20年前のボール

リック・シールズ氏が20年前のボールと今のボールを比較しています。

20年前のボールはタイトリストのプロフェッショナル、糸巻きボールです。

ウェッジ、アイアン、ドライバーと打ち比べをしていくのですが、

ウェッジは遜色ありません。

アイアンで差が開き

ドライバーはProV1が大きく差を広げます。

今では、ソリッドコアのボールしかありませんが、ツアーレベルでは1998年は糸巻きが全盛だったんですね。

実はソリッドコアはそれより前に頭角を現しています。ブリヂストンのReygrande WFです。

ブリヂストン ゴルフボール80年の歩みより
ニック・プライス( ’94年全英オープン優勝) ブリヂストン ゴルフボール80年の歩みより

それでもまだまだ糸巻きが全盛でした

大きく変わったのは

世界初ウレタンカバーソリッド3ピース

(イメージ)

PRECEPT MC TOUR PREMIUM
(イメージ)
(イメージ)
ブリヂストンボール製造80周年
ですね。
まだ20年たっていないんですね。

コメントを残す