スーパーストロークカウンターコアテクノロジー その1

パターのフィッティングで意外に多いのは、

重いパターを希望している方が多いということ、特に夏場の遅いグリーンの時期には多くなるような気がします。

グリーンの速さでいうと、高麗グリーンの時代のほうが遅いのにもかかわらず今よりもずっと軽いパターだったんですが。重くなると重いパターを要求するという事は、ベントグリーンが主流となったため、パターのショルダーストロークとなり強く打てなくなったからです。

高温多湿の夏を乗り切るため、グリーンが遅くなるのは仕方ないのでこれを乗り切るためには、違う重量のパターを二つ持つことが有効なのですが、スーパーストロークカウンターコアテクノロジーを利用すれば、解決できるかもしれません。

以前から、このアイデアはあったんですが、きっかけは、スーパーストロークカウンターコアテクノロジー搭載のグリップの装着が可能というお問い合わせでした。PINGのオプショングリップではスーパーストローク2.0の設定はあるんですが、カウンターコアテクノロジー搭載のオプショングリップの装着がないので、ご希望に沿うことは出来ませんでしたが、こういう記事を書いておけば、こういう要望がもしかしたらAZに届くかな?と思って実験してみました。

装着したパターは6角形のチタンのピンのインサート「IsoForce ANSER F Platinum Label」です。このパターは形が好きで使うのですが、会わないので、スーパーストロークカウンターコアテクノロジー搭載されれば、どんな風に変わるのかがわかりやすいかなと思い装着してみました。

写真はPING パターで有名はBANK OF PUTTERさんから

結果がでたら、コースで使えるのでちょっと楽しみです。   

スーパーストロークカウンターコアテクノロジーはグリップ内部に25g、50g、75gの重さを出来るようにしたものなんです。

装着した結果ですが、眠くなってきたので、2回に分けさせてくださいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です