PING SIGMA G 総選挙3

フィッターチームが、手分けしてパターについてコメントしていますので、そのコメントを紹介します。ついでに店長もコメントします。

第3弾です。

KINLOCH

藤原 雄太 フィッティング・ スペシャリスト
キンロック 保険付きのピン型パター

KINLOCHの魅力とは?

トゥ側、ヒール側のフランジ部分を拡大して、ストローク時、ミスヒット時の安定感を高めています。見た目も『ANSERよりも安心感がある。マレットからでもすんなり移行できそう。』という声も聞かれます。ANSERに易しさの保険を更にプラスした進化系ピン型パターです。

藤原フィッターも言及していますが、トゥ側、ヒール側のフランジ部分を拡大していますこれにより左右の慣性モーメントが拡大し、ヘッドターンしにくい言い換えればフェースの向きを真っ直ぐに保つ性能があがりました。ストローク的にはセミアークだけど、フェース面を真っ直ぐ使いたいという人、アンサーではちょっと左に行くことが多いという方にはお勧めのパターです。(店長)

穐元 清史 フィッティング・ スペシャリスト
B60 精緻さと曖昧さの共存

齋藤 仁 フィッティング・ コーディネーター
クッシン ストロークタイプ”ストレート”の秘密兵器

KINLOCH C

宮原 勇気 フィッティング・ スペシャリスト

キンロックC ミスヒットに動じないセンターシャフト

KINLOCH Cの魅力とは?

年々増加傾向のセンターシャフトモデル。手~シャフト~ヘッド~ボールと、直線上でシンプルに構えられます。比重の軽いインサートと、トゥヒールの重量配分で、ミスヒットしても大きなミスにはなりません。左足寄りにボールセットする方には、とても構えやすいモデルのひとつです。

 このパターですが、当店では一番売れています。

これまでのセンターシャフトは畑岡選手が使用するPIPER Cの形状が多いです。

写真からわかるようにマレット的な形状でセンターからシャフトが伸びているがの定番です。言ってみれば凸型センターシャフト。この形状は慣性モーメントが小さいためヘッドの向きが変わりやすいこと。芯を外したとき、安定しないやストロークではフェース面が安定しないというところです。

KINLOCH Cの形状はヒール・トウのフランジ幅を大きくし左右の慣性モーメントを大きくし、これまでのセンターシャフトの常識を変えたパターといえる凹型センターシャフトパターです。

ストロークすると、ずっとフェースがスクエアを維持するように感じます。よりフェース面を安定させるためにカウンターウェイトをグリップに装着して使いたいモデルです。(店長)

ご注文は

Yahoo!ショッピング

コメントを残す