5番アイアンのその上は?

多くのアイアンが5番アイアンからPWまでの6本セットで売られているため、最近では5番アイアンのその上は、ハイブリッドとしている方が多いのではないでしょうか?

5番アイアンのロフトはい210アイアンでも26であり、4番アイアンのロフトはほぼ40年前の3番アイアンのロフトです。しかもその当時は38.5インチ合わせ(3番アイアンのシャフトが35.8インチで番手が下がると0.5インチ短くなっていく)ですので、ほぼ一番手ずれているということになります。クラブの性能が上がりボールが上がりやすくなっているとはいえ、4番アイアンが選択されないのは当たり前だと思います。

GOLFSPYにstudy 4I vs 4HBという興味のある記事が投稿されていましたので紹介します。(図はGOLYSPYから)

このデータはArcossからの情報で分析しているようでかなり正確だとおもいます。

ティショットにおける距離はオーハンディキャッパーとハイハンディキャッパーの2つのグループが4Iのほうが距離が出ています。

グリーンを狙うショットにおいては、高いハンディキャップのみ4Iの方が飛んでいます。

何故、そうなの?と言うことが書いていないので店長なりに判断するとティショットにおいては芝生の影響を受けないので飛ぶと言う結果を得ていないゾーンのゴルファーもそれほど飛距離の差がありません。しかし、芝の上から打つとなると大きく影響を受けるようです。ハイハンディキャッパーはボールが上がらないので、ロフトが立っていることによって飛距離をかせいでいるということが推測されます。(Arcossのデータなのでキャリーではないはずです。つまりよく転がると言うことと推測します。)

フェアウェイを捕らえるかどうかはハイハンディキャッパーを除き4Iのほうか高いことが結果で出ています。

よく、あのPAR3を攻略するために4Iをハイブリッドにといってチェンジする傾向がありますが、もしかしたら、それは間違いで4Iの方がいい結果がでるのかもしれませんので、チェンジするときには、きちんとデータを取ったほうがいいでしょう。

では、グリーンを狙う全て(もしかしたらフェアウェイだけかもしれません)のショットはどうかと言うと圧倒的に4hの方がいい結果が出ています。しかもミドルハンディキャッパーほどその恩恵を受けているようです。

結果をまとめると、左右の正確性は4iに軍配が上がるが縦距離は4hのほうが断然良く、4i、4hの距離だと多いミスは距離のミスだということもわかります。4hは距離が足りないというミスは少ないですが、ボールが上がる分フェースが閉じては入るとグリーンオーバーとなるとなるでしょう。

G410ハイブリッドをお使いのお客様のお話を聞くとボールが上がる、HG400よりも距離が出る、引っかからない。もしかしたら、ヘッドが欠品になるほどの人気ぶりは引っかからないことが支持されれているからかもしれませんね。

もし、3Wをセッティングしないのであれば、バッグに4iと4hの両方を入れて、シチュエーションにより使い分けるというセッティングも面白いかもしれません。

アイアンが得意な方は、ボールが上がるモデルの4iをバックに入れるほうが、スコア的にも、経済的にも優しいかもしれませんね。

最近、どのようにセッティングすればいいの?って方が増えています、当店にあるnFlightならFW、HB、ミドルアイアン、ウェッジを打てば、コンピュータが理想のセットをチョイスしてくれますので、ぜひ体験を。

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

 

 

 

 

 

どうしてもスピン量を減らしたい

ティショットにおいてどうしてもスピン量をへらしたいときはということで、どのようにフィッティングすればいいかという指針がUS PINGがツィートしています。

Googleの翻訳は

ティーからスピンを殺すコンボが必要ですか?短いシャフト( < 45”)および#G410大きなマイナスに設定されたLST。 PINGツアーまたはEvenFlow Blackロースピンシャフトによる最終的なスピンチューニング。

となります。

ヘッドがオープン気味に入ってくる人は、シャフトレングスを短くすることでクローズ傾向へシフトしますので、ヘッドのロフトが立つことと相まって有効な方法となりえます。

当社で導入しているHMTでは、クラブヘッドの動きが確認できますので、是非、フィッティングで試してみてください。

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

何処に打つの?

