G430 LST(ロースピンテクノロジー)は実はスピンが増えている。

以下はG430LSTの説明です。

「クラウンに軽量カーボン素材を採用。
強弾道&低スピンでさらに遠くへ。
クラウンからソールまでの形状を改良。クラウン部分に軽量のカーボンを
採用し、ブレない低スピンを生む”激飛G430LST”

クラウン部分のカーボンは8層構造。軽量化とともに、
余剰重量を最適な箇所に配置。これまでで最もブレないヘッドへ進化。

440ccの小ぶりで操作性のあるヘッドが、超極薄の反発フェースと
理想の低重心設計により、強弾道&低スピンで最大飛距離を生み出す。

初搭載の「スピンシステンシー・テクノロジー」で上下のミスヒットでも
最適なスピン量と弾道で最大キャリーを実現。」

これを、読んでスピンが多くなっていると思うひとはいないと思います。

昨日はスコアを崩してしまっった、蝉川に関する記事

の下に抜粋した部分は真実が書いてあります。

「以前のドライバーは、G425のLSTでした。しばらくは満足している様子でしたが、日本オープンの2週間ほど前、「たまに右に滑るというか、スピンが少ない感じの球が出るのが気になるんです」と連絡があって、「それなら新しいG430を試してみようか」となりました。430シリーズは、性能的に少しスピンが入るので、「もしかしたら右へのミスがなくなるかもね…」とテストしたところ、実際に200回転ぐらいスピン量が増えて、右へのミスも消えました。打音に関しては、425よりも静かに、こもった音になったのが好印象らしく、「G400と似ていますね。気に入りました」とは本人の感想です。」

ちょっと、びっくりすると思います。件名の「G430 LST(ロースピンテクノロジー)は実はスピンが増えている。」というのは本当の話なんです。

店長の感想も同じで、G430LSTはG400からの進化で、一番近い感覚はG400MAXかなと思っています。少しだけボールが逃げるような感覚は同じです。しかしながら、G400MAXに比べて飛距離が出る。

G430MAXは、G425またはG400からの進化だと思います。

ヒューストンオープンで優勝したPINGPRO フィナウは

G425 LST9度です。ロフトを7度にして使っています。G430にチェンジしないでいるのはスピン量が増えるんでしょうね。

 

 

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

G430LSTがG400MAXの挙動と似ていることから、G400MAXで使っていたシャフトを引っ張り出してきました。数発打ってみたんですが、いけるんじゃないかと思いました。機会があれば紹介したいと思います。

LPGAもでした。

国内男子、PGAを紹介しましたが、米国LPGAもでした。

https://twitter.com/LPGA/status/1591469314967670784?s=20&t=fnSWxE2VO4Vnjq41SX24vg

ピンプロ アリソン・コープス 大きな大会で、優勝なるか?

こちらも、G425LSTです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

それに加えて、なんと西郷真央選手も

G425 LST。

 

 

実質的には、日本オープン発のアマチュア優勝!

まずは、蝉川泰果選手優勝おめでとうございます。

G430 ドライバー LSTが勝利に貢献しました。

95年ぶりと報道されていますが、95年前はアマチュアの方が、職業ゴルファーに教えていた時代ですので、当然アマチュアが勝つ時代だったんですね。

プロが勝ち続けるようになってからは、ずっとそれが逆転したままなので、初のアマチュア優勝といってもいいと思います。

それにしても、曲がらないということは試合では大きなアドバンテージであることが蝉川選手によって証明されたということで、

https://twitter.com/PingTour/status/1581729198174969856?s=20&t=4vvpE6iyX7JrQ1km9P6nfQ

日本男子ツアー、2週連続となります。

フェースをある程度コントロールできる選手にとっては、慣性モーメントが大きいということは大きなメリットとなります。

 

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

言っておきますが、誰もがLSTが合うということはありません。できればフィッティングをして、選択してほしいと思います。

今シーズンはあまりラウンドの機会がない店長ですが、新製品が発表されていますので、試打をして自分で感じるフィーリングを確かめでいるんですが、振る力Sではありませんよ、が衰えすぎており、重いシャフトが降れません。最近はN.S.850GHneo(R)← を使わないとと思っていたんですが、TOUR20CHROMEを試しているんですが、

ふとカウンターバランスの方が早く振れるよなと思いALTA JCB BLACK(S)を試してみたんです。

前作のALTA JCB SLATEと違いALTA JCB BLACKのSシャフトは74グラムもあり、TOUR2.0CHROMEを3グラムしか変わらず。TOUR2.0CHROMEの中元に対してALTA JCB BLACKのキックポイントは中調子でカウンターバランスなので、シャープに振るんだったらALTA JCB BLACKの方かもしれないと思い、振ってみると大正解。店長のヘッドスピードではフェースの向きも安定していました。もう80グラムのシャフトを通り過ぎて一気に70g台のシャフトを使わないといけないようですね。

