旧モデルを参考に選べばいいのか?

発売日を前に、既に大ヒットしているG430ですが、どのように選択すればいいのか?例えばG400MAXを使っていたとします。その旧モデルを参考に選べばいいのか?

答えは全くのNO!です。シャフトも含めて大きく変わっているからです。

PINGの資料には、今回のモデルチェンジにおいて過去のモデルを安易に受け継ぐのではなく、1からフィッティングを行ってくださいと指示されています。

上図のような流れないと思った方がよさそうですよ。安易に選択していけません。ランチモニターの数字はもちろんテクノロジーが進化しているのでいい数字が出ますが、コースで使用することが出来るかどうかが問題です。

たくさんのG400MAXユーザーはG410、G425ではモデルチェンジすることなく、まだ現役で使っていると思います。では、G430MAXなのかというと、店長はどちらかというとG425MAXの方が近いと思っています。G425MAXでは、G400MAXの引っかかることなく、かといって大きなスライスがないボールが打てましたが、G430MAXはつかまるボールがメインです。G410plusの感覚に近いでしょうか?

転載禁止なのでここでは図を出せませんが、G430打球の分布はセンターより左です。打球の分布が右なのはG430LSTとなります。資料からも店長の感想からもG400MAXの後継はG430LTです。G400MAXに比べて慣性モーメントは劣りますが、十分なレベルにあり、飛距離は完全に上回ります。

先日、G400MAXのリシャフトをしたいという、問い合わせがあり、上記の理由から、新しいモデルを試打してみましたか?

と質問しました、ちゃんとフィッティングすれば、G430LSTを選択されるはずだからと思ったからです。打ったんですが、MAXを中心にシャフトを変えて試したとのこと、すべてのモデルをちゃんと打っていればたどり着いたと思いますが、打っていないのだからたどり着きません。困ったものですね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

スライス退治

ゴルフで陥りやすいことに、ゴルフのレベルの中にクラブ選びの要素があるのです。自分のレベルにあったクラブを選ぶということは、ゴルフのレベルの大きな要素です。

スライスに悩む人は、どのように、スライス退治を行えばいいのか?ということを考えたいと思います。

G430 SFTはヘッドターンが遅れないように、ヘッドターンをアシストしてくれるヘッドです。インパクト前に外からインサイドに抜け、ヘッドが開いてインパクトすることに対して、そうならないように設計されています。

G425LSTまでになかったウェイトのポジションの変更機能がつき、ドロー+ポジションで使用していた人が、ボールを捕まえるスイングに慣れ、つかまりすぎるようになったときに、ドローポジションに変更して使い続けることが出来るようにです。

ヘッド向きををクラブに任せることが出来るようになるためには、とにかくグリッププレッシャーを小さくしてクラブの動きを邪魔しないようにしなければなりませが、それをしているうちに真っ直ぐ飛ばすコツがわかってきます。スライスに悩む人がSFTを使いつづけ、それに慣れてくるといつの間にか、ボールを捕まえるコツがわかってくるというわけです。

逆にSFTのようなクラブがない場合にどうするかというと

右に飛び出し、さらにスライスしながら、高く上げるボールを真っ直ぐに飛ばすには、相対的にクラブヘッドが走る状態を作り出すことになります。

相対的にですので、ヘッドターンに動きにに合うように、手元の動きを遅くしてあげればいいだけで、具体的には、非常にハードなシャフトを選択します。重くし、硬くします。

重くしたことにより、手元のスピードは落ち、硬いシャフトが、ヘッドをターンさせようとする力をヘッドに伝えます。これで相対的にクラブヘッドが走る状況が出来上がるわけです。それでは飛距離が落ちるでしょと思うかもしれませんが、真っ直ぐ飛ぶのでスライスしていた時に比べてエネルギーが分散しないので飛距離は伸びます。

えーっ、振りにくいクラブにするんですかというと、そうなります。お客様がスライスを退治するときにこれを望むならばですね。でも理由を説明しますし、幸い私が出会った方々はスイング自体を向上させたい人なので、こちらの方法を選ばないですね。

しかも、これで、真っ直ぐ飛んだとしても、打ちこなしているといいませんよね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

Yahoo!:

 

 

初速が出て、打出角が低く、スピン量が少ないのは?

手元の資料によると、

G430 MAX(多分10.5)初速164mph、打出角11.6°、スピン量2490rpm

G430 LST(多分10.5)初速161mph、打出角12.6°、スピン量2475rpm

という数字が出ています

初速が出て、打出角が低く、スピン量が少ないのは?

