全英オープン!(ウッドとウッズ)

全英オープンの2日目が開催されています。名前に「Wood」が入っている選手は5人出場しています。

Chris Wood

Gary Woodland

Tiger Woods

Tommy Fleetwood

Lee Westwood

です。

予選カットが+1と予想されておりタイガーは1日目を取り戻すことができずに残念ながらカットです、クリス・ウッドも難しそうです。ウッドランドはまだ2日目があります。

イングランドの○○○○woodの二人が今のところ7アンダーの3位タイで仲良く並んでいます。

 

フリートウッドのスイングはスイングはいつ見ても素晴らしいですね。店長の憧れですが、どうしても体系からかスイングはリーのようになってしまいます。

いつメジャーを獲っても不思議ではないといわれてきたリーにとって今回はチャンスです。取ってほしいですね。リーのクラブを見てみますとi210のUWを2本入れています。ノーマルのUWと53度のUWです。(以前にも紹介しました。)

よくよく見ると、凄くこだわったというか意外性にとんだセッティングです。

使用しているアイアンシャフトはPING JZ Stiff。

  • cavity view of i210 iron
    i210 Irons
    4-UW
    #4-9 Std, PW +1/4″, UW Std., PING JZ Stiff w/Cushin stepped 1 strong, D1, PING ID8 White 1/2 Cord
  • cavity view of i210 iron
    i210 Wedge
    UW
    53°, -1/4″, D4+ PING JZ Stiff w/Cushin, Lamkin Crossline Full Cord 58 Rib +2 wraps
  • cavity view of Glide Forged wedge
    Glide Forged Wedge
    60/8
    PING JZ Stiff w/Cushin, stepped 1 strong, PING ID8 White 1/2 Cord +2 wraps
    BANK OF PUTTERさんによると

重くて柔らかいシャフトそれにクッシンインサート(10g)を二つ入れているということは結構シャフトが重たいがしなるシャフトということになります。スタンダードのUWと53度のUWを間違えないようにだと思いますが、グリップを変えているのも面白いですね。

US OPEN Final Day ウッドランド優勝!

US OPENは西海岸のベプルビーチで行われましたので、中継が日本時間の朝できたので店長は久しぶりにじっくり楽しめました。

最後まで接戦でしたが、14番PAR5の258ヤードをスプーン(G410LST)で狙ったあのショットがぐっと勝利を引き付けたように思います。

ウッドランドのバッグの中はGOLFWRXで。

今週のツアー 20190504

JLPGAのHPが非常に見やすくなりました。愛プロコースレコードで首位に立ちました。

プロの試合ではピンをまだ抜いている場面が主流ですが、店長の周りではほぼみんな立てたままパットをしています。だってそっちの方が入るんです。文中にあるようにポールにボールがタッチするように打てばいいんですから。

PGA Wells Fargo ChampionshipはPINGな人で紹介しましたダフナーがトップです。

全く予想していなかったのか、ハイライトにダフナーが映っていません。ラウンド終盤で3アンダー63で一気にトップです。

PINGプロはチャンプが復帰しましたが予選落ちでした。ムニョスが7打差で10位タイ、フィナウ、プー、ムリナックスが28位タイ、イングリッシュが47位タイ、ニーマンが62位タイです。

チャンピオンズですが、PINGで日系人のケン・タニガワが好スタートを切っているようです。

 

PINGな人 ジェイソン・ダフナー

あのダッファリングのダフナーはベン・ホーガンと比べられるほどいいスイングの持ち主。

ダフナーといえばタイトリスト。PINGのイメージはありません。

しかし、ゴルフエクイップメントレポーターのAndrew Turskyによると

プレーヤーズではG410 PLUS10.5を使っています。

店長もコースで使ってみると、しっかり前作を上回るパフォーマンスです。

ピングラブをお求めは

をお願いします。

PINGな人 Gマック

マキロイの兄貴分、Gマック。

Gマックといえばすっかりスリクソンのイメージが定着しています。


GOLFWRXさんより

PINGな人のわけないでしょというのが普通思えることです。もちろん店長もあの記事を見るまではそう思っていました。

あの記事というのはこれ

画像はないんですが、

Hybrid: Ping G410 (22 degrees)
Shaft: LA Golf Shafts Red 85X

って書いてあるんですよ。Gマックは好きなプロなのでうれしいですね。

マットクーチャーもPINGのハイブリッドを使っています。

ピングラブをお求めは

をお願いします。

ピンな人、ジェイソン・ダフナー

ジェイソン・ダフナーといえば何を思い浮かべますか?

店長は今田竜二プロの友達、

GOD、敗れたJ.ダフナー「また次があるはず」から

流れるようなスイング

メジャーチャンピオン

などが思い浮かぶと思いますが、店長は一世を風靡したダッファリンぐです。

その時プロたちはダフナーの真似をしてみんなSNSに投稿しました。

そんなダフナーがなんとピンな人にタイトリストオンリーのイメージが強かったので、ビックリです。

ピングラブをお求めは

をお願いします。

1988 グランド スラム by PING PUTTER

今年60周年を迎えるPINGですが、1988年はよい転がりをした年でした。

1Aでは、ヒール・トウバランスでミスヒット軽減し

しであをレコードジャケットに書きとめ開発したアンサーが

このように転がりを改善したことが

ついに大きな実をつけた都市でした。

店長がゴルフを始めたころです。

マスターズがサンディ・ライル

パターはPALです。

全米オープンがカーチス・ストレンジ

ストレンジのZING2が何回も映し出されました。

全英オープンがせべ・バレステロス

セベはアンサーが似合います。

全米プロがジェフ・スルーマンでした。

スルーマンはPAL2、

ゴールドパターはこれ!

ANSERno文字は小さいですが、PAL、ZINGは

凄い記録です。

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

フリーになってPINGなひとに

お客様から○○プロがPINGを使っていますよって、よく聞かされ、「えっ、そうなんですか?」っておしえてもらう店長です。

ついこの間も、「横峯さくら」プロのことを教えてもらいました。

今度は金田久美子プロです。自分で見つけました。