Simplifying Bounce(バウンスの簡素化)

今日はUS PINGの記事から「バウンスの簡素化」という記事を紹介します。この記事はウェッジ選びに大変参考になる記事です。いつものように店長の感想を加えながら紹介したいと思います。

最初に、ウェッジショットの評価にうまくバンスを使ったなどの表現があるが、それが具体的に定義されてはいない。この記事は効果的なバウンスと最適なソールデザイン(およびバウンスの量)を決定する方法を説明するとあります。

ソールと芝とスイング(アタックアングル)が複雑に絡みあうウェッジを単純化しようとしているようです。

実際のバウンスと有効なバウンス

上の図の2つのウェッジはの実際のバウンス角度(13°)は同じであるが、ソールの幅が異なるので、有効なバウンス数は左が8度に対して右は12と大きく異なります。

一般的にバンスが小さいと抜けがよく、バンスが大きいと抜けが悪いという印象がありますが、PINGでは、クラブが芝に十分にはいらない、もしくは深く入りすぎる結果としてミスになり、ターフを深くとるプレーヤーはバンスの多いウェッジ。スイープにスイングするプレーヤーはバンスの少ないウェッジで好結果を得ていると報告してくれています。

バンス角だけで、語られることが多いウェッジですが、ウェッジソールの形状には、前縁の角度だけではないと言っています。

上の図は、トウから見た2つのウェッジソールです。バウンス角度は同じですが、1つのウェッジのメインソールのセクションははるかに広くてソールの最下部はリーディングエッジからの距離は深いです。もう一つは、ソールの後ろの部分は、低いポイントの後で上昇し始め、最初の地面への影響には影響せず、実際には再生可能な幅の一部ではありません。

バンス角が同じだとしても、左側のウェッジは芝を簡単に切り抜け、右側のものはターフの取れすぎを防ぎます。

「効果的なバウンス」の仕組み

ここには、凄い事か書いてありますよ。

なんとウェッジのバンス表示もついて、 PINGを含むほとんどの企業は、測定されたバウンス角度を引用していません。バンスの表記は、科学用語というよりもコミュニケーションツールであると。しかし、この数値には実際の定義や基準がないため、ゴルフ会社の間で効果的なバウンス数には多くのばらつきがあります。たとえば、PINGの8°の効果的なバウンスウェッジは、おそらく他社の8°の効果的なバウンスウェッジとは大きく異なります。このため、より直感的で解釈の余地の少ない他の測定値が存在する可能性があると提案しています。

図1に戻ると、より目に見えて測定可能な属性は、主要なソールセクションの幅です。これは見やすく、クラブ間で測定および比較できます。ソールの幅は、ウェッジのソールデザインを完全に表現するものではありませんが、ゴルファーに比較に使用するためのより良い基準を提供します。

とPINGではソールの形状による分類を提案しています。どのようなパフォーマンスを発揮するソールなのかが角度よりも重要だと思います

ウェッジのソールを分類するには、バウンス角度とソール幅の両方を知る必要があります。当社のGlide Thin Sole 60°ウェッジは、実際には20°の測定バウンス角度を持っていますが、「有効バウンス」はわずか6°です。主な理由は、薄い1/2インチ幅のソールです。ウェッジソールを単一の数値で分類する場合、測定された幅は、有効なバウンス角度よりも直感的で比較可能な数値です。

単純に言えば、薄いソールは有効なバウンスが低いと同等になり、広いソールは有効なバウンスが高いと同等になります。

ゲームに合うソールを見つける

より良いゴルファーはバウンスを少なくし、ハンディキャップの高いプレーヤーはより多くのバウンスを必要とすると人々が言うのをよく耳にします。(フィッティングの現場においても大きいバウンスのウェッジを嫌がる傾向があります。)これは必ずしも本当ではありません。バンスをどのように選ぶかは、クラブのデリバリーと芝の状態に帰着します。ほとんどのプレーヤーは、アタンクアングルが-2°から-12°で、シャフトの前方傾斜が約4°から14°のハイロフトのウェッジを提供します。これは非常に広い範囲です。

図2(下)は、PINGの2人のエリートレベルのゴルファーが同じ薄いソールのウェッジを提供しているところを示しています。左側のプレーヤーは、クラブをかなりニュートラルで浅いアタックアングルで送ります。右側では、クラブは手がよく前方にあり、攻撃角度が急です。

The same wedge will perform differently for golfers with different swing dynamics

