G410フェアウェイウッドとG410ハイブリッド

渋野プロの全英女子オープン優勝後、SIGMA2 ANSER Plutinamの人気が爆発し、PINGでのヘッドの部品の欠品が繰り返えされ、現在のお届が12月に入りそうな状態になっていますが、これと同じように返品が繰り返されているクラブはG410フェアウェイウッドとG410ハイブリッドです。

今日は改めて何故このクラブが選ばれているのかを検証してみたいと思います。

店長的には選ばれている一番の理由は飛距離がのびたことが大きのではと思います。前作以前では方向性が良いが、飛距離がいう方がかなりありましたが、この部分をG410 ではこの穴をしっかり埋めています。ヘッドの構造的には

G400

G410も大きく変わりません

変わったのはフェーズ面のパーツです。

ハイブリッドのPING USのページを参考にすると

G400:Thinner and far more flexible, the innovative maraging steel face generates

G410 :The strength and flexibility of a thin, maraging-steel face

JAPANのページでの説明は、高強度・極薄マレージングC300フェースだから、高初速。ミスヒットしても初速が落ちないから、飛ばしたい人に最適。

強度を増してより薄く初速が増えて事が大きい要因であることがわかります。

SIGMA2 ANSER Plutinamの盛り上がりと違って、フェアウェイウッド・ハイブリッドは実際にユーザーの実感が伝わり、ヒットをよんでいると思います。通常であれば、発注からお届けまでの長さは、徐々に短くなってくるんですが、特にハイブリッドの人気のロフトに関してはだんだん長くなってなっていることから一過性のものではないように思います。

本日はここまで、次回に続きます。

全ての製品の出荷までに要する時間が3週間となっていますが、ヘッドが欠品しているフェアウェイウッド

 

  • G410 #3 STD 右 11月16日以降
  • G410 #3 LST 右 12月7日以降
  • G410 #5 STD 右 11月中旬9日以降

ハイブリッド

  • G410 #2 右 11月26日以降
  • G410 #3 右 12月3日以降
  • G410 #4 右 11月26日以降
  • G410 #5 右 11月26日以降
  • G410 #5 左 11月中旬以降
  • G410 #6 右 12月7日以降

となります。

 

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。


コメントを残す