地道なアプローチ練習がパーフェクトスイングを

オリムピッククラブでのUSオープンの練習日のポールターのアプローチショットです。うまくラグを使って打っています。これだけラグを使うともっと強くボールが出て行くと思うのですが、フワッとボールが出て行きます。

いつもこれを

見ていた店長はいっぺんにポールターのアプローチに引き込まれました。

なぜこれが必要なのかというと

こういう場面もあるんですが。やっぱり

2重振り子なんです。

 

「このポールターのアプローチが出来ればスイングが良くなるよ」といってもなかなか出来るものではありませんが、一ヶ月間ずっと練習したんでしょう。

今では、手ごたえを関しているようです。


コメントを残す