ZOZO CHAMPIONSHIPはタイガーが昔のように圧倒な力ではなく、熟練した技術によってボールを操りあっさり勝ってしましました。逆に飛ばし屋の多くは苦労していたのではないでしょうか?年に数回はこういうコースでの試合があってもと思いました。

そんなZOZO CHAMPIONSHIPで我らがBABBAが仕出かした事は?

https://twitter.com/GOLFTV/status/1188550136433119232?s=20

これです。「えっ、何処に打つの?」って感じですよね。確かBABBAは先週の月曜日にPAR5はアイアンで打つと言っていましたが、ドライバーを使ったようですね。

確かにドライバーを持つとすれば、そういうルートになるんですね。6番ホールのフェアウェイに打つ方法はありません。池の向こうの木を避けようとすると、フェアウェイを突き抜けて林に入ります。しかし、ルールに問題ないとはいえBABBA以外そのルートは見つけないでしょうね。

ちなみにBABBAが打ったホールは、今大会では使用していないホールでローピングでギャラリーは入れないようにしてあったはずですので危険は無いのですが、木に当たってはねかえるようなことは無いと言う自信があったんでしょうね。

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

ZOZO CHAMPIONSHIP

天候がすぐれず、大幅に日程がくるっているZOZO CHAMPIONSHIPですが、TIGERが首位に立っています。

練習日にコースを見てみましたが、ドックレッグが多く、PGAの飛ばし屋はボールが突き抜けてしまうようなホールが多い印象でした。

前日にはBABBAがドライバーを持つホールが少ないって言っていましたが、タイガーにはぴったり距離があったいる印象です。

それにしても、月曜日まで使って、試合を成立させるPGA TOURはすごいですね。

PING NEWS No.248

事実、PINGの社員さんたちも誰も想像していなかったようです。

男子ツアー担当のH氏も驚いていました。

チャン・キム本人が普段はアンサーを使っているが、調子がいいときはアンサーでもパターが入るが、落ちてくると入らなくなったので、SIGMA 2 VALOR(ステルス仕上げ)を使ってショートパットの精度を上げたことが好結果を生んだそうです。

ZOZO でも活躍してほしいですね。

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

MYGOLFSPY 2019 MOST WANTED WEDGEから

MYGOLFSPY 2019 MOST WANTED WEDGEで、PING GLIDE 3.0 EYE2がBEST IN WET CONDITIONSに選ばれています。

その根拠となったデータが公開されています。

2019 MOST WANTED WEDGE WET VS. DRY DATA

GLIDE3.0とGLIDE3.0 ETE2がWET SPINで1位、2位となっています。しかも、ドライコンディションとの差が小さいですね。

ドライコンディションでも、ウェットコンディションでも、同じようにショットができる。これは非常に重要な要素だと思います。

ウェッジ以外は大人気となっていて、いまいち、人気の無いウェッジですが、スコアマイクにおいては重要なポイントを抑えているようですよ。

スタジオには試打用のウェッジがそろっていますのでぜひ試打に来てください。

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

 

G410フェアウェイウッドとG410ハイブリッド

渋野プロの全英女子オープン優勝後、SIGMA2 ANSER Plutinamの人気が爆発し、PINGでのヘッドの部品の欠品が繰り返えされ、現在のお届が12月に入りそうな状態になっていますが、これと同じように返品が繰り返されているクラブはG410フェアウェイウッドとG410ハイブリッドです。

今日は改めて何故このクラブが選ばれているのかを検証してみたいと思います。

店長的には選ばれている一番の理由は飛距離がのびたことが大きのではと思います。前作以前では方向性が良いが、飛距離がいう方がかなりありましたが、この部分をG410 ではこの穴をしっかり埋めています。ヘッドの構造的には

