1-A

1-A

1-A

パッティングが決して上手くはカーステン・ソルハイムは、普通では練習を重ねて上手くなろうと考えるのですが、あろうことが道具のせいにしたんです。

芯を捕らえることができないのは腕のせいではなく、道具のせいにしたんですね。スイートスポットが小さすぎるパターを使うから転がりが安定しないんだと

1-Aはそんなカーステン思いを形にしたパターでした。

周辺に配分された重量がヘッドの慣性モーメントを大きくし安定性をもたらしたのです。

ヒール&トウ バランスのこのパター、話題を呼び、ボールを打った時の音がユニークなので社名の由来になっています。

ピーンという音です。1-Aの音は下を参考にして下さい。素材の変更などにより現在のパターはここまで乾いた音は出なくなっています。

その1-Aですが、現在、クラッシックモデルとして復刻されています。

ANSER

←でのお求めはこちら

←でのお求めはこちら