全米オープン

優勝はMatthew FITZPATRICKでした。

今年はPGAの出場が多いですが、ヨーロッパツアーで7勝と活躍していました。

LBのブログでも何回か登場しています。

ついにアメリカで優勝です。しかも自身が全米アマタイトルをとっとザ・カントリークラブででした。

何故、LBブログで登場しているかというと、PINGな人なんです。

今年になって、ALLi210から、S55アイアンのコンポジットにしています。FWもG425とG410を使用しています。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

女子はカプチョが3人のプレーオフを制して優勝しました。

カプチョもi210を使っていますので、今週、また、2勝を積み上げました。

すでに廃版のi210がこれだけ勝利をおさめているんですから、次期モデルはこれを上回る性能(勝利数ではない)が必要なので期待できるのでないかと思います。

店長もブループリントが飽きてきましたのでそろそろ緊張しないアイアンを使いたいなって思ってきました。どうなるのかな?

2021年 COUNTDOWN No.1

カウントダウン No.1は

https://twitter.com/PingTour/status/1477021502465884174?s=20

PINGドライバーは、2021年にグローバルツアー全体で48回勝!そのうち、PING G425 LST ドライバーは、2021年に23勝に貢献しました。

って、そんなに勝っていたんですね。LSTの他のヘッドはG425MAXもありますが、G410やG400もあるんですから、歴代のドライバーのヘッドもかなり優秀です。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

今日も、次期モデルは?って聞かれたんですが、全くわかりません。コロナのこともありますし、最近モデルチェンジで思うことは、まだまだ、戦闘力のあるヘッドなのにと思うことが多いですし、モデルチェンジが公表されると、必ず、旧モデルは手に入れることはできるんですか?って知り合いに聞かれます。その時は、新しいモデルの方が性能いいですよって言うのですが、気持ちはわからないわけではありません。

来年の目標!

来年の事を言うと鬼が笑うといいますが、

G425ドライバーを使う、ベルンハルト・ランガーの地下ドラ!

軽いラフであれば左に行くことは少ないので、左を怖がらずスライスで打つことはたまにあるんですが、フェアウェイからボールをしっかり捕まえては技術がいります。来年は完全にものにしたいですね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

シニア年間チャンピオンはPINGな人

年先週末、米国シニア最終戦が行われ、年間タイトルが決定しました。

年間タイトルを取ったのはベルンハルト・ランガーです。1957年生まれの64歳でのタイトル奪取になります。

単純に64歳での年間タイトルを取るということは、とんでもないことだと思います。飛距離もどんどん落ちてくると思いますが、どうなんでしょう?スタッツを見ると271ヤードです。(店長も鍛えようかしら

そんな、ランガーを支えているドライバーは

G425MAXです。

 

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

昨年のマスターズで予選を通過してことを考えるとランガーの年間チャンピオンは考えられないことではないですが、すごいゴルファーです。

これを見てしまうと、素晴らしすぎて本当に言葉も出ません。

さて、今日は、グリップをちゃんとしたグリップに変更するだけで、こんなに変わるんだと再認識した日でした。普段、ベン・ホーガンのモダンゴルフでは、グリップに多くのページを割いているんですよといって、グリップが大事ですと言っている私ですが、強烈なアウトサイドインの軌道が、グリップを修正しただけでスイングプレーンが改善しました。

 

US 女子 オープン 1日目

U.S. Women’s Openが始まりました。

いい時代です。インターネットでライブ中継を見ることができるんですから、今、レキシートンプソン、PINGな人タバタナキット、PROヘンダーソンンの組を見ています。17番です。

最終18番は短いんですが、セカンドは打ち上げのホールです。プロがドライバーではないクラブを選んでいるのに、ボギーの方が多くなっているのは、難しいボールなんですね。

アイアンで刻んだトンプソンが右のラフ、グリーンへのアプローチは出来ません。フェアウェイに刻みます。

タバタナキットはフェアウェイ右からグリーンオーバー。

フェアウェイ中央からのヘンダーソンは同じ段奥に止めました。トンプソンはグリーン奥へ。

グリー手前に大きく口を開けたバンカーが効いています。ヘンダーソンは3パットで、結局誰もパーは取れません。恐ろしいホールです。インターネットで動画を見るだけですが緊張してきます。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210、iBladeBLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

メモリアルはサスペンドでゲームが止まっているようです。

タバタナキット

ANAインスピレーション優勝のたバタナキットの使用クラブは海外のゴルフ情報サイトによると、

Driver: Ping G410 (9 degrees), 45.25″, D2 swing weight
Shaft: Fujikura Speeder Evolution VII 569

