これからのラウンドに備えて

夏から秋の最高のゴルフシーズンが到来するのかと思ったら、台風がたくさん来てさわやかな秋晴れに恵まれず、もう冬の寒さを感じるまでになっております。

最近は気温15度を下回る日も。

そうなると、ポケットに手を突っ込みながらゴルフしたりしますが、カートを押す場合はそうも行きません。

手袋をすればいいんですが、つけたり外したりなかなか面倒です。

クリックギアのホットグローブはカートノハンドルにマジックテープで止めるだけの簡単装着。

クリックギア、ロビックのカートに装着可能です。

構造が簡単ですので他社のカートにも装着できそうですが、判断はご自身でお願いいたします。

 


プッシュカート用オプションパーツクリックギアカート用のホットグローブ
2,592円  税込、送料別

 



WASH YOUR BEST

英語の勉強!

The Tour Truck being given a bath ~

いいなぁ、この表現。

日本だったら洗っていますだな~。さすが英語だ。

https://twitter.com/PINGTourEurope/status/923100950709112832

 

PING フィッティングスペシャリストによる試打会開催のお知らせ

PINGフィッティングスペシャリスト福家氏による試打会を開催します。

PINGのフィッティングスタジオは新宿NSビル1Fにあり、フィッティングスペシャリストが常駐しフィッティングを行います。いわば、フィッティングの専門職が行います。

ベイウエストゴルフクラブ

通常はフィッティングすぺシャリトのフィッティングはPINGのフィッティングスタジオではないと受けることができないのです、なんと、富山に来ていただけることになりました。

皆様、ぜひ、この機会をご利用くださいませ。

日時:11月3日 (金) 文化の日
10時から16時

場所:ベイウェストゴルフクラブさん

 

 

スーパーストロークカウンターコアテクノロジー その2

スーパーストロークカウンターコアテクノロジーのグリップは

このように、グリップエンドをがスクリューになっていて、

カウンターウェイトを挿入します。カウンターウェイトの先端についているスポンジは、カウンターウェイトが中でグラグラ動かないように、カウンターウェイトがシャフトの中心部に位置するようするもののようです。

心なしか振動吸収効果があるように感じました。

付属の六角レンチでしっかり装着します。

最後にはこうなります。外観からは全くカウンターウェイトが入っているとはわかりません。

ジョーダン・スピースが使っているフラッソです。

※PING PP60はピストルタイプで順手でグリップしやすいですが、こちらは逆手に向いていそうです。

では、カウンターウェイトのウェイトを変化させ、パッティングストロークがどう変化するのか数値的に計測します。

先ずはウェイトなしです。

このパターではこのお程度だと思います。いまいち安定しません。

次に25gのカウンタウェイトをつけてみました。

いきなり、パッティングハンディキャップが良くなりました。

でも、2回目はちょっと悪くなりました。

次は50gです。

2回ともいい数字が出ました。特にインパクト時のフェースの向きのバラツキが少なくなりました。

最後に75gです。

こちらも2本揃いませんでした。

ということで、私の場合はカウンターウェイト50gが好結果が出ましたが、個人差や装着するパターによる影響もあろと思います。

まだ一人のだけのデータなので、カウンターウェイトを装着するとストロークが安定するという結論は出ません。

今後データを取りたいと思います。

スーパーストロークカウンターコアテクノロジー その1

パターのフィッティングで意外に多いのは、

重いパターを希望している方が多いということ、特に夏場の遅いグリーンの時期には多くなるような気がします。

グリーンの速さでいうと、高麗グリーンの時代のほうが遅いのにもかかわらず今よりもずっと軽いパターだったんですが。重くなると重いパターを要求するという事は、ベントグリーンが主流となったため、パターのショルダーストロークとなり強く打てなくなったからです。

高温多湿の夏を乗り切るため、グリーンが遅くなるのは仕方ないのでこれを乗り切るためには、違う重量のパターを二つ持つことが有効なのですが、スーパーストロークカウンターコアテクノロジーを利用すれば、解決できるかもしれません。

以前から、このアイデアはあったんですが、きっかけは、スーパーストロークカウンターコアテクノロジー搭載のグリップの装着が可能というお問い合わせでした。PINGのオプショングリップではスーパーストローク2.0の設定はあるんですが、カウンターコアテクノロジー搭載のオプショングリップの装着がないので、ご希望に沿うことは出来ませんでしたが、こういう記事を書いておけば、こういう要望がもしかしたらAZに届くかな?と思って実験してみました。

装着したパターは6角形のチタンのピンのインサート「IsoForce ANSER F Platinum Label」です。このパターは形が好きで使うのですが、会わないので、スーパーストロークカウンターコアテクノロジー搭載されれば、どんな風に変わるのかがわかりやすいかなと思い装着してみました。

写真はPING パターで有名はBANK OF PUTTERさんから

結果がでたら、コースで使えるのでちょっと楽しみです。   

スーパーストロークカウンターコアテクノロジーはグリップ内部に25g、50g、75gの重さを出来るようにしたものなんです。

装着した結果ですが、眠くなってきたので、2回に分けさせてくださいませ。

吹き上がる弾道には「LS TEC」とは限らない!

