G430各モデルの性格(特徴)

G430コース試打、2回目で分かってきたことを書きたいと思います。

今回のモデルチェンジは打感や音に注目が集まっていますが、モデルの球質が変わっています。

MAXはG425の場合、MAXはどちらかというとセンターより右へのボールが多くリリース付近で、フェースが勝手に閉じる音がなかったので、店長の場合は、コントロールが容易なクラブでしたが、G430はドローバイアスが強く、店長の意図より早くターンするので、油断するとボールがつかまりすぎてしまいます。

これまで、PINGのドライバーはつかまりにくいと感じていた人は、自然にターンするようなので、お勧めです。

一方、LSTは打ち分けできるクラブでしたが、G430では、センターから右へのボールがほとんどです。店長にとっては非常にコントロールしやすいクラブなまりました。

インパクトのイメージはフェースがやや閉じてあたるのが、上のMAX、フェースの向きがキープされてインパクトするのが。LSTです。

スイング的にはフェースの開閉を自らおこなうタイプにはMAX、フェースのターンを自然に任せるタイプはLSTとなっています。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

同時にi230もコースで打ってきましたが、ちょっとわかってきたことがありました。これについては次回以降に書きたいと思います。

i230(アイ2 サーティ)のフィーリング

i230(アイ2 サーティ)は海外では、アイニーサンマルではなく、
アイ2 サーティと呼びたいクラブになりました。

あくまでも店長の感想なんですが、これまでのi200、i210に比べて、フェースの挙動が少なくボールを真っ直ぐ押している感覚があります。

試打結果を見ると軽くドローががかかっているのですが大きなドローではなく安定してストレートボールです。i230の試打では、スモークボール(設定しているピン(この時は155ヤード)にぴたりとつくと画面のボールが煙を出します。)が連発しました。

使用したシャフトはMODUS3TOUR105(S)で少し長めに持って試打しております。

なので。

で、i230(アイ2 サーティ)のフィーリングという件名にしたのは、EYE2のフィーリングじゃないかなと思ったからなんです。(誰も知らない)

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

i230試打クラブ到着

i230の試打クラブが到着しました。

i230はBLUEPRINTと比べてもかっこいいですね。早速、うち比べます。

慣れないうちは、あまり変わらないかなって思っていましたが、慣れてくると少し飛びました。

やはり、BLUEPRINTに比べると寛容性は高かく、ばらつきは少ないようです。芯に当たった時に感触はほぼ一緒です。

使用したシャフトはMODUS3TOUR105(S)でした。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

 

 

G430 LST(ロースピンテクノロジー)は実はスピンが増えている。

以下はG430LSTの説明です。

「クラウンに軽量カーボン素材を採用。
強弾道&低スピンでさらに遠くへ。
クラウンからソールまでの形状を改良。クラウン部分に軽量のカーボンを
採用し、ブレない低スピンを生む”激飛G430LST”

クラウン部分のカーボンは8層構造。軽量化とともに、
余剰重量を最適な箇所に配置。これまでで最もブレないヘッドへ進化。

440ccの小ぶりで操作性のあるヘッドが、超極薄の反発フェースと
理想の低重心設計により、強弾道&低スピンで最大飛距離を生み出す。

初搭載の「スピンシステンシー・テクノロジー」で上下のミスヒットでも
最適なスピン量と弾道で最大キャリーを実現。」

これを、読んでスピンが多くなっていると思うひとはいないと思います。

昨日はスコアを崩してしまっった、蝉川に関する記事

の下に抜粋した部分は真実が書いてあります。

「以前のドライバーは、G425のLSTでした。しばらくは満足している様子でしたが、日本オープンの2週間ほど前、「たまに右に滑るというか、スピンが少ない感じの球が出るのが気になるんです」と連絡があって、「それなら新しいG430を試してみようか」となりました。430シリーズは、性能的に少しスピンが入るので、「もしかしたら右へのミスがなくなるかもね…」とテストしたところ、実際に200回転ぐらいスピン量が増えて、右へのミスも消えました。打音に関しては、425よりも静かに、こもった音になったのが好印象らしく、「G400と似ていますね。気に入りました」とは本人の感想です。」

ちょっと、びっくりすると思います。件名の「G430 LST(ロースピンテクノロジー)は実はスピンが増えている。」というのは本当の話なんです。

店長の感想も同じで、G430LSTはG400からの進化で、一番近い感覚はG400MAXかなと思っています。少しだけボールが逃げるような感覚は同じです。しかしながら、G400MAXに比べて飛距離が出る。

G430MAXは、G425またはG400からの進化だと思います。

ヒューストンオープンで優勝したPINGPRO フィナウは

G425 LST9度です。ロフトを7度にして使っています。G430にチェンジしないでいるのはスピン量が増えるんでしょうね。

 

 

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

G430LSTがG400MAXの挙動と似ていることから、G400MAXで使っていたシャフトを引っ張り出してきました。数発打ってみたんですが、いけるんじゃないかと思いました。機会があれば紹介したいと思います。

LPGAもでした。

国内男子、PGAを紹介しましたが、米国LPGAもでした。

ピンプロ アリソン・コープス 大きな大会で、優勝なるか?