ゲームに合うソールを見つける

ウェッジを振る方法はたくさんあります。 私たちのツアープレーヤーの中でも、浅いものから急なものまでかなりの範囲があります。 スペクトルの両端をカバーする単一の設計を作成した場合、それをすべての人に最適化することはできませんでした。(一つのソール形状ではプレーヤー全体をかば出来るはずがないのか明らかです。)多くの場合、トッププレーヤーはコースの状況に応じてウェッジを変更します。(プロはウェッジを数試合で交換するという話はよく聞きますが、状況に応じて、ウェッジの形状を変えるということはまれにしか聞きませんね)

良い例は、エンジェルカブレラです。 彼はコース条件に応じて異なる週にシン、スタンダード、ワイドソールのそれぞれでPINGウェッジをプレーしました。 よりロフトされたウェッジで2つ以上の異なるオプションを使用して、ハードまたはソフトコースに切り替えることを検討する価値があるかもしれません。

私は常に人々にこれらの重要な採点クラブのPING認定フィッターを訪問するか、少なくとも可能な場合は実際の芝生で効果的なバウンスオプションをいくつかデモすることをお勧めします。

最終結論がフィッティングで最適なウェッジを見つけてくださいねというのは皆様も理解できる範囲であると思います。その前に一つのソールタイプで対応できるわけがないんだからたくさんウェッジを持ってくださいという結論を導き出しています。

実は店長も、余裕があれば、タイプの異なったウェッジを持つことは有効だと考えます。普段使っているGLIDE FORGEDはどちらかというと開いて使うタイプンのウェッジですがヒールリリーフを持つSSは店長にとってソフトなライからは使いやすいウェッジとなります。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

GLIDE 3.0の調整能力2

GLIDE 3.0の調整能力1のソールタイプに続いてライ角です。

PINGといえばライ角を選択できるということは、すでに皆さんご存じだと思います。店長はウェッジのライ角はアイアンセットより1カラーコードフラットをお勧めしています。シャフトが短くなる分、フェースがターンしやすいので、フラットにすることによりフェースターンを遅らせボールコントロールが容易になります。

PINGのGLIDE3.0のライ角の調整範囲は

と標準のブラックからアップライト5度、フラットに4度の調整範囲があることは特筆できることだと思います。

次に装着シャフトですが、

アイアン用カーボンシャフト
ALTA DISTANZA BLACK 40
ULT 240I J (L, A)
MCI 50 (R, S), 60 (R, S), 70 (R, S), 80 (R, S)
MCI 90 (R, S), 100 (S, X), 110 (S,X)
MCI 120 (S, X)
TOUR AD AD-55 (R, S)
AD-65 TYPE II (R, S)
AD-75 (R, S)
AD-85 (R, S)
AD-95 (S, X)

アイアン用スチールシャフト
AWT 2.0 LITE (R, SR, S)
AWT 2.0 WEDGE
Z-Z115 WEDGE
DYNAMIC GOLD (R300,S200, S300, S400, X100) プラス料金なし
NS PRO 950GH (R, S)
NS PRO 950GH NEO (R, S)
NS PRO MODUS 3 TOUR 105 (R, S, X)
NS PRO MODUS 3 TOUR 120 (R, S, X)
NS PRO ZELOS 6
NS PRO ZELOS 7 (R2, R, S)
FST KBS TOUR (R, S, X)
KBS TOUR 90 (R, S)
NS PRO 850GH (R, S)
NS PRO MODUS 3 SYSTEM 3 TOUR 125 (R, S, X)
NS PRO MODUS 3 TOUR 130 (R, S, X)
NS PRO ZELOS 8 (R, S)
DYNAMIC GOLD 95 (R300, S200),105 (R300, S200, X100), 120 (R300, S200, X100)
DYNAMIC GOLD EX TOUR ISSUE (S200, X100)
DYNAMIC GOLD AMT TOUR WHITE (R300, S200, X100)
DYNAMIC GOLD 95 VSS PRO (R300, S200) DYNAMIC GOLD 120 VSS (S200)
PROJECT X (5.0, 5.5, 6.0, 6.5) プラス 4,800
PROJECT X LZ (5.0, 5.5, 6.0, 6.5)

を装着することが可能です。これだけあれば、シャフトの95%くらいはカバーできると思います。

GLIDE3.0の調整能力3

 

