クラブヘッドのターン

インパクトの後はなにをしても、ボールの飛びは変わりません。

一旦、打ち出されたボールにどのようなことをしても、スライスボールがフックになることはないし、フックボールが左に曲がっていくことを止めることはできません。

インパクトゾーンがスクエアでストレートであれば真っ直ぐボールが飛ぶんですが、普通にスイングすると、ボールはつかまり軽いドローになるといわれますが、それはダウンスイングにおいては、スイングプレーンが

シフトしスイングの方向は若干右を向き

ヘッドがターンしていくから起こりうることなんですが、まったくフェースたーが行われないスイングは、後方から見たヘッドの動きはそのように見えるんでしょうか?

ヘッドを立てて水平にし、グリップエンドを中心に水平回転すると、ヘッドの動きは、このようになるはずです。全くヘッドのターンはないということが分かります。

上の図を斜めにしました。ヘッドが凄く開いているように見えると思います。

手首のコッキング、腕のローテーションをほとんど使わず、ボディローテーションだけでスウィングするのが彼の最大の特徴といわれるデシャンボーのスイングは実際にどうなっているか確かめましょう。

しっかりヘッドターンが行われています。

PINGが自社開発し、クラブテストに使用しているPINGMANは正しい動きをしているのが分かります。

しかし、細かく切り取っていくとボールにコンタクトしている間だけフェースがスクエアでストレートに抜ければいいだけですので、インパクトゾーンにおいてクラブに外力が加わらなければそれに近い動きはすると思います。

よく生徒さんに、果てしなくまっすぐ飛ぶんです。でも、ボールが逃げていくように感じるんですと言われますが、インパクトゾーンにおいてスクエアストレートが実現できればそう感じるかもしれませんね。(最初は変な感じでしたが、慣れると感じなくなります。)

クラブヘッドのターンについてはここで終わり。

話は変わって、Mr.ホーガンのスイングプレーンですが、最近、流行りのシャーローイングになっていませんか、シャローイングをするためにはどのように行うのかいろいろ方法論が飛び交っていますが、Mr.ホーガンは腰を左に回してスイングを始めることによって、ダウンスイングのスイングプレーンのるとだけ言っています。

次のゴルフスイングについてはこの辺りを深く掘っていきましょう。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

キャンペーンはここ

お問合せはお気軽にどうぞ。

なお、ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 

 


コメントを残す