Cushin insert

Cushin insert(クッシンインサート)は1995年に研究が開始されました。

スイートスポットを外した時の衝撃はシャフトを伝わり、グリップを通して肘に到達し、いわゆるテニスエルボーを発症させてる原因になります。

要望は、多くのレクレーションゴルファーとシニアのPGAプロからでした。

振動が体の一部にどのように影響するかに関する科学、医学、軍事界の文献を調査、テスト、レビューすることで、不要な周波数を特定し有害な高周波振動を特定して排除し、低周波数で望ましい振動を保持するための「選択的振動フィルタリングシステム」を設計しました。

Cushinインサートは、振動を吸収するように調整された弾力性のあるゴムのような材料に包まれたボールベアリングによって機能し、正のフィードバックを提供する周波数を維持しながら、望ましくない振動を減衰させることにより、感触を改善し、疲労、不快感、怪我のリスクを軽減して、正しい振動のみを感じます。

クッシンは、振動中にボールベアリングの動的な動きがエラストマー材料を円運動で変形および弛緩させることによって機能します。

エラストマーケーシング内のスチールベアリングの重量、サイズ、配置、およびエラストマー材料の剛性、密度、厚さを綿密に設計および選択することにより、有害な振動周波数の振幅を大幅に低減しながら、ゴルファーは、ショットの感触に寄与する振動周波数を体験します。生体適合性の概念に基づいたシステムです。

データは、専用の振動解析装置を使用してPINGラボで収集されました。これは、Cushinが140Hzと280Hz付近の2つの最大ピーク振動のサイズを縮小しているシャフトを示しています。ショットの感触を維持しながら。

スチールシャフト(特に軽量モデル)を使い続けたいときは、関節や結合組織を良好に保つために、Cushinインサートを追加することを検討してください。スチールシャフトでのみ利用可能で、インサートは10グラム重くなりますが、インサートをスイングウェイトに影響を受けない位置に配置します。Cushinインサートは、ツアープロを含むあらゆるレベルのプレーヤーがより自信を持ってボールを打つことができるようにし、全体的なパフォーマンスを向上させることができます。適切なアカウントの1つにアクセスするか、当店ではCushinインサートを承着したAWT2.0LITEシャフトを用意していますので、是非、違いを体験してください。