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 

GLIDE 3.0の調整能力1

自分に合ったウェッジと出会うことはスコアメイクをするうえで非常に重要です。

先ずは自分に合ったソール選び

GLIDE3.0は4つのソールタイプを持ちます。

バンカーから楽に脱出可能なEYE2ソール

名器PING EYE2の形状を再現し、独自のオフセット/テーパーホーゼル/ソール/高いトゥが特徴的。バンカーから楽に脱出可能にするソールタイプ。

Eye2 Sole Grind

This grind matches founder Karsten Solheim’s original groundbreaking Eye2 SW sole and face profile, offering a narrow hosel transition and progressive lead edge for the ultimate in bunker performance and touch shots around the green.
このグラインドは、創設者であるKarsten Solheimのオリジナルの画期的なEye2 SWソールとフェースプロファイルにマッチし、狭いホーゼルトランジションとプログレッシブリーディングエッジを提供し、バンカーパフォーマンスとグリーン周辺のタッチショットの究極を実現します。(グーグル翻訳)
翻訳にあるように出っ歯なリーディングエッジが特徴です。フェースを開いて使用しても、ボールを拾ってくれるので翻訳に書いてあるようにタッチを出せるウェッジです。

ロフトバリエーションが豊富なSSソール

様々なライから対応可能な万人向けソール形状。46度~60度までラインナップし、幅広いニーズに対応。

Standard Sole (SS) Grind

This mid-bounce sole with heel relief will fit most golfers. Engineered for players with a moderate angle of attack. Provides exceptional performance in a variety of turf and sand conditions.
ヒールリリーフ付きのこのミッドバウンスソールは、ほとんどのゴルファーにフィットします。 適度な迎え角のプレイヤー向けに設計されています。 さまざまな芝生や砂ソールで州で卓越したパフォーマンスを発揮します。
USはヒールリリーフについて記述してあります。ヒール側にあるバンスをさすようなんですが、ウェッジを開らかずスクエアーで使用するタイプのゴルファー向きです。日本語の説明からバッサリ、ヒールリリーフがなくなっていますが、これについての推測はTSソールで

寛容性に優れたWSソール

トゥ側とソール中央部が広い設計で、寛容性に優れたソール形状。急激な入射角、もしくはソフトな地面から打つ際に適したソールタイプ。

Wide Sole (WS) Grind

The most forgiving sole through the ground as it is round and cambered with significant bounce. Recommended if you have a steep angle of attack and you typically play in soft turf and sand conditions.
丸みを帯びており、かなりのバウンスで反っているので、地面を通る最も寛容なソール。 迎え角が急で、通常は柔らかい芝や砂のコンディションでプレーする場合にお勧めします。
翻訳にあるように全体的に丸みがありますので、平面で設置するイメージがありますが、幅広いソールのどこかのバンスが機能するタイプのウェッジで、抜けのじゃまをしないウェッジです。

ツアープロの要望から生まれたTSソール

最もソール幅が狭く、ヒールリリーフが大きく、バウンスが少ないことで精密なショットを可能にするソール形状。緩やかな入射角、もしくは硬い地面から打つ際に適したソールタイプ。

Thin Sole (TS) Grind

The thin-sole grind facilitates precise shot-making and versatility from tight lies. Features extreme heel relief with a PING WRX-inspired bounce grind, making it ideal for firm conditions and a shallow angle of attack.
薄いソールのグラインドは、タイトなライからの正確なショットメイキングと汎用性を促進します。 PING WRXにインスパイアされたバウンスグラインドにより、ヒールを極限までリリーフし、しっかりとしたコンディションと浅い迎え角に最適です。
となりますが、Features extreme heel reliefだけを翻訳しますと「極端なヒールリリーフが特徴」となります。なにが極端なのかといいますとほとんどヒール側のバンスがないウェッジなので
「極端なヒールリーフのPING WRXにインスパイアされたバウンスグラインドにより、硬い地面のコンディション、シャロ―な入射角を持つプレーヤーに最適です。となるとおもいます。つまりここでJAPANお説明が極端なではなく大きなとしたために本来ヒールリリーフを強調しなければならないSSでの説明が抜け落とさないと整合性が取れなくなったんだと思います。
簡単にまとめると、
グリーン周りの様々なライに対してクラブがプレーヤーを助けるEYE2。
テクニックを駆使するのではなくグリーン周りをシンプルに攻めるSS。
深くクラブが入ってしまうプレーヤーにWS。
ウェッジを大きく開いてボールを操るTS。
となります。これだけのソールタイプがあるとほぼすべてのプレーヤーに対応できますし、なんといってもEYE2があるのが大きいですね。
左から、SS、EYE2、TS、WSです。
写真からSSだけヒール側のバンスがあののが分かると思います。
GLIDE3.0 の調整能力2へ続きます。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

ヒールリリーフに助けられ

図のようなアプローチするとリーディングエッジがささってしまうようなライからどうやって打ちますか?

