平成30年度 中部日本アマチュアゴルファーズ選手権予選

本日、いっせいに各ゴルフ場にて予選会が行われました。

さてさて、ジュニア君、2人はといいますと、1位と9位で通過となりました。

CO_20180419190141_5d60e423-d121-4d78-84eb-5800a0280acc

現地で確認はしていませんが、今日は風の強い日でしたが、ハーフアンダーでベストを更新しましたので、風に対する対処がきちんとできたんだと思っています。低い弾を打つ練習が良かったんだと思います。

二人が使用するアイアンはたまたま

i200_Iron_7Cavity_Render_R

ですが、4月下旬に欠品が解除されるのかと思っていましたが、既に4月下旬に入ってくるロット分が、既に完売のようで。次の欠品の解除予定は5月下旬となり、今ご注文を頂いても5月下旬のお届けとなります。なんとも大変なことになっています。

LPGA JAPANで構成成績が出ているので仕方ないのかと思いますが、PINGの在庫管理の担当者は頭を抱えているのではないかと思います。

お求めはといいたいのですが、どうも、日本人は見た目から入るといいますか、「グースはね。」とか「ソール幅が。」とかになるんですが、是非、フィッティングを行い、自分がどういうゴルフをしたいのかを含め、選択していただきたいと思います。

周りでも、PINGのユーザーが多くなっておりまして、所属コースの支配人が他店よりG400MAXを購入したことを聞いていましたので、今日の委員会の後、調子をお聞きすると、先端の上ばかりに当たってとおしゃるので、それはシャフトの先端が柔らかいものをチョイスしているようですので、思い切って2フレックスあげてくださいとアドバイスしました。

理由はこちら

先端剛性
G400MAXをMAX飛ばすためには、その3

私であれば、支配人にはそのシャフトはお奨めしません。たとえ、力の衰えを口になさってもです。慣性モーメントが9900もあるG400MAXにはこれまでの経験則的なシャフトの選択方法は通用しないと思います。

今週の試打会で是非体験してください

お求めはこちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。


コメントを残す