マスターズ 3

モリナリがボギーフリーの66で―13として単独トップになりました。

2位は毎日スコアを順調に伸ばしているタイガーと昨日64のビッグスコアを出したPINGProのフィナウの2人。

タイガーの完全復活に世界の期待がかかります。

PINGProのフィナウのセッティングは

Driver:G410PLUS、FW:G410、3I:iBlade、4I~PW:BluePrint、Wedge GLIDE2.0

です。(PingProのページを見るとProtTypeからBluePrintに表記が変更されています。)

初のメジャー制覇に向かって頑張ってほしいですね。

さて、これだけモリナリが強いと何故強いのか考えないといけません。
PGATOURのページでパフォーマンスを見てみるとティグランドは101位、グリーンを狙うショットは137位、グリーン周りは58位、パットは23位、ティからグリーンまでは92位、トータルは47位と何一つ抜き出ているものはありません。

マスターズの上位3人のスコアカードを見てみるとでボギーの数はモリナリが1個だけと極端に少ないんです。グリーン周りのパフォーマンスの詳細を見るとサンドセーブは5位(68.97位)、グリーンのカラーからの寄せは1位(100%)です。

パッティングの成績は飛びぬけたものがないので、どうも上の二つに理由がありそうですね。

考え方を少し変えると、グリーンのカラーはモリナリにとってグリーンの一部、バンカーの約70%もグリーンの一部なんです。

多分でございますが、PGAプロのなかで一番グリーンの実質面積を一番大きくしているのがモリナリということになるんだと思います。

ということは、他のプロに比べて同じコースでも一番やさしいコースでラウンドしているんだと思います。

よく、ジュニアにボギーさえ打たなければプロになれるよと言っていますがモリナリは最高のお手本です。飛距離を求める方が多いですが、飛距離、ショットの正確性はそこそこでもいいんです。グリーン周りとパッティングを磨くと一流になるんですね。

マスターズ 1

おはようございます。

マスターズ2日目が終了しました。

トップは5人、6位タイが4人と大混戦の様相です。

トップに立ったのはモリナリ、デイ、ケプカ、スコット、ウーストヘーゼンでいずれもメジャーチャンピオンです。

モリナリはここのところ絶好調。デイは腰の痛みを耐えてナイスラウンド、スコットはマスターズチャンピオン、ケプカはメジャーにめっぽう強い、ウーストハイゼンはバッバとのプレーオフとあのアルバトロスでしょう。

https://twitter.com/PingTour/status/1116844989357494272

プロトタイプの

ブループリントが切れまくっています。小さなバターナイフがぴったりな印象のこれまでにない小さなヘッドですが、PINGにテクノロジーが詰まっているようですね。欲しくなります。

さて、今後の展開ですが、ウッズでしょう。本物の虎が帰ってきたようです。

優勝するようなことがあれば、大変なことになりそうです。

この段階でもうタイガー イズ バックです。

やったぜ、コナーズ!

昨晩、眠い目をこすりながら書いた甲斐がありました。(自分が頑張ったわけではありません。)

優勝です。

詳細は後ほど。

蛇の巣

春になると冬眠からいろいろな動物が目を覚まします。日本では田んぼに稲が植えられるころになると、よく見かけるようになりますが、アメリカのフロリダでは蛇狩りが行われています。

Valspar Championshipが行われるコースは Innisbrook Resort (Copperhead)はスネークピッッド(蛇の穴(巣))の呼称を持つ難易度の高い上がり3 ホールがあるコースです。コース名のCopperHeadの意味はなんと

アメリカマムシです。

で、3日目スコアを落としたピンプロのオースチン・クックは

https://twitter.com/austincookgolf/status/1109633982075936769

「みんな、明日はマムシ狩るぞ。」ということになるんですね。それにしてもちゃんとスポンサーを紹介している優等生です。

1位はポール・ケーシー

オースチンクックは4打差の6位タイ、ウーストヘーゼンも6位タイに浮上、最終日期待がかかります。

それにしてもこのコースのネーミングですが、日本じゃほぼ成り立ちませんね。

「○○リゾート マムシ コース」になるんですよ。逆にどんな名前でも英語にするとある程度かっこよくなります。

THE PLAYERS Championship 3日目

もうすぐ、4日目が始まりますがTHE PLAYERS Championship 3日目のハイライトは

PingProのPOWERのホールインワンから始まっています。

8番アイアンでのホールインワンですが

PINGProのページでは

illustration of prototype iron

Prototype Irons
4-PW
1° flat, custom lofts, Project X LZ 125g 6.5, D3, Golf Pride Z-Cord Midsize
となっていますので、もしかしたら
で最初のホールインワンかもしれませんね?

