PING アイアンの歴史

カーステンは、パター作りと平行してアイアンも試作を重ねていた。

未加工のヘッドを購入してバックフェースに溝を掘ったアイアンが

PING69(1961)です。

カーステンが一番最初に製品にしたアイアンはエーッと思うかもしれませんが、軟鉄鍛造アイアンなんです。フラットバックのヘッドを購入し、機械加工してバックフェースに二つのキャビティを作りました。

EYE2がヒットした後、軟鉄鍛造アイアンのバックフェースにキャビティを作ったアイアンが多くのメーカーから発表されましたが、カーステンは1961年に作っていたんですね。カーステンとしては既に実験済みの技術だったんです。

PING68は改良版として1962年に作られました。

キャビティが大きくなり、1つにまとまったのがわかります。

1967年にはPING ANSERが完成しています

さらに進化しました。キャビティ部分にシリアル番号が入っています。

上のアイアンをベースとして1969年にKarsten Iが誕生しました。

ピンが初めて出したロストワックス製法によるステンレス素材のモデルです。

当時の常識からすれば、穴が開いたようなおおきなキャビティやグースネック、メッキではなくバレル処理の仕上げなどは当時全盛だったプロモデルを比較すればするほど奇異に感じるのもでしたが、カーステンのトウ・ヒール・バランス理論はいささかも揺るがず、打ちやすさと方向性の良さは絶大でした。
10年以上マイナーチェンジしながら販売されてのはキャビティの効果が絶大だったからにほかなりません。今のアイアンのほとんどがキャビティということを考えると、まだ、キャビティが普及していない時代は当然ですね。

恐るべし、カーステン・ソルハイム!

その後もスイートスポットを広げるために、Karsten II 1977-84

Karsten III 1977-84

THE BANK OF PUTTERS さんより[

THE BANK OF PUTTERS さんより引用

ーー PING KARSTEN III アイアンです。前作KARSTEN IIよりソールのキャンバーが強調されていて、トップブレードのキャビティ側はフラットでなく「PING RAIL」という膨らみがついています。一連のKARSTENシリーズからEYE, EYE2へと受け継がれる流れのちょうど中流あたりに見えます。(引用:THE BANK OF PUTTERS さん)ーー

Karsten IV 1977-80

Karsten I (Made in USA & nbr on sole) 1977-84

Eye (Pat. No.) 1980-85まで続きます。

さて、いよいよEYE2の登場です。運命の1982年です。一見上のEYEと見た目が変らないんですが、フェースの大きさが変っています。このころからどんどんオーバーサイズ化していきます。

この頃のゴルファーは、なんて言っていたかというと、
「こんな、大きな顔のクラブは打てない」
でしたが、

いまは、iBladeをみて
「こんな、小さな顔は打てない」ですので、完全に笑い話です。

Eye2 (Pat. Pending) 1982-84

my karsten’s way さんより

Eye2 U字 1985-1980

Eye2 BeCu 1985

Eye2+ 1990-99

Zing 1992-94

ISI-K 1996-99

i3 O-Size 1999-01

i3 Blade 1999-01

S59 (no ferrule) 2002

I3+ BLADE 2002-03

i3+ 2002-03

S59 Tour (w/ferrule) 2003

G2 HL 2003-06

G5 2006-07

i5 2007

S58

G10

i10

S57

ラプチャー

K15

i15

フェイス

G20

i20

G25

セリーヌ

アンサー

アンサー2

カーステン

i25

G30

S55

ラプソディ

iアイアン
G
Gmax
Gle
i200

G700