こちらも、G425LSTです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

それに加えて、なんと西郷真央選手も

G425 LST。

 

 

39人

ヒューストンオープンのPINGドライバーの使用者は39人。

モデル別ではG430LSTが1位となっています。プレーヤーではフィナウが1位をキープ。ドライバーはG425LSTです。

日本では、プロ転向した蝉川プロが、プロ1勝目に王手をかけています。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

店長もG430推しですが、これはプレーヤーによって違います。できれば時間をかけてフィッティングで決めてください。

 

Houston Open

Houston Opendで

https://twitter.com/jertybird/status/1591190318602670080?s=20&t=CjL6LEruiX1CBTjjbeRgPQ

というから、急いでフィナウの使用クラブを確認したら、G430ではなくG425LSTでした。

G425mo戦闘力高いですよ。特に音は!

濡れた芝でボールのスピン量は?のからくり

濡れた芝でボールのスピン量は?

で、GLIDE 4.0 WEDGEがウェットコンディションの方がスピンが多いという記事を、紹介しました。

店長は、この現象はスーパーのプラ袋を広げる時に、指に水をつける時と同じではないかとコメントしましたが。

本当に、そうみたいです。そのからくりは?

Yahoo!知恵袋からの引用です。

引用終わり

つまりは、

ハイドロパール仕上げが、微笑で適度な水分量にして、

エメリーブラスト仕上げが、人の指には指紋の凹凸の役割をして、そこに水分子が満ちる ことにより、表面張力+分子間力で摩擦が生じているということみたいですね。

ウェットコンディションでスピン量が増えることをPINGは狙ってやったんでしょうか?店長なら、こんなおいしい事自慢します。(自分が作ってもいないのに自慢していますから当然です)

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

ちょうど、今日、業者さんにその話をしたら、今の時期、特に朝は芝生が濡れていて気を遣うんですよね~、と一言。
なんで、今の時期?

春も夏も秋も冬も朝露はつくでしょと思いましたが、秋分の日を過ぎ、夜明けが遅くなり、ゴルフのスタート時間までの時間が一番、短いと気づきました。そうですよ、買うなら、来年ではなく今です今(笑)。

濡れた芝でボールのスピン量は?

濡れた芝でボールのスピン量は?

と質問すると、ほぼ100%、スピン量が減ると答えるはずです。PINGはハイドロパールメッキ仕上げで、疎水性の高め、ウェットコンディションでも安定したショットを可能にしています。

が、しかし。

https://twitter.com/MyGolfSpy/status/1588961095636615169?s=20&t=YA3o_2TZ9nTI9E5IDpkPNA

MY GOLFSPYさんのテストにおいて、PING GLIDE 4.0 ウェッジがとんでもないことを成し遂げました。世の中の常識を覆してます。

芝が濡れたほうが、スピン量が増えるという快挙です!

GLIDE 4.0ウェッジは、ハイドロパールメッキ仕上げに加えて

エメリーブラスト仕上げだから、そうなるのでしょうか?

常識を覆す企業PINGの快挙ですね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

常識を覆す事柄と言っても、店長は、この結果は妙に納得できています。スーパーで買い物が終わり、プラスチックの子袋に商品を良く入れるじゃないですか、コロナ過の前は、振れた布巾だったりが良く置いておりましたが、感染防止のため、それが撤去されているスーパーは少なくありません。まぁ、年を取ると、指の油が少なくなり、うまく袋を開けることが出来ません。指を濡らすとスリップが収まり、袋を開けることが出来ます。
多分ではございますが、エメリーブラスト仕上げを搭載したGLIDE 4.0ウェッジでこれが起きているのではないかと想像しているんですよ。

まぁ、エンジニアのなれの果ての店長としては、つくづく、PINGは、恐ろしいものを作ってくるんだな、感心しております。

G430シリーズはシャフトが大きく変わっています

今シリーズでは名前こそ同じですが、中身が大きく変わっています。

どうしてもTOURシャフトがCHROMEとBLACKの二つに分かれたのでそちらに目が行きがちですが、今回はALTA JB BLACKの話をします。

シャフト重量は3グラム増えましたが、スイングバランスが1ポイント違いますが、ヘッド重量が軽くなっているのでシャフト単体でのバランスはほぼ同じだと思われます。(それぞれのシャフトで同じヘッドをつけて計測した時は同じでした。)

新しいALTA JCB BLACKはエンドにカウンターバランスを埋め込む構造、このカウンターと重量が増えた分先端側で調整されています。旧SLATEに比べ先端側にカウンターバランス分重くしないとバランスが取れないのです。

ALTA JCB SLATE (S)で打ってみたところ、旧SLATEに比べてしっかり感があります。インパクトの衝撃に負けないこととヘッドが暴れないなど。

特にSシャフッとのカバー範囲は大きくなっています。

PING商品の購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

還暦を過ぎ体力の衰えを、切実に感じる店長ですが、今度のALTA JCB BLACK(S)は先端のしっかり感はハードなシャフト並み、しかし、カウンターバランスで、振り抜き感、抜群です。

TOUR2.0CHROMEだけでなく、ALTA JCB BLACkも打って、決定してみてください。