G410アイアンを打ってみて

下の段の黄色がG410アイアン#7、上の緑がi500アイアン#7。

シャフトはKBSTOUR90S、ライ角はG410はレッドで1度フラット、i500はブラック標準です。

どちらもなかなかの数字が出ています。アラ還の店長では上出来!^_^

まずは初速から、ほぼ同じ数字が出ています。

値段の差を考えると、G410アイアンちょっとすごいですね。キャビティで中空のi510以上の数字を出しています。打感はG410の方が硬めです。パーンと弾く感じ。i500はヘッド全体がたわんで一旦ボールを包み込み飛び出していくフィーリングです。

そのフィーリングの違いが、バックスピン量に表れています。接触時間が長い分スピン量が多いんでしょうね。

これだけバックスピンが違うともっと飛距離に差が出ていいと思いますが、大きく変わらないのはi500アイアンが効率よくボールにエネルギー伝えているかがわかります。

次に注目したいのが、装着したKBS TOUR 90 Sのおかげもあるんでしょうが、ストッピングパワーです。i500の方はわずか3ヤードでボールが止まっています。これであればどんなピンでも攻めることができます。G410アイアンはどうかというと4ヤードこれまた十分なストッピングパワーです。あえて分類するのであれば、競技志向はi500と言えますが、G410も十分な性能を持っています。

G410もi500と同じようにトウとネックにウェイトを入れバランスを調整しますので、ほぼ同じような結果となりました。

 

アドレスはこんな感じ、i500が若干シャープに見え、グースも少なく、気持ち小さい。ネックからトップラインへのつながりがいいですね。

相談・フィッティング大歓迎です。フィッティングはご予約制となっております。よろしくお願いいたします。お電話でもご相談対応いたします。

PINGクラブのお求めは

をお願いします。


カテゴリーPING

コメントを残す