なかなか嫌なライです。ボールをできるだけソフトランディングさせたい場合は、余計に難しいですね。店長の場合はフェースをオープンにして、クラブヘッドが突っかからないように打ちますが(ちょっと距離感が難しい)、意外と多いのがいや多くの人はこういうライでもスクエアーにセットします。

その場合、

赤の部分のバンスがないと、芝に突っかかります。
先日、ウェッジフィッティングはフェースが開かない人、アプローチマットを2枚ずらして家のイラストのような状況を作り、アプローチしてもらうと納得されました。

うーん、このフィッティングはまさにヒールリリーフに助けられました~。

えっ、ヒールリリーフがないウェッジだけを持っている人はどうするのか?セットの流れでPINGでいうところのUWを持っている人はこれを使う、もしくはPWのロフトを多くするように構えて打てば代用できます。

ロフトのあるウェッジほどふわっと行きませんのであしからず。

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

 

Wedge of the Year by @MyGolfSpy for 2019. から その3

Wedge of the Year by @MyGolfSpy for 2019. から その2の続きです。

ロフトバリエーションが豊富なSSソール

様々なライから対応可能な万人向けソール形状。46度~60度までラインナップし、幅広いニーズに対応。
というジャパンに対してUSは
標準ソール(SS)グラインド
ヒールリリーフを備えたこのミッドバウンスソールは、ほとんどのゴルファーにフィットします。 中程度の迎え角を持つプレイヤー向けに設計されています。 さまざまな芝や砂の状況で優れた性能を発揮します。
Standard Sole (SS) Grind
This mid-bounce sole with heel relief will fit most golfers. Engineered for players with a moderate angle of attack. Provides exceptional performance in a variety of turf and sand conditions.
なんのこっちゃ、ヒールリリーフって?
ヒールのバンスがしっかりあるタイプのソールで、バンスがあることによって、過度なフェースターンを抑えてくれ、フェース面をコンロロースしやすくなるんだと思います。結構重要なポイントだと思いますよ。ハンドダウンで打つ傾向がある人には向いていると思います。

寛容性に優れたWSソール

トゥ側とソール中央部が広い設計で、寛容性に優れたソール形状。急激な入射角、もしくはソフトな地面から打つ際に適したソールタイプ。
USは
ワイドソール(WS)グラインド
丸みがあり、かなりのバウンドで反り返っているので、地面を通る最も寛容なソール。 急な迎え角があり、通常は柔らかい芝や砂の状態でプレーする場合にお勧めします。
Wide Sole (WS) Grind
The most forgiving sole through the ground as it is round and cambered with significant bounce. Recommended if you have a steep angle of attack and you typically play in soft turf and sand conditions.
これは大丈夫そうです。

ツアープロの要望から生まれたTSソール

最もソール幅が狭く、ヒールリリーフが大きく、バウンスが少ないことで精密なショットを可能にするソール形状。緩やかな入射角、もしくは硬い地面から打つ際に適したソールタイプ。
USはこうです。
薄いソール(TS)グラインド
薄いソールのグラインドは、正確なショット作成とタイトな嘘からの汎用性を促進します。 PING WRXにインスパイアされたバウンスグラインドを備えた極端なヒールリリーフが特徴で、しっかりしたコンディションと浅い迎え角に最適です。
The thin-sole grind facilitates precise shot-making and versatility from tight lies. Features extreme heel relief with a PING WRX-inspired bounce grind, making it ideal for firm conditions and a shallow angle of attack.
突っ込みどころは、先ずはグーグルから「タイトな嘘」最初、何のことかわかりませんでしたよ。「タイトなライ」からですね。日本で説明するとツアープロの要望という方が簡単なのかもしれませんが、PING WRXをしっかり出した方がいいと思うんですが。

番手別溝設計

46度~52度においては、フルショットに適した溝を採用。飛距離とスピン性能を最適化。
USは
フルショット
ロフトロフトウェッジの溝(46°、50°、52°)は、最適なフルショット性能のために、20°の側壁と.005 “のエッジ半径でフライス加工されています。
The grooves in the lower-lofted wedges (46°, 50° & 52°) are milled with a 20° sidewall and a .005″ edge radius for optimal full-shot performance.
どうしても工学系な店長なので、理由が書いていないのは、全然わからないんです。