ボールの吹き上がりを問題点としてフィティングを受けられる方は少なくありません。

この場合、フィッターは、スピンが少ないモデルを単に選択すればいいのかというと決してそうではありません。

具体的には、吹き上がりの原因が何に由来するのか見極めが必要になります。

ヘッドスピードを持っている方に関しては、単純思考では、例え、数発のビックボールが出たとしても、根本原因を解決していないので失敗となる確立が高いのです。

G400のヘッドタイプは3種類

  • 最も高いMOIと低重心で安定したとびを実現と謳う スタンダード
  • 抜群のつかまりで右へのミスを抑える SFTEC
  • 吹き上がりを抑えて低スピンと強弾道で飛ばす LS TEC

このコピーは確かにそうなんですが、これからお話しすることをでは疑問符がつくんです。(PINGのコピーに楯突くようなブログの件名後で注意されるかもしれません)

スピン量の大小は、インパクト時のリアルロフトとアタックアングル、ヘッドスピードで決まります。スピン量は

  • ヘッドスピードが高いとスピン量は増えます
  • アタックアングルが多いと増えます。
  • アタックアングルとリアルロフトの差が大きいほど増えます。

ということでヘッドスピードがある方は、ヘッドスピードが高いからロースピンモデルを選択するという思考に陥りがちです。

ヘッドスピードが高くてスピン量が多い方の中には、ヘッドのターンが少なく実質的にフェースが開いて入りスピン量が増えているという方が多くの確率で含まれます。

そういう方の特徴としては

  • ラウンドで気を抜くとチーピンがでる。
  • 大きく右に押し出してしまうことがある

ので、しっかりインタビューを聞きます。こういうお悩みを持っている方は非常に勉強されている方も多いというのが特徴でしょうか?

スイングのタイプがヘッドターンが少ないくフェースが開きロフトが多くなるためにスピン量が多いのではという可能性を確認する必要があるんです。(ボールの飛び方をみてもある程度は判断が可能です)

上は理想的なインパクトです。下はフェースが開きいているが、図のようにハンドダウンしてフェースの向きを実質的に修正して打っている。また、インパクトで左手首が折れ実質的にロフトを多くして打っています。

上はインパクトゾーンといえますが、下はボールと真っ直ぐとばすことができるゾーンが少なくソーンというよりポイントです。ですのでボールもばらつく可能性が高くなります。

という理由から「LS TEC」とは真反対である 「SF TEC」 もしくは「スタンダード」を試していただきます。

これに、はまったときには SF TECで強弾道を得ることができるんです。ヘッドがターンすることにより、リアルロフトが減ってスピンが減るんですね。

(「スピンが多いからスピンの少ないモデルですよ~。ほら凄く飛ぶボールが数発でました。」という事はあまり言いませんのでそこのところヨロシクお願いします。お客様に合わせろよというのは偏屈なので苦手です)

また、こういう方は以外とスピン量が多くなるから、走り系のシャフトを敬遠している人が多いです。走り系のシャフトは、開いたヘッドを閉じるように走ったり、スイングプレーンに沿うように走ったり、外に外に走ったりするものがあるので(フィッターはある程度の傾向を掴んでいますがスイングタイプによってシャフトの動きが違います)試してみるのもいいと思います。

11月3日にはベイウエストゴルフクラブさんでPINGのフィッティングスペシャリストさんをお招きして試打会を行います。是非体験してみてください。

 

ドライバー

最適なヘッドとシャフトを選択して理想弾道をゲットしてください!

 

 

AYAKO UEHARA STATS

上原プロがどのようにツアーで戦っているのかを調査してみましょう。

下にLPGAのスタッツを貼り付けました。

悪い数字はランキングが151位のAverage Driving Distanceです。

いい数字は10位のDriving Accuracyと2位のSand Savesと10位Total Events Playedです。

簡単に解説すると飛距離を、正確性とアプローチ力と、試合を休まない持久力でカバーしているということですね

PERFORMANCE STATS

PERFORMANCE YEAR TO DATE RANKING
Race to CME Globe Final 0
Race to CME Globe Season 638 57
Official Money List $272,580 56
Average Driving Distance 239.15 151
Driving Accuracy 81.49 % 10
Greens in Regulation 70.10 % 56
Putts per GIR 1.80 47
Putting Average 29.62 45
Sand Saves 67.35 % 2
Scoring Average 71.18 47
Rounds Under Par 33 72
Birdies 217 65
Eagles 4 50
Rounds in the 60’s 23 41
Sub Par Holes 221 65
Holes in One 0
Total Rounds Played 68 50
Total Events Played 24 10
US Solheim Cup Points 0
Rolex Player of the Year 7 60

 

GOLF BOYS ってありましたねぇ~。

RIEGOLFでは2013年3月05日(火曜)17:23に

Golf Boys – “2.Oh” (Official Video)を紹介しています。

この時の内容は

YOUTUBEで5,822,301回(3月5日現在)の再生回数をほこるGOLF BOYSのラップの新しいビデオが発表されました。前作に引き続きメンバーはベン・クレイン、バッバ・ワトソン、ハンター・メイハン、リッキー・ファウラーの4人で,バッバ・ワトソン、ハンター・メイハンがPINGの契約プロです。

このメンバーの優勝回数を合計すると4+4+5+1で14勝です。 前作発表から、バッバはマスターズ優勝、ハンターは2勝(内世界マッチプレー優勝)、リッキーは初優勝しているので、もっと凄いことが起きるのでしょうか?

何と発表から16時間で再生回数が50万を越えようとしています。

ラップということもあって(関係ないか)全く何を言っているのかわかりません。是非前回の時のように翻訳してくれる人が出てくれるといいですね。

というものでした。

視聴回数 4,843,766 回で前作の半分ちょっとでした。いまは完全に旬を過ぎた感じになっています。
この中で次にメジャーをとりそうなのがリッキーですね。