i200アイアンで悩むウェッジとのつながり

日本では男女とも賞金王を獲得したG400ドライバー・ウッドとi200ですが、おかげさまで好調なセールスをつづけています。

PINGの中ではi200の位置付けはどうなのかといいますと、高弾道ディスタンス系アイアンとの位置です。

番手は3番からPW・UWが揃っています。

CLUB LENGTH LOFT LIE OFFSET BOUNCE
3-Iron 39”inches 19.0° 59.0° 0.21”inches 5.0°
4-Iron 38 1/2”inches 22.5° 59.8° 0.19”inches 6.0°
5-Iron 38”inches 26.0° 60.5° 0.17”inches 7.0°
6-Iron 37 1/2”inches 29.5° 61.3° 0.14”inches 8.0°
7-Iron 37”inches 33.0° 62.0° 0.09”inches 9.0°
8-Iron 36 1/2”inches 37.0° 62.8° 0.07”inches 10.0°
9-Iron 36”inches 41.0° 63.5° 0.05”inches 11.5°
PW 35 1/2”inches 45.0° 64.1° 0.03”inches 13.0°
UW 35 1/2”inches 50.0° 64.1° 0.02”inches 13.0°

一方、Glide2.0などの専用ウェッジは

CLUB LOFT LENGTH OFFSET LIE EFFECTIVE
BOUNCE
46/SS 46.0° 35 1/2”inches 0.05”inches 64.1° 12.0°
50/SS 50.0° 35 1/2”inches 0.04”inches 64.1° 12.0°
52/SS 52.0° 35 1/2”inches 0.04”inches 64.1° 12.0°
54/SS 54.0° 35 1/4”inches 0.03”inches 64.4° 12.0°
54/ES 54.0° 35 1/4”inches 0.06”inches 64.4° 8.0°
54/WS 54.0° 35 1/4”inches 0.04”inches 64.4° 14.0°

となっています。

アスリート志向の一般的なセッティングではPWまではセットとして統一し、ウェッジは52度、58度が定着化していますが、ウェッジシステムを3本とするよりは、i200を選択する場合は、PWの下には50度前後のクラブをセッティングし専用ウェッジにつなげることをお奨めします。

その場合、i200UWとGlide2.0_50/SSどちらを選択すればいいのか?

その答えが今月のFitting Newsに載っていましたので紹介したいと思います。

” i200 アイアンはミスヒット時の寛容性を重視した構造でショ延長フル・プローチされい方におすめ。アインはミスヒット時の寛容性を重視した構造でショ延長フル・プローチされい方におすめ。

GLIDE2.0ウェッジは主に打 球のコントロールを重視した設計となり、様々アプチ想定する場合、おすすめです。

プレイスタイルにあわせてご選択ください

スピン性能ではGlide2.0ウェッジのほうが高く、環境にとらわれずボールを止めやすい反面、フルショットでも、アイアンの感覚で距離・方向性のイメージが出しやすいかがポイントになります。”

なるべく全てのショットを同じように打ちたい人はUWを選択し、

少し打ち出し角を抑えて距離を出したい人はGlide2.0ウェッジ50/SSを選択するということですね。

でも、やっぱり52度のウェッジを使いたいという人は、20ヤードの番手差を埋めなくてはなりません。その場合はi200はフルショットアイアンですので、抑えようとしてもスピン量がすくなく距離がでてしまうことを考慮しなければなりません。

その対策としては、i200PWではなく、Glide2.0_46/SSをセッティングすることがお奨めです。Glide2.0_46/SSであればi200のPWに比べてスピン量が多く距離のコントロールが容易だからですね。

こういういろいろな組み合わせを構築できるのは1本からでもカスタムオーダーできるピンならではだからですね。

PING製品の購入は↓こちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。


カテゴリーPING

コメントを残す