メジャー制覇か?

一時はトップにたち、制覇かと思いましたが、お預けとなりました。

でも、はっきり言いますと、今シーズンの彩子プロいい意味で予想を大きく裏切ってくれています。

何故かというと、決して飛ぶ選手ではなかったからです。ツアーでは飛ぶことが優勝の絶対条件になりつつあります。飛ばないと上位は難しくなっているからなんですね

今シーズンの好調は、

スイング改造とクラブチェンジが今シーズンのドライビングディス端子を一気に好調の原因だと重いす。

彩子プロのセッティングは

ウッドはドライバー、3W、5w、7w、9w。ハイブリッドは23度、27度、30ヤードとしてボールをあげてグリーンに止めるというセッティングは上原プロのドライバーの飛距離が250ヤードという事を考えると、シニアには参考になるセッティングではないかと思います。

 

ANA INSPIRATION 1日目

これを書いている時点で2日目が始まっています。のでトップは入れ替わっていますが

1日目のトップはPINGPROのパニーラ・リンドベリ

VhvCHlhb_400x400

2位は、なんとPINGPROの上原彩子プロ

glf-usl-spo-ana-inspiration-round-one-192401

です。

普通は女子でもプロとなれば。男性用を使うのが一般的ですが、なんとリンドベリプロは

G Le Driver
11.5°
@11°, +1° setting, Tour AD TP-5R1, 45.25″, C9, 703 Aqua grip
GLe_Driver_SoleView_R
を使用しています。
GLEドライバーの特徴はvotecフックフェース。
ボールを捕まえやすい位置にウエイトが装着されていることです。
ロフト設定は+1度ですので更に捉まえやすくしています。

お求めはこちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。

G400シリーズドライバーをどうチョイス?1

どのドライバーをチョイスすればいいの?

よく質問を受けます。

ピンのサイトに書いてあるような事は皆様すでに研究されておられるので、通り一辺倒な事求められていないと思いますので、そういう視点で書いてみようと思います。

プレーヤー自身が持っている飛距離でヘッドタイプやロフトが選べない事は、もはや当たり前のことです。

PINGは契約プロの使用クラブを公表していますが、米男子ツアーで最も飛ぶグループの中に入るバッバ・ワトソンと米女子ツアーで最も飛ばないグループの上原彩子プロの使用するドライバーヘッドは、なんと同じヘッドです。

何故、全く違うタイプの二人が同じヘッドを選択しているのでしょうか?

プロご本人に直接聞いたわけではないので、あくまでも、推測ですのでそのあたりを踏まえてお読みください。

バッバの場合、飛ばしではなく、曲げたいからでしょう。

ボールがなぜフックしたり、スライスしたりするかというと(バック)スピンアクシス(ボールの回転軸)の傾きが左に傾けばフック、右に傾けばスライスとなります。サイドスピン要素に対してバックスピン要素が少なければスピンアクシスは傾きやすくなり、多いと傾きにくくなります。よってバックスピンが多いタイプのドライバーでは、曲げたいと思っても真っ直ぐ行くことが多くなります。G400LSTはバックスピン要素が少ないので、スピンアクシスが傾けやすく=ボール(球筋)をコントロールしやすいヘッドということになります。

一方、彩子プロは単にバックスピンを減らしてボールを飛ばしたいからだと思います。正確性が武器の彩子プロは曲げませんサイドスピン要素が少ないスイングを身についけていますので極端にバックスピンが減ったとしてもスピンアクシスが傾きません。そうであれば女子プロの場合男子に比べクラブのアタックアングルがアッパーとなりますので、8.5度のドライバーでも十分ボールを上げることが出で、キャリーとランの両方を狙えるということです。

ということで、バッバのようにパワーがないとしても、彩子プロのように技術があればロー―スピンで飛ばせます。

飛距離がないから10度という選択でははないかもしれませんよ。

彩子プロはPLATINUM Speeder 4S をチップ1インチで使ってボールを上げる工夫もおこなっています。走るシャフトの組み合わせで、8.5を組み合わせてテクニックで飛ばすのもゴルフですね。

お求めはこちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。

マスターズの前に

マスターズの前に、女子メジャー第1戦のANAインスピレーションがある事をコロッと忘れいました。(昔はナビスコでした。)

会場はミッションヒルズCCで優勝者は18番のポピー池に飛び込むのが伝統です。

ANA INSPIRATION 2018 より

現在の出場予定選手は

  • So Yeon Ryu
  • Lydia Ko
  • Brittany Lincicome
  • Lexi Thompson
  • Sun Young Yoo
  • Stacy Lewis
  • Yani Tseng
  • Morgan Pressel
  • Sung Hyun Park
  • Brittany Lang
  • In Gee Chun(PING)
  • Michelle Wie
  • Danielle Kang
  • Brooke M. Henderson(PING)
  • In-Kyung Kim
  • Mo Martin
  • Suzann Pettersen
  • Anna Nordqvist
  • Hyo Joo Kim
  • Sei Young Kim
  • Minjee Lee
  • Na Yeon Choi
  • Chella Choi
  • Kris Tamulis
  • Jessica Korda
  • Cristie Kerr
  • Ha Na Jang
  • Jenny Shin
  • Caroline Masson
  • Haru Nomura
  • Carlota Ciganda
  • Shanshan Feng
  • Charley Hull
  • Amy Yang
  • Mirim Lee
  • Katherine Kirk
  • Mi Hyang Lee
  • Jin Young Ko
  • Eun-Hee Ji
  • Karine Icher
  • Austin Ernst
  • Mi Jung Hur
  • Hyejin Choi
  • Jeongeun Lee
  • Jodi Ewart Shadoff
  • Brittany Altomare
  • Marina Alex
  • Jacqui Concolino
  • Ashleigh Buhai
  • Megan Khang
  • Angel Yin
  • Pornanong Phatlum
  • Nelly Korda
  • Jennifer Song
  • Madelene Sagstrom
  • Sarah Jane Smith
  • Su Oh
  • Angela Stanford
  • Jeong Eun Lee
  • Candie Kung
  • Jane Park(PING)
  • Nicole Broch Larsen
  • Kim Kaufman
  • Sandra Gal
  • Ayako Uehara(PING)
  • Alena Sharp
  • Pernilla Lindberg
  • Azahara Munoz(PING)
  • Gaby Lopez
  • Jing Yan
  • Peiyun Chien
  • Ally McDonald
  • Cydney Clanton
  • Wei-Ling Hsu
  • Laura Gonzalez Escallon
  • Olafia Kristinsdottir
  • Ryann O’Toole
  • Tiffany Joh
  • Beatriz Recari
  • Jaye Marie Green
  • Ai Suzuki(PING)
  • Bronte Law
  • Laetitia Beck
  • Mariah Stackhouse
  • Hannah Green
  • Yu Liu
  • Erynne Lee
  • Paula Reto
  • Lindsey Weaver
  • Maria Torres
  • Nanna Koerstz Madsen
  • Lindy Duncan
  • Sandra Changkija
  • Hee Young Park
  • Amy Olson
  • Luna Sobron Galmes
  • Wichanee Meechai
  • Cheyenne Woods
  • Giulia Molinaro
  • Vicky Hurst
  • Amelia Lewis
  • Emma Talley
  • Caroline Inglis
  • Emily K. Pedersen
  • Mel Reid
  • Catriona Matthew
  • Florentyna Parker
  • Sydnee Michaels