The “Trainer” putter

ずっと前に見たことがあったんですが、簡単にヒール トウ バランスが受け入れられたわけではなかったんですね。

60年代にPING創設者のKarsten Solheimによって発明された “Trainer”パターで、周りの重み付けを実演しています。

と書いてあります。

後ろのワイヤーは想像ですが、フォローでヘッドをすぐに上げないようにガイドなんでしょうか?(想像です)

PING製品の購入は↓こちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。

Glide 2.0 Stealth Wedges

本日、G400MAXとG700、VAULT 2.0と同時にウェッジも発表されています。

先月、営業さんに試打させてもらったときに気づかなかったんですが、カラーリングのせいでしょうか?ネックの付け根がGLIDE2.0に比べて細くなっている?ティアドロップの形になっている?トップラインが薄い(見えるだけ?)せいかフトコロが深く見えボールをコントロールするイメージがでる。

セルと同じいろなのでセルが邪魔になりません。

従来のウェッジは一番下のラインはホワイトで目立ちましたが、Glide 2.0 Stealth Wedgeは目立ちません。フェースを開いてもラインが邪魔にならない。

Glide 2.0 Stealth Wedgeはなんといっても

この従来の溝より下の部分に溝が追加されたこと!

ボールのライにかかわらず安定したスピンが確保できます。

やたらスピンがかかるので、腕を上げたのかなと思っていましたが自分のウェッジを使ったときには元に戻っていたのはこれが原因ですね。

なんとなくGlide 2.0 に比べてソフトなフィーリングだったのですが、理由がわかりました。

なんと素材は軟鉄8620 カーボンスチール)でした。

日本での発売は下のようにスタンダードソールのみ。USは

SS GRIND (46°/12°, 50°/12°, 52°/12°, 54°/12°, 56°/12°, 58°/10°, 60/10°)
WS GRIND (54°/14°, 56°/14°, 58°/14°, 60/14°)
TS GRIND (58°/6°, 60°/6°)
ES GRIND (54°/8°, 56°/8°, 58°/8°, 60°/8°)

があるようです。日本でも発売してほしい(怒)WS60/14(自分が欲しいだけです。)58SS

GLIDE2.0 STEALTH WEDGE 基本スペック (左用もあり)
ソールタイプ スタンダードソール
番手 50SS 52SS 54SS 56SS 58SS
ロフト角(度) 50 52 54 56 58
ライ角(度) 64.1 64.1 64.4 64.4 64.6
バウンス角(度) 12 12 12 12 10
標準クラブ長(inch) 35.5 35.5 35.25 35.25 35
*総重量(g)・バランス 約466・D3(56SS・AWT 2.0 WEDGE) / 約451・D3(56SS・N.S.PRO MODUS3 TOUR 105・S)

本体価格 : 20,000円 (税抜) ・・・ スチール  
本体価格 : 23,000円 (税抜) ・・・ カーボン

  • カスタムフィッティングにより、個々に調整致します。
  • 上記ライ角は、スタンダード(ブラック)のものです。ライ角はシルバーからゴールドの範囲で調整可能です。
  • 標準グリップの太さはAQUAとなります。
  • 一部商品は特注品となります。ご注文後、多少のお時間がかかることを予めご了承ください。
  • 表記の総重量・バランスは、あくまでも目安としての参考値になります。

●Assembled in Japan[カスタム・一部修理等:Assembled in USA]

PING製品の購入は↓こちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。

Pingは「ゴルフで最も寛容なドライバー」である新しいG400 Maxドライバーを発表しました。

GOLF WRXさんの記事を参考にPING USとPING JAPANが発表した内容を含めて掘り下げます。

GOLFWRXさんの表題は過激です。果たしてそうなんでしょうか?

“Pingは「ゴルフで最も寛容なドライバー」である新しいG400 Maxドライバーを発表しました。” の続きを読む

G700アイアンは最も遠くに最も高く飛ぶアイアンです。

GOLF WRXさんの記事です。

G400MAXは情報通の型も掴んでいたようでしたがG700はノーマークだったようです。
G700の位置づけはGMaxアイアンの後継ですが、デザインは全く変わりました。

GOLF WRXさんの記事とPING GOLF JAPANのページを参考にG700を掘り下げます。 “G700アイアンは最も遠くに最も高く飛ぶアイアンです。” の続きを読む

Ping Vault 2.0 putters by GOLF WRX

メディア 発表を待って投稿するために事前に原稿を書いています。

本日、日本でも発表ですので公開します。

昨年、秋にVAULTが初売終了となりましたが、VAULT 2.0となって再登場です。

例によって、GOLF WRXさんの記事を参照しています。

2018年ソニーオープンの月曜日に発表しています。

日本ではセールスが好調だったんですが、日本以外ではいまいちということで、従来のVAULTを踏襲しつつウェイトを調整できるようにして再登場です。

ヘッドの左右にウェイトを配置したことで、左右の慣性モーメントが大きくなり安定した転がりを得ることができそうですね。

Ping Vault 2.0 Dale Anser

Ping Vault 2.0 Voss

Ping Vault 2.0 ZB

ing Vault 2.0 B60

Ping Vault 2.0 Piper

Ping Vault 2.0 Ketsch

サンマウンテンプッシュカート

サンマウンテン スピード GT

大口径ホイール、シンプル直線がら構成されるフレーム構造、ゴルフバックのマウントの角度など工学的に力を無駄にしない構造です。

 

税込 29,835 円

MICRO CART GT

 

コンパクトに折りたためる四輪カート

税込 29,835 円

 

REFLEX

車のトランク収納の際も簡単にでき収納できます

税込 37,179 円

 

凄いものをサルベージしました。「ping-collectibles-manual」

カーステンは苦手だったパターを克服するために1-Aを作ったと聞いていますが、そもそも、そんなに簡単に作れるわけはないと思っていましたが、やはりそうだったようです。

ネットの検索を繰り返していたら凄いものを発見してしまいました。

“凄いものをサルベージしました。「ping-collectibles-manual」” の続きを読む

なぜ彼女たちは結婚しないのか?

ゴルフの話らしいです。(笑い)

月刊ゴルフ用品界のサイトGEWに掲載されたコンテンツの題名です。

その中でアンケートを行っていて

女性がゴルフに生きなくなる時のランキングは

1位が「天気が良い時」

2位が「練習で調子がよい時」

3位が「ウェアを買った時」

4位が「ラウンドで調子がよい時」

である。

ゴルフは自然が相手のスポーツ、どんな天気でもスコアを作らないといけないと言ったり、ゴルフはミスショットをつないでスコアを出すゲームと言っている私にエンジョイ派の女性ゴルファーは私はエンジョイ派ゴルファーですと宣言して接してください。

きっとぎこちなく応対できると思います。よろしくお願いします。

PING製品の購入は↓こちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。