G700の使い方

G700はどちらかとシニア層が使うアイアンで、もっと飛ばしたいというゴルファーがターゲットというイメージがあります。

PING JAPANもプロモーションビデオをこのように作っています。

こんな感じです。

ですので標準シャフトは

STANDARD SHAFT
  • PING FUBUKI NEW

    PING FUBUKI
  • ALTA J CB

    ALTA J CB
  • N.S.PRO ZELOS 6 NEW

    N.S.PRO ZELOS 6

    ※N.S.PRO ZELOS 6シャフトは、ドライバーヘッドスピードが43m/Sを超える方は、ご使用をお控えください。

  • N.S.PRO 950GH
N.S.PRO 950GH
となっています。
しかし、PING契約の塚田プロがロングアイアンにG700を採用したように
ハードヒッターがロングアイアンに採用するというケースが多くなりそうです。
 ツアーで活躍するプロのセッティングはミドルアイアン以下をブレード、ロングアイアンをi200でセッティングすることが多くなっています。
われわれの場合は、ミドルアイアン以下をi200、ロングアイアンをG700というセッティングは流行りそうです・
そうなるとクロスオーバーとの兼ね合いは?

 


コメントを残す