特別企画、G400ドライバーはシャフトを基準に選択すればいいのか、ヘッドを基準に選択すればいいのか?

なんとも長ったらしい、題名で申し訳ございませんが、8月の初旬からG400の試打がと注文が始まり、高評価を得て、通常48時間で出荷されるクラブが1カ月弱の出荷となってしまいました。

あまりの注文の多さに、とにかく、現物の確保に走るところもあるやに聞いております。兎に角、標準で、ヘッドを確保し、シャフトは後で変更するなどのながれです。ピンはフィッティングあってのオーダーが基本ですので、できるのであれば 、ちゃんとフィッティングしてオーダーしていただきたいものです。

北陸では、回転寿司でも廻っているお寿司に手をつけるのではなく、例えそのネタの寿司が廻転していたとしてもお寿司をオーダーするのがスタンダードですが。G400も条件反射で飛びつくのではなく必ずフィッティングをジックリ選んでいきましょう。

というのも、選択したシャフトによって、最適ヘッドが変わる可能性が非常に高いんです。

例えば、ヘッドスピードが高く吹き上がり気味で左にもいく傾向だった方には、通常で考えるのであれば左に行かないヘッドLSTec8.5をチョイスするのが一般的ですが、結論的にはスイングを安定させることを目的にフィッティングすることに、ヘッドはSTD9、シャフトは重く走り系です。LSTecに比べスピンが多いヘッドに走り系は逆じゃないのかというとその通りですが、事件は現場で起きているんです。ここまでたどり着くには時間がかかります 。

つかまった高い球が打ちたいという方、スイングにつかまえたい意思が見えます。試打の時間内で出た結論は、SFTec10か12でしたが、再度フィッティングとなりました。最終的にはLSTec10,とうr173-65-R。感覚的には捕まる方向を左から真直ぐ上にしたと言ってもいいでしょう。

ということで、今後の参考のためにもありますが。全てのヘッドでシャフトによっては使えるクラブになるのではないかと、やってみました。

結果は、STD

SFTec

LSTec

となりました。

なんとかなってしまったことに本人的にビックリです。Gまでは、このヘッドは絶対に無理という感じのものがありそれを元にシャフトを選択するでよかったんです。ヘッド毎にプラス面もあるが、マイナス面もあるという感じで、言い方を変えるとクセが強い。ヘッドの持つクセをシャフトでは消すことができないので、まずはヘッドを決めるでした。G400はクセが少なくなり、ヘッドの持つ性質がそのまま素直に出ていると思います。ヘッドとシャフトとスイングの化学反応がG400!
化学反応によっては、とんでもないことがおこるワクワクさせてくれるクラブですね。


ブレない! 抵抗しない! 反発する! 3つのチカラでブレずに飛ばせ!ピン G400 ドライバー メーカー標準シャフト Speeder EVO 日本正規品 レフティ-有り 
64,800円  税込送料無料 


カテゴリーPING

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です