょう。

このように、トップで作られた肩とグリップの位置関係をダウンスイング中に取り戻せないままハンドレートのインパクトを迎えてしますのです。

ダウンスイング開始し、スイングしながら正しい位置に戻そうとするときに左サイドで位置を戻すとするんですが、

キャスティングを引き起こし、これが

より一層回転しにくくなることと、アウトサイドに出てしまたヘッドをボール位置まで引き戻すために、主に左肩を背中側に引くことと同時に左わきを絞めます。

このような位置でボールを真っ直ぐ飛ばすためには当然フェースを開く必要があり、スピン量が増えることが分かりますね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

となります。

木場本先生はトップでのグリップポジションはまっすぐ遠くへ飛ばすための絶対条件といいます。次回はもう少し詳しく説明します。

人それぞれ体のプロファイルが違いますので、単純にバックスイングの形ではなく機能しているかどうかが問題となります。

クラブもスイングも機械工学です。


コメントを残す