ケプカと下位選手の違いからスコアを作るには?

以下はWGCの上位4人と下位3人のバーディ以上とボギー以下を集計したものです。

ケプカ -16 バーディ以上21 ボギー以下5

シンプソン バーディ以上18 ボギー以下6

リーシュマン -12 バーディ以上22 ボギー以下9

フリートウッド -11バーディ18 ボギー以下6

ホーマ +12 バーディ12 ボギー以下16

ブラッドリー +12 バーディ11 ボギー以下20

トゥエィ+17 バーディ10 ボギー以下24

こうして見てみると、上位は沢山バーディを取ったというより、ボギーにしなかったとスコアカードからいうことができます。もちろんショットの出来がボギーにつながるんですが、ケプカの今週のスクランブリングは91パーセント、最終日は100パーセントです。

驚異的なリカバリーによって、優勝を手繰り寄せているんですね。

実は、ボギーがなければ勝てるのがゴルフ。それを得にジュニア達には口すっぱく言っております。但し、消極的に安全にパーを狙いに言ってもアンダーにはなりませんので、ピンを狙ってグリーンを外しても、寄せることが肝心です。

先週の中部ジュニアでの三宅くんのスコアカードです。1日目前半をイーブンで折り返したあと、グリーンにのらないゴルフが続きますが、2オーバーでしのぎました。その流れを受けて2日目は3バーディー1ボギーで2アンダー、後半2オーバー、トータルイーブンで日本ジュニアをの出場権を得ました。

中学までは陸上競技がメインで、高校からがゴルフ。2年ちょっとで日本ジュニア出場権できたのは、この基本がきちっとできているからです。


コメントを残す