適正なライ角とオンプレーンで

ルール改定で、困ったことになるなぁーって思っているのが、打ち上げのブラインドホールでこれまで、抜かれたピンフラッグが立てられたことで先行組がホールアウトしたが分かっていたことが、ずっと立てられままだと

AGL GOLF STUDIO LBで今日は商品の引渡しのついでに、GAPINGのチェックを行いました。

i500アイアンを購入していただいたお客様です。

nflightで見ると、飛ぶことは飛ぶんですが、ちょっとボールがしっかりつかまりすぎ。

あれだけまっすぐ飛んでいたのに、ちょっと、アウトサイドインの軌道に見えるし。

ということで、スイングと軌道のチェック、やっぱり外から入っている。お聞きするとスイングを変えているということで、以前に比べて外から入るスイングになってしまったみたいです。

ライ角をフラットにするとまっすぐ飛ぶことは確認できたんですが、アウトサイドインでつかまりすぎると、難しいゴルフをしなければならなくなるという考えで一致し、もう少し後に調整するとことになりました。

下の写真は本革スコアカードホルダーです。


カテゴリーPING

コメントを残す