最適ロフトは?

理論的にはビリヤードの押し球のようにボールの赤道より上を地面と平行にヒットしたとすればボールに順回転を与えることは可能です。確かに、ボールの赤道より上をヒットは硬い地面上もしくはボールと地面(芝面)の摩擦がないまたは少ない状態では有効な理論です。

パターのロフトは、芝に沈んだボールを持ち上げ、その後自然なロールを発生させるためなんですね。このビデオではロフトが足りないと、ボールは芝の中にintoしてバウンドするんですね。

浮き上がったボールは芝生の葉先の上を転がっていきます。

そしてその考えは、PINGでは1966年に考えられていました。

ビデオの説明分でベン・クレンショーが紹介されていますが彼のパター(ジェントルベン:8802)も

フランジがあるタイプです。経験的にこのような形状にすると転がり我いいとわかっていたんですね。

 

PINF|GではSigmaGTESSがこの形状です。

Wilsonでも復刻していますが、未だにこの伝統的な形状は根強い人気があることがわかります。

最適ロフトはiPingを使用して測定できます。

PINGの購入は↓こちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。

年末・年始企画!「カートを購入するとタオルホルダープレゼント


コメントを残す