これって、凄くないですか?(PING DRIVER)

による英語からの自動翻訳

その他のドライバーカウントニュース: 限られたフィールドのイベントは、チャールズ·シュワブカップ選手権でドライバーのカウントを獲得したものの、。おそらく、より興味深いのは、6つの13選手の Ping ドライバを使用して実際にクラブを購入されます。

つまり

「チャールズシュワブカップ選手権でピンはドライバー使用1位を獲得した、おそらくそれよりも興味深いのは、PINGのドライバーを使っている出場13選手のうち6人がクラブを購入している。」

ってすごいな。

補足1:
チャールズ·シュワブカップ選手権はチャンピオンズツアー(シニア)の最終戦で年間の上位35人?が出場できます。

補足2:
プロだったら全ての選手がメーカーから支給もしくは提供されるわけでなくそういう人は自分の使いたいクラブを購入して使用しています。

補足3:
クラブ契約のあるプロであっても、ほとんどの場合、全てのクラブを契約先のメーカーを使わなければならないという契約ではなく、14本中10以上使用するとか条件が入っています。

もう今日ですね。なになにそんなに凄いのかいと思う人は花里ゴルフさんでの試打会でお試しください。

以下、試打会情報です。

おもっきり打ってもなかなか奥のネットまで届かない練習場での試打会です。

日時は11月11日(日)11:00~16:00となります。

当日は新製品のSgma2(全モデル)の試打も可能です。富山県の南砺からも近いので是非ご参加ください。

試打会の問い合わせ←こちら 電話は←こちら

オックスのスタジオにもSigma2 ANSERをご用意しております。

PING製品のお求めは、

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします

今週のツアー

先ずはPGA、今週はベン・ホーガンにゆかりのあるトーナメントです。会場はコロニアル。ベン・ホーガンの庭と呼ばれているコースです。

ヘリテイジで優勝した小平選手アルバトロスを達成していい位置についています。ヘリテイジでは優勝するところを美保夫人が見ていないので、今週は会場に来ているそうで見せたいでしょうね。

ショットメーカーが有利なコースなので期待できます。

トップはジャスティン・ローズです。

“今週のツアー” の続きを読む

ヘッドの特性を踏まえて!

ゴルフダイジェストさんが大変参考になる記事を書いてくれました。

その記事は、「LSテック、SFテック、マックス… ピンG400シリーズって正直どこがどう違う?」という記事で、G400の4つのタイプのヘッドを同一シャフト(ALTA J CB D:フレックス不明)を使ってマシンによるテストを行っています。

こういう基本的なテスト結果の公表は非常に参考になるので大変有り難いと思います。

“ヘッドの特性を踏まえて!” の続きを読む

G400シリーズドライバーをどうチョイス?1

どのドライバーをチョイスすればいいの?

よく質問を受けます。

ピンのサイトに書いてあるような事は皆様すでに研究されておられるので、通り一辺倒な事求められていないと思いますので、そういう視点で書いてみようと思います。

プレーヤー自身が持っている飛距離でヘッドタイプやロフトが選べない事は、もはや当たり前のことです。

PINGは契約プロの使用クラブを公表していますが、米男子ツアーで最も飛ぶグループの中に入るバッバ・ワトソンと米女子ツアーで最も飛ばないグループの上原彩子プロの使用するドライバーヘッドは、なんと同じヘッドです。

何故、全く違うタイプの二人が同じヘッドを選択しているのでしょうか?

プロご本人に直接聞いたわけではないので、あくまでも、推測ですのでそのあたりを踏まえてお読みください。

バッバの場合、飛ばしではなく、曲げたいからでしょう。

ボールがなぜフックしたり、スライスしたりするかというと(バック)スピンアクシス(ボールの回転軸)の傾きが左に傾けばフック、右に傾けばスライスとなります。サイドスピン要素に対してバックスピン要素が少なければスピンアクシスは傾きやすくなり、多いと傾きにくくなります。よってバックスピンが多いタイプのドライバーでは、曲げたいと思っても真っ直ぐ行くことが多くなります。G400LSTはバックスピン要素が少ないので、スピンアクシスが傾けやすく=ボール(球筋)をコントロールしやすいヘッドということになります。

一方、彩子プロは単にバックスピンを減らしてボールを飛ばしたいからだと思います。正確性が武器の彩子プロは曲げませんサイドスピン要素が少ないスイングを身についけていますので極端にバックスピンが減ったとしてもスピンアクシスが傾きません。そうであれば女子プロの場合男子に比べクラブのアタックアングルがアッパーとなりますので、8.5度のドライバーでも十分ボールを上げることが出で、キャリーとランの両方を狙えるということです。

ということで、バッバのようにパワーがないとしても、彩子プロのように技術があればロー―スピンで飛ばせます。

飛距離がないから10度という選択でははないかもしれませんよ。

彩子プロはPLATINUM Speeder 4S をチップ1インチで使ってボールを上げる工夫もおこなっています。走るシャフトの組み合わせで、8.5を組み合わせてテクニックで飛ばすのもゴルフですね。

お求めはこちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。

GOLFWRX

GOLFWRXさんの写真はタングステンウェイトの位置がよくわかります。

重心の位置によって、クラブの性能が決まります。前作まで重量調整用のウェイトの位置を変更していましたが、G400では、重量調整用のウェイト位置を変えずに、タングステンウェイトの位置を変更しています。

そして、タングステンウェイトをソールに位置させることにより、より低重心化を図っています。