i525アイアンをスペックで確認してみよう

i525アイアンをスペックで確認してみよう。ということで、

i525アイアンのスペックにi210、i59アイアンのスペックを加えた表を作成しました。なぜすぐに出さなかったというと、USでのi525の発表が2月8日で、US_PINGのサイトにデータが掲載されるのを待っていたからです。

先ずはロフトです。日本ではPOWERSPECLOFTを標準として採用しています。US STDとのロフト差は1~1.5度です。これくらいのロフト差ですと、US_STDとPOWERSPECLOFTとの距離の差は2.5~3ヤードと思われます。

i525が飛ぶ理由はi210やi59とはPOWER SPEC LOFTのミドルアイアンで3~4度なのでロフトが立っている分で約10ヤード、中空構造による初速が上がった事で10ヤード飛距離が伸びている計算になると思います。

US_STDでは約17ヤード伸びる計算になりますが、i210ユーザーにとっては十分すぎるほどの飛距離の伸びで、それによりボールの高さ出て、スピン量が増えるわけですから、戦闘力十分のアイアンになるということだと思います。(POWER SPEC LOFTが日本では標準とされていますが、日本人はやはり飛距離が出たデータが欲しいんだと日本のマーケティングが分析しているんだと思います。)

それに対して、店長が何故US_STDのロフトにこだわるのかその一ですが、i210アイアンとほぼ同じなフォルムということを前面に打ち出していますが、それほどi210アイアンが成功したということであります。

それであれば、見えないところも、真似した方がいいのではないか思う訳です。勘のいい人はもうお気づきだと思いますが、それはバンス角です。ソールの幅もi210とほぼ同じであれば、バンス角もそうだということで、PINGの開発は、ロフト角US_STDのバンス角をi210のバンス角とピッタリ一緒に設計しています。

ということで、競技志向でi525アイアンを考えている方は、この辺りのことをしっかり考慮して購入していただきたいと思います。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

i525アイアンの試打結果を精しく2

全ての人にあたはまるわけではないと思いますが

中空2世代目のG710アイアンとi525アイアンは何故か、意外と捕まるアイアンです。全てのアイアンを同じように打っていますが、どちらも9ヤードドローです。前作モデルのG700アイアンとi500アイアンはボールがどちらかというとボールが自然につかまらず、無理にドローを打ちに行くと、店長の場合、破綻することが多くありました。なので、コースではフェードオンリーで打っていたんです。

最近発表されているPINGのアイアンは、同じようにつかまるんです。BLUEPRINTもi59アイアンも同じです。わざとではなく同じように9ヤード。

i59のコントロール性能は、ほど同じところに落ちているということで感じていただけると思います。BLUEPRINTもちょっとばらつきましたが同じ距離です。

数字で距離の差を見せられてしまうと、少なくとも長いアイアンは飛ぶクラブを持ちたいなぁって、思いますね。

持つんだったら、ロフトをUSスタンダードもしくは1DEG WEAKにして7番、6番という組み合わせかな?カットに打って10ヤード落ちてくれればいいんですけどね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

 

i525の試打結果を詳しく見ていましょう。

G710アイアンとほぼ同等の飛距離があるi525アイアンですが、

G710だけではなく、G425アイアンよりも弾道が高いことが分かります。それは、3つの飛び系アイアンの中で打ち出し角度が高い事からです。

G425IRONのロフトより

i525アイアンの1度ロフトが立っているのにも関わらず

高いボールが出ているのは

C300鍛造マレージング鋼のフェースが撓んで打ち出し角を高くしているからです。

新溝の効果により、グリーン上においてボールを止めるために必要な距離は僅か8ヤードです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

果たして、i525アイアンはどれくらい飛ぶのか?

飛距離を強調しているi525アイアンですが、どれくらい飛ぶのか検証してみないといけません。

店長の感覚では、BLUEPRINT,i59,i210,G425,i500,G710の順で、飛距離差は3ヤード、3ヤード、5ヤード、5ヤード、5ヤードでした。

i500がi525に、置き換わるとどうなるのか検証してみました。

シャフトはN.S.PRO MODUS3 120(S)です。ヘッドのライ角(カラーコード)はオレンジです。シャフト長はBLUEPRINTを除くクラブは37インチ、BLUE PRINTは36.75インチです。

先ずは、下からi59アイアン、BLUEPRINT、i210アイアンです。

店長はi210を打つのがちょっと苦手なせいか、3つのクラブの飛距離は、ほぼ同じでした。1番コントロールできたクラブはi59です。

どのクラブもキャリーから5ヤードでボールが止まっています。

PINGが発表している資料では、BLUEPRINT、i59アイアンに比べてi210アイアンが飛ぶとしていますが、アベレージ以上のゴルファーではi59アイアンのほうが飛ぶことが多々あります。

次は飛び系G425アイアン、i525アイアン、G710アイアンです。

G425アイアン、i525アイアン、G710アイアンです。
飛距離的にはG425アイアンは上のi59アイアン、BLUEPRINT、i210アイアン群に比べて10ヤード飛距離が伸びています。

i525アイアン、G710アイアンはG425アイアンに比べて10ヤード飛距離が伸びていて、i59アイアン、BLUEPRINT、i210アイアン群と比べると20ヤード飛距離が出ています。

今回は取り急ぎデータを公開だけで、次には少し細かくデーターを見ていきます。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。