FITTING NEWS 2017.9①から、Vol.1

PINGのフィッティングニュースが届きました。

多くのメーカーは発売時に全てのクラブの組み立てが終わっていて、事前の予想によってクラブが配給されますが、PINGの場合は発売時に組み立ては終わってはいません。(ナショナルチェーンの店頭に並ぶクラブは多くのメーカーと同じですが。)

発売された後、フィールドからのフィッティングデータを集めて、フィードバックをフィッターに対して行います。

全てを詳しく書くことはできませんが、私自身の感想も含めて、大まかに紹介します。

ヘッドモデルの傾向としては

スタンダードタイプのヘッドチョイスは50%を越え、LStecがやや多いですが、SFtecと残りを分けています。
私のデータはスタンダードがかなり多く、次にLSTec、SFTecはかなり少なくなっており、フィッティングチームからのデータと若干異なっています。フィッティングチームと比べてデータ量が少ないので、多くなればフィッティングチームのデータに近づくことは予想されますが、明らかにSFTecのチョイスが少なくなっています。

フィッティングチームのレポートでは

ヘッドタイプ 傾向
スタンダード スイングが固まっていない初心者から競技指向の上級者までショットの精度を高めたいゴルファー全般に。
SFTec 再現性が高く安定してボールをつかまえてくれる。シンプルなスイング構築につながる。
LSTec G30やG30でスタンダードで最適モデルをチョイスしている人もLSTecで最適弾道を得る。

となっています。フィッティングポイントも「スライサーだからSFTec」、「前作はスタンダードだったので今回も」とは限らないとレポートされています。
私の場合も、スライサーだからSFTecをチョイスするというパターンがありません。ほぼスタンダードのヘッドのほうが結果がいいんです。ではSFtecはどういうタイプなのかということですが、オートマチックにスイングして球筋を安定させたい、スイング中のつかまえる動作を排除し全てのクラブを同じようにスイングしたいという人にマッチしています。言い換えれば、競技指向でオールラウンドなプレーをする方ということに合っているのではないかと思います。

続きます。

ブレない! 抵抗しない! 反発する! 3つのチカラでブレずに飛ばせ!ピン G400 ドライバー メーカー標準シャフト PING ALTA J CB 日本正規品 レフティ-有り
54,432円  税込送料無料


ピン G400 ドライバー メーカー標準シャフト PING ALTA J CB 日本正規品 レフティ−有り
54,432
5,440ポイント
送料無料

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です