今週のツアー ホンダ、オマーンOP、HSBC女子、コロガード

ホンダクラシックはツアールーキーを大ベテランが1打差で追う展開。PING PROたちは苦戦しています。その中の一人でカムバックのハンター・メイハンはカットとなりました。現在フェデックスポイントは125位何かきっかけを作ってくれるといいですね。

さて、ヨーロピアンツアーです。

ブレンダン・ストーンが2位で頑張っています。

二日目のラウンドです。強い風の中の上手いゴルフをします。Brandon Stone

南アフリカの選手ですが、大学はテキサス大。道理でうまいはずです。8:00からのi500#3のショットは凄かったですね。現在2位タイです。谷原は5位タイ、川村は20位、宮里は35位タイです。ちょっと目が離せない展開です。

先のメイハンもそうですが、ロングアイアンをi500アイアンに入れる選手多くなっています。

我々くらいなら、5番、6番をi500、それより大きいクラブはよりやさしい

G410クロスオーバー

(先日G410 クロスオーバーをお買い上げいただきましたお客様ですが、今日コースで試してみたいということ持っていかれました。3番を購入いただいたのですが、4番も追加になると思います。)

下はi210かなと思います。(i200アイアンに比べてショートアイアンがよくなっているので)

 

 

話は戻って、名が離せないと言えば、

今季初勝利に向け、単独首位に浮上したアリヤ・ジュタヌガン

今季初勝利に向け、単独首位に浮上したアリヤ・ジュタヌガン(GDOさんから)
このインパクト。
凄いですねHSBC女子チャンピオンズ 3日目での世界ランキング1位のアリヤ・ジュタヌガン(タイ)です。左足の角度右足の押し込み流石でございます。この試合久しぶりに、アザハラ・ムニョスが上位につけています。ブルック・ヘンダーソンはトップと7打差です。
チャンピオンズツアーはカーク・トリプレットが2位タイ。ケビン・サザーランドが11位タイ、ヒメネスじさんは13位タイ、ジェフ・マガートが続きます

さて、結果はどうなりますやら。

ホンダクラッシックがはじまるよ!

https://twitter.com/PingTour/status/1100847935896543232

このTシャツ欲しいです。ダサダサっていう感じがたまらんです。

https://twitter.com/mattsjwallace/status/1100746863362404352

ウォレスさんは熊さんと記念撮影。ホンダクラッシックです。このくまさんはPGA National Resort and Spaの改修に携わったニクラウスですね。子のコースの難関どころは15、16、17番ホールで”ベアーズ トラップ”と呼ばれます。

GDO ベアトラップ基礎知識より

それで15番の入り口にここからですよといって熊さんがいるのです。

若い人は何故熊さんなのかわからないかもしれないので、一応書いておくと、ニクラウスのニックネームがゴールデンベアーで、ゴルフのツアーを回り始めた頃に当時の新聞社の記者に「ゴールデンベアのようだ。」と言われた事がきっかけで、ゴールデンベアの愛称は一気に広まり、以来、ジャック・ニクラス(ニクラウス)は60年近くに渡りゴールデンベアの愛称で親しまれています。

いまだにニクラウスの記録は誰にも破られておらず、あのタイガーも及びません。タイガーの強かった時をはるかに凌ぐ強さは想像できません。

今週からフロリダスイング、本格的なゴルフシーズンが到来、TPC、テキサス、WGC、マスターズへと続く一番わくわくする期間が始まります。

ジェネシスオープン

今週はジェネシスオープンです。以前は日産オープンだった大会ですが、日産がスポンサーを降りてから変わっています。

また日産がスポンサードできるようになるといいのですが、ごたごたしていますね。

大会の方は初日の大雨でやっと予選2日が終わりました。

トップはジャスティン・トーマス、アダムスコット。3位にはJ.B.ホームズ。

一番、かっこいいバックスピンのホールインワンです。

ディフェンディングチャンピオンのバッバが、2日を終わって5打差の10位、まだまだあきらめる位置ではありません。スタティックスを見るとドライビングディスタンスが317ヤードでトップ10だけを確認したんですが、ダントツです。

使用ドライバーは

G410 Plus Driver 9° 9°@7.5°, 44.5″, Grafalloy Bi-Matrix-X, tipped 1/2″, D4, 6g face, 10g weight in Neutral setting, PING 703-Gold +15 LH, +13 RH

アイアンは、結局S55に戻しました。バッバにとってはきっと簡単すぎたんでしょうね。

PING PROではフィナウが4位タイ。カイル・ジョーンズが8位タイです。