たまには文学的な文章を「1-A」

たまには文学的な文章をといっても、私にそんな才能があるわけではなくクラブライターの高梨祥明氏の記事を紹介します。

耕す。最先端の片隅で

あゝ、つくづく私は無機質な男でございますので、よろしくお願いいたします。


カテゴリーPING

コメントを残す