初速、打出角の低さはMAX、スピン量が少ないのはLSTということになります。

YOUTOUBEの試打結果や、私の試打結果ではLSTの方が若干、距離が出るようですが、単純に初速が出ているということだけが飛距離ではないということなんです。

G430LSTは、ボールの散らばりが少なくなったうえに、距離が出ています。カーボンラップ・テクノロジーにより、余った重量を慣性モーメントを大きくしたのが、ボールの散らばりをなくしました。一点を狙う競技ゴルファーにはなくてはならない機能です。また、低重心化とインパクト時のフェースのたわみが大きくなり打ち出し角を上げ、少し多くなったバックスピン量が安定したフライトをもたらします。

店長から、一言、LSTを試打するんだったら、TOUR CHROME 65Sとの組み合わせななるかと思いますが、ちょっとハードだなと感じた人、下のグラフからもわかるように、TOUR CHROME 65RとALTA JCB BLACK(S)はTOUR CHROME 65Sにかなり近い位置にいて、すこしづつ、マイルドになりますので、ちょっと違う表情を見せてくれます。

 

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

ちょっとこれは酷過ぎる。

LIVゴルフに参加した選手を、排除したんだから、所属しているんだったら少しはわかるけど、もう関係ないのに

このツィート。

関係ないのであれば、ほっておけばいいのにって言うのは、日本人だけの美徳なのか?

しかも卑劣なのは、文字ではなく、画像としていて検索できなくしているところ。それが本当なら、堂々と、画像ではなく文字として検索できるようにすればいいのに。

少なくともPGAはLIVより上の立ち位置にいるつもりであれば、なおさらだともういます。

こんなことが続けば、誰からもPGAはNo.1と思われなくなる。

PGAがやることがあるとすれば、対抗戦を企画して実現しLIVを打ち負かすことだけだと思うがいかがだろうか?

スピンシステンシー・テクノロジー

渋野日向子プロの1分10からの一言。

「低い弾道行ったな~、と思っても、ちゃんとキャリーも出てるので。よう飛ぶと思います。フフェフェフェ。」

これがスピンシステンシー・テクノロジーです。USのG425FWの説明を翻訳すると

複雑なフェースの曲率は、主にロフトが減少するフェースの低いロール プロファイルを変更し、より一貫したスピン性能をもたらし、ボールの速度を上げて飛距離を増加させます。

一体、どういうこと?

クラブの上部(重心位置より高い)でヒットされたボールは、ギア効果によりボールに与えられるスピン量が減少し、打出角が高く、スピン量の少ない弾道で大きなキャリーを得ることが出来ますが、フェースの下部(重心位置より低い)でヒットされたボールは逆のギア効果が働きスピン量の多いボールとなり、空気抵抗によってボールのキャリーが少なくなります。

ですので、キャリーの正確さが要求される競技の現場ではフェースの下部での薄い当たりは、できるだけ避けたいショットです。

そうだったら、下部でヒットしたときに、スピンを減らして、初速を上げてやればいいんじゃない?というのがスピンシステンシー・テクノロジーなんです。

で、どうやって?

簡単に言うと、フェースの下の部分のロフトを立てただけなんです。

それに

フェースを立てた分初速も増えるし。というのがスピンシス・テクノロジー!

現在は、ある程度はコンピュータでできると思いますが、実際に打ってテストするとなると、これはまぁ大変なことだと思いますよ。まず各モデル最適なカーブを求めないといけないこと、この部分の製法は多分プレスによるものと思いますが、曲面を成型する場合は、金型が必要です。コンピュータの計算結果から金型を作るんですが、この金型を作る費用は結構するんですよ。それをテストのため何回もこの工程を繰り返し、最適を求めるんです。PINGは機械加工製造会社なので社内でこれを完結させていると思います。(ゴルフクラブメーカーとして凄いでしょ)

これがあって、渋野プロの言葉を引き出しているんですね。

店長がこの動画で一番気に入っている部分は愛プロの「まじっ、で曲がらないな」って部分です。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

実はスピンシステンシー・テクノロジー恩恵を一番受けるのは、アベレージゴルファーからビギナーじゃないかなと思っている店長です。だって、上級者はフェースの上部でコンスタントに打てますが、どうしてもダフリたくないのか、フェースの下部で打つ人がほとんどなんですよね。

フェースの上部に当てるには、こんなに地面ギリギリなんですよ。

 

 

 

 

 

Seamus Power 優勝!で、3週連続、G430 LST ドライバー優勝

PING PRO Seamus PowerがButterfield Bermuda Championshipで優勝しました。

 

PING PROのページでは、プロトタイプとなっているのは、G430は日本が先行して発表されたためです。使用クラブの情報が下に出ています。

 