3-wood: Ping G425 Max (14.5°), 42.5″, D1+ swing weight
Shaft: Fujikura Ventus Blue 6 S

Hybrid: Ping G410 (19°), 40.24″, D1+ swing weight
Shaft: Fujikura Ventus HB blue 7s

Irons: Ping i210 (4-PW), -1/4″, 0.5° Flat, D1+ swing weight
Shafts: Nippon Modus3 105 Stiff

Wedges: Ping Glide Forged (50, 56, 60), -1/4″, 1.5° flat, D2+, D3+, D4+ swing weight
Shafts: Nippon Modus4 115 Wedge

Putter: Bettinardi DASS (Double Aged Stainless Steel) Studio Stock 3 putter

Ball: Titleist 2021 ProV1 X

Grips: Iomic Sticky 2.3

としているところと

Driver: Ping G410 LST (9°, Fujikura Speeder 569 Evolution VII Flex-S shaft)

Fairway wood: Ping G425 (14.5°, Fujikura Ventus Blue 6 shaft)

Hybrid: Ping G425 (19°, Fujikura Ventus Blue 8 shaft)

Irons: Ping i210, (4-6) Ping Blueprint (7-PW, Nippon NS Pro Modus shafts)

Wedges: Ping Glide Forged (50°, 56° and 60°)

Putter: Bettinardi Studio Stock 3 custom mallet (Sole is engraved with images of her favourite food – including pizza, steak, and ice cream)

Ball: Titleist Pro V1x

Grips: iOmic Sticky 1.8

があって、微妙に違います。ピッタリ合っているのがドライバー、FW,WedgeとボールでMODUS3 105(s)で、現在アスリートゴルファーが先ず一番に選択候補に入れるシャフトです。

また、ウェッジは1.5フラットで重いシャフトにしていますのでより、左に行きにくい仕様となっています。

GLIDE FORGEDのロフトが50,56,60となっています。店長は50,54,60の組あ合わせですが、大きいグリーンの場合、20ヤードを超えるバンカーでは60度を使うのは上場大変で、54度を使うんですが、ちょっと強く入ると大きくなるので56に変更したいなと思っているところで、妙に納得ができるセッティングです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210、iBladeBLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

さて、CB-P212のパンポケットチャレンジですが

小杉カントリーも合格でした。トラバースと違ってワンポケットはどのゴルフ場もちゃんと積んでくれそうです。

ANA インスピレーション。タバタナキット!

PING PRO 渋野選手がカットとなり、がっくり来ておりました店長ですが、優勝しのはツアールーキーでタバタナキット選手。

G410ドライバーをつかっているんではないかと思い検索すると

What’s in Patty Tavatanakit’s major-winning bag?

パターのBettinardi以外はすべてのクラブでした。バッグもPINGです。

ウッドとジェーソンがこのようにツィートしていることから考えるとすでにPING PROなのかもしれません。PING PROならPINGNEWSが来てもいいと思うんですが?PING GOLF JAPANは音なしの構えでございます。

確認しますと、PINGのクラブを使用しているが契約はないとのことであります。

彼女はピア・ニールソンとリーン・マリオットそしてクラント・ウェイトがサポートしているんですね。すごいことですよ。

ピア・ニールソンとリーン・マリオットは宮里藍選手から日本でも知っている方がある程度はいると思いますが、グラント・ウエイトは知らない人が多いと思います。タイガーがスイング改造するときにウエイトのようにスイングしたいというように聞いたことがあります。

彼女のスイングがスタック&チルトっぽいなと思ったのはウエイトがコーチしていたからですね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210、iBladeBLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

それにしても、PINGのアンバサダーは凄いですね。上記の二人に加えて、Stan Utleyなどは別格ではないでしょうか?

あっ、そうそう。パターのロフト調整の範囲が変わります。これまで1度~5度の範囲で0.5度刻みで調整できましたが、今後は2度~5度範囲となりました。標準は3度のままです。その理由は2度より、少ないロフトに調整した場合、クラブの座りが変になるからなどが聞こえてきています。それが本当だとすると、するとパターを地面においたときにシャフトが後方に来てしまいますので、それは当然のことなんですが、クレームが多かったんでしょうか?

シャフトを中心に考えると、パターの座りなど関係がないのですが、これで切り捨てれたゴルファーがいると思うと心境は複雑です。

ストッピングパワーの時に書いたんですが、USはRETRO SPECをちゃんと用意していて、アイアンのストッピングパワーを多くのゴルファー行き渡るようにしていますが、日本の場合は未対応です。

BLUEPRINTは標準シャフト長が0.25インチ短いからころ、RETROSPECLOFTが有効で#9(44)、PW(48),52度、58度とか#9(44)、PW(48),54度、60度のセッティングが可能になると思うんです。(店長は7Iで37インチにし、1/8立てているのは秘密だよ