梃子1

「すとんと落ちる」ではクラブヘッドにかかる力がインパクトに近づくにしたがって、大きくなるということを説明しましたが、自分が思ったよりも速いスピードを実現してくれるのが、

「てこの原理」

です。そんなに積極的にてこの原理は使わなくても、スイングの流れで実現されます。

上はDJのスイングですがインパクトで状態が目標に対して開き、写真の2,3,4ではグリップ全体のポジションがほぼ変わらずにインパクトしています。

DJのスイングは、スイングプレーンにクラブを乗せたまま、ショルダーターンしているだけですが、結果的に左手のグリップが上がり、右手の人差し指付け根が下がるので梃子が働いているのが分かります。

手元のちょっとした動きですが、梃子ですのでヘッド大きく動きます。

アーリーリリースでは、インパクトのはるか手前で、梃子が発動するので、早くヘッドスピードが上がり、スイングの弧が大きくなることで、腕、クラブからなるパーツの慣性モーメントが大きくなるので、スイングの角速度は上がりません。

PINGクラブのお求めは

をお願いします。


コメントを残す