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

それにしても、3週連続でのツアーの優勝。大変なことですよ。G430LSTはボールがカーボンラップテクノロジーのお陰で、前作より上がるようになって、しかも、余剰重量を配分し、慣性モーメントが大きくなりました。しかも、フェースが薄くなって反発するようになり、ヘッドサイズが小さくなっていますので、空気抵抗が少なくなり、ボールの初速が出ます。

ボールの散らばりが少なくなっただけでなく、G400MAXが出た時のような、やっちまったというあたりが残っているような感じです。コースでのしだはまだですが。

店長が感じるのは、飛ぶG400MAXです。

本格的に競技をやるゴルファーにとっては相当な武器になると思います。

頑なに、チェンジしなかったG400MAXユーザーの変更しない理由は価格だけになりそうです。

 

i230アイアン発表

i210アイアンの発売中止が発表されて、約1年がたちましたが、ようやく次のモデルのi230アイアンが発表されました。

i210アイアンはPING PROの活躍からか、海外に比べ日本にゴルフプレーヤーの使用比率が高いモデルでしたので、アイアンのメイン商品の位置づけでしたので、販売するものがない状態でございました。ただ、i210ユーザーの上位はi59アイアンが完全にカバーしており、より飛距離を求めるユーザーはi525アイアンがカバーしておりましたが、両方ともテクノロジーの塊と言っていいほどのアイアンでお値段が少し高いアイアンで早くこの両者の間をどう埋めるのか注目しておりましたが、なんと、その間をテクノロジー満載して埋めてきました。よって、お値段(スチールシャフトで定価30,800円税込み)も満載です。(円安の影響もあります)

G430は日本先行発売でしたが、i230アイアンは世界同時は発表です。Youtubeには日本語のコンテンツとしてはPING GOLF JAPANの物がありますが、試打クラブが、供給されていないため、ほぼありません。しかし、海外のサイトでは供給されておりますので、すでに多くのコンテンツがアップロードされています。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

ルックスからも打った感想はFORGEDのフィーリング なんですが、性能はちゃんとキャビティ。多くのプロが既にスイッチしているアイアン期待してください。試打は11月16日からとなります。

 

店長のCHIPR

営業さんが、勉強したいというので、店長のCHIPRをお貸ししました。勿論、標準仕様のCHIPRは、持っています。ようは、店長のCHIPRがどのような目的を持ってカスタムされているかの勉強です。

皆様にも、どのようなカスタムをどのような目的でしているかを紹介します。

店長のCHIPRの秘密1

店長のCHIPRの長さは使用するパターと同じです、パターと同じようにストローク(スイング)するので、長さを同じにしました。
パターの長さは34インチですので、CHIPRを同じ34インチでオーダーしてもいいのかというと、

33.25インチにします。CHIPRは50度測定法でクラブ長を計測しますので、34インチのパターと同じ長さにするときには、上の写真のように33.25でオーダーすることが必要です。

店長のCHIPRの秘密2

次にライ角です。パターのようにスイング(ストローク)してパターと同じ方向にボールを打ち出したいと思いますが、店長はあえて、CHIPRのライ角を1度フラットのレッドにしています。

なぜ、上のようにCHIPRのライ角を1度フラットにしたのかというと、同じライ角ではボールをひっかける可能性があるためです。

アドレスでボールをフェースの前においてセットアップすると思いますが、インパクトでのクラブの位置がパターとCHIPRでは異なります。

CHIPRはロフトがあるため、パターの比べクラブが進んだ位置でボールをとらえることになります。その分CHIPRのフェースの向きは閉じた状態になりますのでボールは左に飛び出します。その調整のためにライ角を1度フラットにしています。(本当は2度にしたいのですがアドレスで違和感が出るので1度で我慢しています。)

店長のCHIPRの秘密3

次はグリップの工夫です。CHIPRの標準グリップは360DYLA WEDGE:サイズはアクアですが、写真のようにGP LITE TourVelvet(バックライン有)にしています。下巻き数は全体1巻き、TIP+2です。

アクアのサイズに比べて下巻き数5巻き分太いグリップが、ほぼパターのグリップと同じサイズとなります。これは、フリップサイズを太くして、過度なフェースターンを抑えるためです。CHIPRのトウ側のウェイトが大きいのでフェースがターンする方向にトルクがかかりますが、太いグリップにしてそのトルクに対抗します。

店長のCHIPRの秘密4

バックラインなしのグリップが合うのではないかと思いがちですが

バックライン有のグリップにしています。パターのグリップには通常、平らな面があり、フェースの向きを感じさせます。CHIPRはパターではなくショット用のクラブに属しますので、パターのグリップに許される平らな面を持ったグリップを装着できません。

