Bryson Dechambeau WIN! John Deere

同じ長さのアイアンを使っていることでも有名なデシャンボーが初優勝を上げました。

プロ転向してからも、いろいろな話題を振りまきましたが、優勝できてよかったですね。

さて、この大会のJohn Deereですが、たまにゴルフ場でこの会社の製品を見ることがあります。休日はあまり見かけませんが、平日にゴルフに行くとコースメンテナンス(良く見かけるのは赤いTOROです)で使われている車両を注意してください。グリーンに黄色で鹿のマークがついているのがそうです。

この大会は、全英オープンの前に行われるのですが、確か、大会が終了したらすぐに、チャーター機で選手を全英オープンの試合会場まで送ってくれるんですね。

副賞はトラクターなどなので、その副賞ほしさに出場したのがPINGスタッフのウーストハイゼンです。

工場見学をするウーストハイゼン
ジョンディアが似合うウーストハイゼン

使用するアイアンは

極限で力を発揮する選ばれし者たちのためにPINGの技術を結集した刀=iBLADE。公認フィッター対応 ピン i BLADE 6本セット DinamicGold
108,864円  税込

Ben Crane

FedEx St. Jude Classic の結果を見ていたら、上位にBen Craneの名前があったので、そうあの動画を思い出しました。

知っている人は知っている「GOLF BOYS」です。バッバやリッキーやハンターの名前を見ても、思い出さないのに、ベンの名前を見ると思い出します。2もあるんですよ。

両方あわせて再生回数は1300万足らず、凄いものです。

予選通過やシード権獲得ギリギリのことを「On the Bubble」といいますが、ベンはその状況をもラップにしています。

もう一人、「On the Bubble」いや水の中かな?のピンスタッフでもあるハンターも早く調子を上げても欲しいですね。

慣性モーメント

ヒールトウバランスにすることの利点は?

慣性モーメントが増え安定するのですが、慣性モーメントとは一体どういうものでしょう?

ある軸の周りに回転運動する物体が同じ回転運動を保ち続けようとする回転の慣性の大きさを表す量。 慣性モーメントが大きいほど,回転運動の変化を起こさせにくい。 回転軸に対する物体の質量分布によって決まる。

下の動画はUSGAの動画ですが

2分25秒からのドライバーでボールを打つ映像が有ります。この動画ではミスヒットして、クラブヘッドはインパクトの衝撃で大きく回転しています。

こちらは、トルクと慣性モーメント。2分10秒からMOZO選手のショット画面で見る限り僅か1cm満たないくらい芯を外したショットですが、クラブは大きく不安定な動きを示します。

このとき慣性モーメントの大きいクラブヘッドであれば、インパクトのミスヒットによるクラブの回転が抑えられ、フェースの向きのズレが少なく、ボールを前に飛ばそうとするエネルギーもロスが少なくなるのです。

PINGの創世記はヒール・トウ・バランスを進めて

慣性モーメントを大きくしていったんですね。

この後、どのようにPINGのクラブは進化していくのでしょうか?

更なる慣性モーメントを求めてに続きます

 

お知らせ