G400

G410も大きく変わりません

変わったのはフェーズ面のパーツです。

ハイブリッドのPING USのページを参考にすると

G400:Thinner and far more flexible, the innovative maraging steel face generates

G410 :The strength and flexibility of a thin, maraging-steel face

JAPANのページでの説明は、高強度・極薄マレージングC300フェースだから、高初速。ミスヒットしても初速が落ちないから、飛ばしたい人に最適。

強度を増してより薄く初速が増えて事が大きい要因であることがわかります。

SIGMA2 ANSER Plutinamの盛り上がりと違って、フェアウェイウッド・ハイブリッドは実際にユーザーの実感が伝わり、ヒットをよんでいると思います。通常であれば、発注からお届けまでの長さは、徐々に短くなってくるんですが、特にハイブリッドの人気のロフトに関してはだんだん長くなってなっていることから一過性のものではないように思います。

本日はここまで、次回に続きます。

全ての製品の出荷までに要する時間が3週間となっていますが、ヘッドが欠品しているフェアウェイウッド

 

  • G410 #3 STD 右 11月16日以降
  • G410 #3 LST 右 12月7日以降
  • G410 #5 STD 右 11月中旬9日以降

ハイブリッド

  • G410 #2 右 11月26日以降
  • G410 #3 右 12月3日以降
  • G410 #4 右 11月26日以降
  • G410 #5 右 11月26日以降
  • G410 #5 左 11月中旬以降
  • G410 #6 右 12月7日以降

となります。

 

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

CLUB PING ファン感謝デー2019

今年もファン感謝デーが開催されます。参加プロは予定となっていますが、多分、渋野プロは確定だと思います。

渋野日向子プロ&青木翔コーチによる
ラウンド前の練習ルーティン見学

日本勢42年ぶりとなるメジャー優勝の快挙を達成した渋野プロと青木コーチの全英コンビがこの日のために再結成!ラウンド前の練習ルーティンを披露してくれます。二人のどのような会話が聞けるかお楽しみに!

と言うようにメインイベントです。(今年は応募多数だと思います。)

2ホール限定!PING契約プロとのスペシャルラウンド

PING契約プロがホールで皆さんをお出迎え。プロとのラウンドは特別な時間になること間違いなし!
ショットやコースマネジメントを間近で見ることができる貴重な機会です。 写真撮影やサインゲットのチャンスも!

優勝者には

バッバ・ワトソン選手のマスターズ優勝記念ゴールドパター

コンペ優勝者にはゴールドパターを贈呈!

優勝者には、PINGカルチャーの象徴とも呼べる”ゴールドパター”を制作して贈呈いたします。今年は誰の手に!?がもらえます。

 

 

シブコと同じところがあった。

インタビューでの、返しがウィットに飛んでいて、それが話題になっているシブコこと、澁野プロですが、店長と同じところがありました。

それは、26.5cm。

あのアイアンの納品での出来事

台風19号がおおkぃ名被害をもたらしています。被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

さて、あのアイアンと言うのは

これ、GOLFPRIDE ALINE装着したアイアンと言えば

これ!BluePrintです。

アイアンを取り出して、アドレスしたり、ワッグルしたりひとしきり確かめた後。

「PINGは凄いですよ!」

非常にPINGに詳しい方なので製品のことだと思ったけど、私も詳しいし、えっ、なんだろうと思ったら。

「このダンボール!」

え~っ、クラブの話じゃないの?

実は、ダンボール屋さんであるお客様。運送会社でのバリバリの勤務経験もあり、お客様にはご利用になられる運送会社と商品とのマッチングでダンボールの品質も含めて提案されているとのことで、「ヤマト運輸さんで、この段ボール箱に使用しているダンボールはありえないくらい上等ですよ。」とのこと。

AF:K6×180×K6と言う代物らしいのですが、「ヤマト運輸さんは、なるべく人の手で荷物を触らないようにゲージで送っているので、このダンボールを使うと、ほぼ運送事故が起こらないと思います。」ということらしいです。

お客様は「悪く言うと、過剰包装っていうヤツです。」と言われましたが、ずっと、この組合せで、行って欲しいですね。

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。