 そこで、浮かんだのが、販売中止となったPING FINGERLOCK PUTTER GRIP

グリップ正面の平らな部分は少なく、強調されたバックライン両手の指指の腹に載せることによりスクエアにグリップするグリップのように、バックラインの効果を強調すればいいというアイデアです。グリップのサイズをオレンジにしたことでバックラインがより強調されます。

4つの秘密によって、完全とはいきませんが、ほぼパターと同じようにストローク(スイング)できるCHIPRが出来上がたんですね。

このCHIPRで何ができるのかというと、少なくともグリーン手前30ヤード(なれれば50ヤード)をグリーンにできるというわけで、距離感のコツさえつかめばピンによって行きます。

営業さんはCHIPRの返却時にこう言っていました。試打会の会場で、標準仕様のCHIPRを試打して、ピンとこなかったお客様が店長のCHIPRを気に入られて、少なくとも7件以上注文を下さったとのことでした。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

現在は、PINGの標準仕様の試打クラブと店長のスペシャルCHIPERが店舗にありますので興味がある方はうち比べしてみてください。フィッティングをご希望であれば、現在、使用しているパターをお持ちください。

ご予約はこちらから

実質的には、日本オープン発のアマチュア優勝!

まずは、蝉川泰果選手優勝おめでとうございます。

G430 ドライバー LSTが勝利に貢献しました。

95年ぶりと報道されていますが、95年前はアマチュアの方が、職業ゴルファーに教えていた時代ですので、当然アマチュアが勝つ時代だったんですね。

プロが勝ち続けるようになってからは、ずっとそれが逆転したままなので、初のアマチュア優勝といってもいいと思います。

それにしても、曲がらないということは試合では大きなアドバンテージであることが蝉川選手によって証明されたということで、

https://twitter.com/PingTour/status/1581729198174969856?s=20&t=4vvpE6iyX7JrQ1km9P6nfQ

日本男子ツアー、2週連続となります。

フェースをある程度コントロールできる選手にとっては、慣性モーメントが大きいということは大きなメリットとなります。

 

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

言っておきますが、誰もがLSTが合うということはありません。できればフィッティングをして、選択してほしいと思います。

今シーズンはあまりラウンドの機会がない店長ですが、新製品が発表されていますので、試打をして自分で感じるフィーリングを確かめでいるんですが、振る力Sではありませんよ、が衰えすぎており、重いシャフトが降れません。最近はN.S.850GHneo(R)← を使わないとと思っていたんですが、TOUR20CHROMEを試しているんですが、

ふとカウンターバランスの方が早く振れるよなと思いALTA JCB BLACK(S)を試してみたんです。

前作のALTA JCB SLATEと違いALTA JCB BLACKのSシャフトは74グラムもあり、TOUR2.0CHROMEを3グラムしか変わらず。TOUR2.0CHROMEの中元に対してALTA JCB BLACKのキックポイントは中調子でカウンターバランスなので、シャープに振るんだったらALTA JCB BLACKの方かもしれないと思い、振ってみると大正解。店長のヘッドスピードではフェースの向きも安定していました。もう80グラムのシャフトを通り過ぎて一気に70g台のシャフトを使わないといけないようですね。

G430 SFT ドライバー

今回のモデルチェンジて、店長が、大きく変わったと感じている点は、実はG430 SFT 430ドライバーに、ドローポジョンが追加された事です。

ボールのつかまりやすさをG430シリーズのモデルとウェイトのポジションはで並べると

  • G430SFT DROW +
  • G430SFT DROW
  • G430MAX DROW
  • G430MAX STD
  • G430MAX FADE

の順になります。その弾道はおおよそ10ヤード幅となります。

ある日、営業さんからG430シリーズはSFTで行きます連絡が入りました。別に大きくスライスするわけでもなく、ほぼ300ヤードドライブする彼が「めっちゃ、いいんです。」との報告です。

コースでの試打会で、G430 10.5MAXをお貸しした後、10.5度の試打がしたいというお客様がいらっしゃいまして、仕方なくG430SFTをドローポジションでお貸ししました。すると、後半のハーフは38。一回しか失敗しなかったとのこと。

こうなってくると、店長も試さないわけにはいきません。スタジオに戻って打ってみると、20ヤードのドローバイアスの効果を実感できました。店長の場合は基本的にドローヒッターなのでフェアウェイ右側に向かって打ちます。 G425のSFTのように大きく左に行くのではないかと思いましたが、引っかかることなく安定したドローボールがセンターに帰ってきます。プッシュアウトもありません。

ちょっと詳しく検証してみたいと思います。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!: