すくい打ちは何故ダメなのか?

「ゴルフ」、「すくい打ち」、「悪い」で検索すると、いやまぁなんと、数々のすくい打ちが悪いというサイトがヒットします。その数は80万サイトを越えます。

何故、悪いのかということは、いっぱい書いてあり、その直し方はそれたのサイトに書いてあるので、ぜひ参考にしていただければいいと思います。

ゴルフにすくい打ちは絶対にダメなんだからね。と言いながらほとんどの方がクラブを返してボールを打つんだよと信じています。

こんな風に、上の図はインパクトでフェースがスクエアになっている状態から返していて、あたかも真っ直ぐ飛んだようなイメージですが、この動きがインパクト前から起きていて、フェースが閉じて、ロフトがなくなった状態でインパクトをした、左に引くボールを打つことになるか、それを嫌がりタイミングが遅れ、右にスライスとなります、この動きで、フェースがスクエアになるようにインパクトできるためにはダンプ一杯分のボールが必要となると昔は言われたんです。

上の動画は以前に制作したプロのデリバリーソーンを集めた動画です。

各プロの、インパクト時のクラブの動きとからだの動きを観察してください。」世界の一流プロですから、クラブの動きはボールを救うような動きは絶対にないはずですが、皆さんの目にはどのように映ったのでしょうか?

あれ?何かボールをすくい打ちのように見えてきた人は、鋭い!

インパクト以降、クラブを返すことなしに、自然にクラブが動くならば、ボールを救うように、また、ボールを捕まえるように動きます。とういうような動きをすると飛ばないんじゃないかというように思われる人も多いと思いますが、この中には飛ばし屋トニーフィナウも入っています。

すくい打ちしたくないボールを上からたたきたい人は右腕を伸ばしてスイングするため、アウトサイドインの軌道が多く、そういう人には思いきってすくい打ちにしてくださいいうとクラブの動きがよくなります。自然にボールはつかまり、真っ直ぐに飛び出します。

勿論、ダンプいっぱいのボールを打つことなしに。AGLは加速度的にゴルフを習得できるシステムなのです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210、iBladeBLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

堀田プロがボソッと店長が教えるとみんな同じようにスイングするといいますがゴルフスイングが傾いた斜めのスイングプレーンに沿って無駄な力を使わないで打つのであれば、人それぞれ変わる方がおかしいんです。

The Golfing Machine ✖︎ AGL by 木場本

知さんのブログから、〇〇ちゃんにレッスンしている内容です。

AGL総本山特別スタジオです。今、話題のパッシブトルクのレッスンです。先生も映っています。

トレビノの名前がレッスンの中で出てきますが、トレビノで好きな動画はこれ。

凄いでしょ。それと

これを見ると、おーっっていう人いると思います。

そうそう、富山で知さんのレッスン受けたい人募集しています。日程は未定です。

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

最近のブーム

最近、来れれるお客様に必ずやることは、私のパワーを見せ付けることです。

その方法は、トップで一旦止まってもらい、左手をはずして頂き、私が指一本で右手を押さえ、ダウンスイングに入ってもらいます。一生懸命、ダウンスイングをしようとするのですが皆さん動けません。これまでは、100%私の指1本が勝っているんです。もちろん県チャンピオンにもしましたよ。

その県チャンピオン、土曜日、ラインに動画が送られてきました。花尾でのラウンドのショットです。

厳しいのと優しいのどっちがいいかと聞くと、厳しいのがいいというので、指摘事項をひとつ。その夜しっかりと修正していました。これが大事ですね。

AGL GOLF STUDIO @ LBはスイング後すぐに再生できます。自分のスイングをその場でスローやコマ送りで見ることで上達する早さが違います。

スタジオに来るようになって、3回目ですが練習場で見ていたときと比べると上達の速さが違います。

後ろで、スイングを見ながら、パラパラ本をめくっているのは

image_572663636870819

この本です。2章の2に冒頭のようなことにならない秘密を書いてありますが、木場本先生のこの表現は的確であります。

動画のお手本はこちらになります。

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

AGLデヂタルゴルフ基礎講座

「AGL」とは、「アクセラレート・ゴルフ・ラーニングシステム」のことで日本語にすると「加速度的なゴルフ学習法」となります。AGL GOLF STUDIOのレッスンの副読本として採用させていただけることになった「AGL デヂタル ゴルフ 基礎理論講座」ですが、ネットでも販売できることになったので、ご紹介します。

すでに退かれていますが、日本体育大学の木場本弘治教授〔元ゴルフ部監督〕がアメリカの一流コーチの一人であるジョージ・ケレンホッファー氏らと共同開発したものです。近代のトッププレーヤーはもちろん、往年の名選手にまで遡ってスイングデータを分析し数値化し、その結果得られたスイングの共通項(スイングの大事なポイント、基準線で示す)をわかりやすく習得できるシステムです。

ポイントはトッププレーヤーのスイングを数値化しているところで、単に見た目がこうだからというものではなく、しっかりデジタル化している部分なんです。

さらにAGLシステムには、キネシオロジー(身体運動学)等に基づいたスイング理論はもちろんのこと、物理学、幾何学的がインプットされています。身体に無理のない機能的で美しいスイングで、かつ、体から発生する力を余すことなくボールに伝えるスイングを身につけることができます。

その「AGL」スイングを身につけるための基礎を、他のスポーツでの動きを参考にしながら、体の使いた、力加減、考えからなどをまとめたのがこの本になります。

共著は、井川正治氏は医学博士と、文中のスイングモデル持つとめたThe Golfing Machineの公認インストラクターで、ゴルフ雑誌でおなじみの知明氏が行っており、まさに最強の布陣で作りあがられたこの本は非常に参考になります。

店長的には、ベンホーガン的なグリップが、いとも簡単に出来るグリップの仕方はなるほど~と思いましたね。

明日、入荷予定です。(木場本先生が本とともに富山にこられます。)

先生のレッスンを受けてみたい方は、明日、あさってで時間があえば可能かと思いますので、050-3576-5636までお問い合わせください。

楽天市場はここから

YahooShopはここから