ゴルフプレーに関する新型コロナウィルスに対する措置のガイダンス(参考)

閉鎖されているゴルフ場・ゴルフに対して、R&Aがイギリスのゴルフ場の再開に当たり、ゴルフ場とゴルファーに対して示した安全策とNGFが示している安全策などをJGAが和訳して掲載しています。

ゴルフプレーに関する新型コロナウィルスに対する措置のガイダンス(参考)

となります。

ページにはR&Aの和訳だけではなく、NGF(米国ゴルフ財団)の資料も載っています。

二つを見比べると、現在、すべてが閉鎖されている英国と基本的に稼働しているアメリがの違いがみられます。

アメリカは、基本的にソーシャルディタンスの概念に一致するとしていますが、英国は重々しい書きぶりです

そういう意味から、R&Aの方はより徹底したものになっています。

例を挙げると

  • しばらくは競技ゴルフをしない、したとしてもスコアカードの交換(アテスト)しないとか使わない方法をとるとか、電子的なものとすることが出来るスコアをメールで送る方法をとる。
  • バンカーではプリファードライを採用し、プレーヤーが元の箇所からホールに近づかずに 1 クラブレングス以内のバンカー内に球をプレースすることができることを規定することができる。
  • 球の一部でもパッティンググリーン面より下にあればホールに入ったものとみなす。
  • ホールから球を拾い上げる必要性を最小限にするために、委員会はホールから 12インチ以内(一般的なパターグリップの長さより少し長い)の球は次のストロークでホールに入ったものとすることを規定することができる。

ティタイムの間隔はアメリカは10~12分、英国は10分、クラブハウスは基本的に両方クローズです。

アメリカで面白いのは早朝・薄暮プレーの廃止があります。

JGAがこれを掲載しているということは、我々ゴルファーもこれに留意して行うようにということですので、ぜひ理解してプレーしてください。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

キャンペーンはここ

お問合せはお気軽にどうぞ。

なお、ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。


コメントを残す