凄いものをサルベージしました。「ping-collectibles-manual」

カーステンは苦手だったパターを克服するために1-Aを作ったと聞いていますが、そもそも、そんなに簡単に作れるわけはないと思っていましたが、やはりそうだったようです。

ネットの検索を繰り返していたら凄いものを発見してしまいました。

ping-collectibles-manual(PING REDWOOD CITY & SCOTTTSDALE MODELS)です。当店のページからPDFをダウンロードできるようにしました。

その3ページ目、製作されたパターが紹介されています

Redwood City:
No Model Pat Pend
No Model “F” Flat Lie
No Model “U” Upright Lie
AX
XA
MOD.1
MOD.1A
MOD.Ⅱ
No Model(MOD.ⅡHead)
MOD.ⅡA
MOD Ⅲ (No Line on Top )
MOD.ⅢA
MOD.Ⅳ(No Line on Top)
MOD.ⅣA
A5
B5B5C (Croquet}

Scottsdale:
1A(1959)
1A Gary Player
2A
ⅢA
ⅣA
69
69 Croquet
69T
69 FT
69 FTL
69W
B66
B67
B68
B69
69 BC
69 BC Croquet
BLD
MLT
Kushin
Kushin Slazenger/Jack NickJaus
Cushin
Cushin Gary Player
Anser
Anser Gary Player
Trainer

ANSERにたどり着くまでこれだけ作っていたんですね。

確かにこれが「答えだ=ANSER」と言いたい気持ちがわかります。

 

PING製品の購入は↓こちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。


カテゴリーPING

コメントを残す