ティレル・ハットン2連勝!

4日間60台の安定したスコアで、激戦の欧州ツアーで連勝!

欧州男子ツアー「イタリアオープン」において、PING契約 タイレル・ハットン選手が通算21アンダーで優勝を
飾りました。先週に引き続きG400ドライバーを使用して、欧州男子ツアーで2連勝を飾りました。
先週のセッティングでG400 CROSSOVERを、今週はG400 4番アイアンに変更して出場。G400アイアンは高さも出て、
ピンをしっかり狙えるロングアイアンとして大活躍しました。最終日のバックナインは、5バーディ・ノーボギーの
30と爆発し、通算21アンダーの大逆転での優勝となりました。
今後もG400シリーズを使用する選手の活躍にご期待ください。

店長:逆転での2週連続優勝、のりにのっています。

国内ツアーでも活躍を続けるシリーズ!

9月7日に新発売された「ブレない」「抵抗しない」「反発する」3つのテクノロジーにより抜群の
方向性で飛んでいくG400シリーズ。国内ツアーも終盤戦に入り、男女ツアーでは多くの選手が
G400シリーズを使用して戦っています。国内男子ツアーにおいてはPING契約チャン・キム
選手がG400LSテックドライバーを使用し、321.28ヤードでドライビングディスタンス1位を
独走中。今後の更なる活躍と爆発的な飛距離にもご期待ください。

タイレル・ハットン選手、注目の優勝ギア!


LSテックドライバー

G400 LSテックドライバーは
吹き上がりを抑えて低スピン
と強弾道で飛ぶドライバー。
タイレル・ハットン選手は
8.5度ロフトのヘッドと最適
なシャフトとのマッチング
で飛ばしにこだわります。
 

 

 

アイアン

今回タイレル・ハットン選手
が新たにセッティングに加えた
のはG 4 0 0 シリーズの4 番
アイアン。安定したヘッド
でブレずに、フェースのたわみ
で飛ばせる高弾道アイアン
です。

 

 

アイアン

世界中のツアーで使用率の
高いi200アイアン。ソフトな
431ステンレススチールの
ヘッドは心地よい柔らかな
打感で、操作性と抜群の安定
感を誇ります。
 

パター

最高品質の精密な削り出し
で、極上の打感と転がりを
もたらすPING VAULTパター。
安定感抜群の大型マレット
「OSLO(オスロ)」を使用
して、バーディを量産しま
した。
 

店長:注目はクロスオーバーに変わってGアイアンを入れたことでしょうか?

先日、「PING Golf Europe @PINGTourEurope」がツイッターで発表したティレル・ハットンのG400の弾道データ。

凄いですね。

上原彩子プロが

日本オープン

池田勇太プロが逃げ切りました。並みのプロならガタガタといく状況できたが、凄いですね。あのアプローチとパット。勇太プロが楽しみながら集中したらかないませんね。

久しぶりにじっくりと中継を見てしまいました。もう少しでG400、2週連続優勝でしたから、チャン・キムではないですよ。

金谷君はあの二つのうちどちらかのパットが決まっていればという展開でした。

金谷拓実 ALBAから

惜しかったですね。

G400アイアン 飛ぶみたいです。

9月に発売されたG400アイアンですが、ジャンボさんもテストしたと聞いています。

あまりにも普通に飛ぶのでなかなか文章が出てきません。(根がひねくれ者ですから)

そんなGアイアン、プロが打つとどれくらいと分でしょうか?

先日「アルフレッド ダンヒル リンクス」で優勝したハットン選手が打ったデータがこれ。ツイッターから拾いました。

https://twitter.com/PINGTourEurope/status/918130471392940032

えっ、ドライバーですか?ていう数字ですね。

打った人が凄いのか?道具がいいのかどちらでしょうか?

勿論、打った人ですね。私が打ってもこんなには飛びません。

 

 

プッシュカート即納情報

今週末のラウンドに間に合う

即納在庫は

クリックギア 3.5+ ホワイトピンク

32,184円(税込み)

 

 

 

 

 

 

 

 

ロビックbyクリックギア RV3F メタリックエイリアングリーン

22,680円(税込み)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各1となります。

メールでのご注文も可能です。

ping@lb-golf.com

ショッピングモールは

PING NEWS 2017.10.10

PING NEWSが届きました。

先日も紹介しましたが、日本ツアーでもちょっとしたブームになっているようです。ブームから何もうまれないといいますが、人々の関心というものは強いものだと思います。

ブームといえば、メタルウッドが出現した頃のことが思い出されます。

練習場ではみんなあのゴールドシャフト、コースではロングティ、ブームを作ったのはジャンボさんでしたね。

大変うれしいニュースなのでPING NEWSより先に

ハットン選手がヨーロッパツアーで優勝したPINGNEWSが来ているのですが、こちらを優先します。

ライダーカップでのあの一打がなければと思うのは私だけではないと思います。

ジュニアの頃からずっと、何気なく簡単に打ってきたチップショットが、まさかの大ダフリ。襲い掛かるプレシャーが彼を押しつぶした。

一時はそういうウェッジをつかうのというウェッジまで試したいた。

誰もが、彼のようにショットを打ちたい。正にオンプレーン。後方から来たクラブの動きは直線に他ならない。

誰もが憧れていたスイング。ねぇ、素晴らしいですよね。

この動画では5つの鍵となる動きがあるといっているのかな?後でちゃんと見てみます。

アメリカのゴルフダイジェストの記事で

Hunter Mahan records his best PGA Tour finish in more than two years

2015年のドイツ銀行以来の高い位置でのフィニッシュ、何位かというと13T。それでもニュースになるほどの不振だったということがわかると思います。

早く、彼のPING NEWSが見たいですね。