Volvik Vivid コースで打ちました!プラスα

目に飛び込んでくる

http://www.todaysgolfer.co.ukより、Volvik Vivid

芝生の上でも目に飛び込んでくる飛び込んでくる。

思わず力が入りすぎて、同伴者はまともに当たりません。2スイングで2つのvividがロストでした。

私も一打目は力が入り引っ掛け、ピンまで170Yサイドフォロー打ち上げ10ヤードバンカー超えればと思って打ったボールは完全にバンカーをクリア、グリーンに行って見ると、奥のカラー。5~10ヤード位飛んでいる感じ。パットのフィーリングも悪くありません。

次は飛距離を計るのにちょうどいいツインフィールズのダイヤモンドコースNo11、サイドアゲ。左のバンカーを越えセンターでした。打ち下ろしがあるので実質250Y。最後のVividなので、コントロール重視。軽く打った割には飛ぶかも?

次のショートはサイドアゲ。ピンが手前、打ち下ろしなので、実質155Yと思い打ったボールは軽くプッシュ。バンカーと思ったボールは164ヤード地点にキャリーやはり5~10ヤード位飛んでいる感じ。

なかなか、いいボールでしたよ。曲がりは少なく飛んでいきます。フィーリングはハジキが心地よくスピンが少ない分飛ぶいい感じです。この色を受け入れることが出来れば、使ってみてもいいのでは?

リックシールズもスピンが少なめだとだと言っているようです。

そうそう、噂の例のクラブ、最後の最後に設定があって、打ち下ろしですが290Yを越えました。最近飛距離が落ちて平地で250飛べばOKの店長ですが、ドライバーとスプーンをチェンジしたら10年ぶりくらいに最終ホール2オンするかもって思いましたよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です