グリーン周りから激スピン

54度~60度においては、溝が1本増える事で、グリーン周りのあらゆる状況においてもしっかりと止まるショットを実現。(前作比)
緑の周り
よりロフトの高いバージョン(54°、56°、58°および60°)は、特にグリーンの周りでより多くのスピンを与えるために、28°の側壁で.004 “のエッジ半径にフライス加工されています。
The Glide 3.0 wedge’s grip and shaft are lighter, contributing to an overall weight reduction for the entire club. The Dyla-wedge Lite grip is ¾-inch longer than a traditional grip with reduced taper, allowing you to choke down for more versatility and trajectory control. The PING Z-Z115 wedge shaft is made by Nippon and custom engineered with a lower balance point closer to the tip to provide lower launch with more control and enhanced feel.
こう書くと、より小さな半径のエッジがあるのでスピンが得られるとわかります。

ウェッジ専用ラウンドグリップ

通常のグリップより3/4インチ長い、ウェッジ専用のラウンドグリップ。テーパー具合が少なくなっており、短く握った際にも弾道コントロールと操作性に優れた設計。重心位置もよりヘッド寄りとなり、低い打ち出しと抜群のヘッドコントロールを生み出します。
USは
より軽く、より制御
Glide 3.0のウェッジのグリップとシャフトは軽量で、クラブ全体の全体的な軽量化に貢献しています。 Dyla-wedge Liteグリップは、テーパーが低減された従来のグリップよりも¾インチ長く、多用途性と弾道制御のために絞ることができます。 PING Z-Z115ウェッジシャフトは、日本製で、先端に近い低バランスポイントでカスタムエンジニアリングされており、より低い打ち上げとより優れたコントロールと強化された感触を提供します。
The Glide 3.0 wedge’s grip and shaft are lighter, contributing to an overall weight reduction for the entire club. The Dyla-wedge Lite grip is ¾-inch longer than a traditional grip with reduced taper, allowing you to choke down for more versatility and trajectory control. The PING Z-Z115 wedge shaft is made by Nippon and custom engineered with a lower balance point closer to the tip to provide lower launch with more control and enhanced feel.
この出日本製を打ち出されると、アメリカの通信販売のカタログで使用しているファスナーが「YKK」さんであることを強調してることを思い出しました。世界的には制度が高い素晴らしい日本のシャフトであることがアピールポイントです。
クラブの重心位置が先端側にあると、ダウンスイングにおいて為が作られやすく、クラブヘッドが遅れてはいるので打ち出し角が低く、コントロールできるからですね。
3回にわたって、GLIDE3.0ウェッジについて書きましたが、スタジヲには、試打クラブがありますのでぜひうち比べてください。

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

中東は緊張しております。

敵対関係は元が近いほど敵対するというセオリー通りの中東情勢ではございますが、ゴルフでもその状況が起きているようです。

「Sergio Garcia spotted with Ping clubs in the bag in Abu Dhabi」ゴルフライターのこせきよういち氏のつぶやきから知りました。

いやいやウェッジどころではありません。

BLUEPRINTと入っているではありませんか?

確認できるのは

  • BULEPRINT #3~PW
  • GLIDE3.0 54SS 58TS

です。FWのSIMのヘッドカバーも見えているので、単なるパフォーマンスなのかもしれませんが、世界中のゴルフフリークはPINGからもっと遠いイメージのガルシアの行動にびっくりしているでしょうね。

ガルシアはスペインですので、ヒメネスおじさんが使ってみなよって言ったのかもしれませんね。

ガルシアからPINGに連絡があってそうなっているということらしいですが、G410ドライバーも使用しているみたいです。

 

 

MYGOLFSPY 2019 MOST WANTED WEDGEから

MYGOLFSPY 2019 MOST WANTED WEDGEで、PING GLIDE 3.0 EYE2がBEST IN WET CONDITIONSに選ばれています。

その根拠となったデータが公開されています。

2019 MOST WANTED WEDGE WET VS. DRY DATA

GLIDE3.0とGLIDE3.0 ETE2がWET SPINで1位、2位となっています。しかも、ドライコンディションとの差が小さいですね。

ドライコンディションでも、ウェットコンディションでも、同じようにショットができる。これは非常に重要な要素だと思います。

ウェッジ以外は大人気となっていて、いまいち、人気の無いウェッジですが、スコアマイクにおいては重要なポイントを抑えているようですよ。

スタジオには試打用のウェッジがそろっていますのでぜひ試打に来てください。

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

 

GLIDE 3.0 EYE2

一旦、カタログから消えたEYE2ですが

兼ねてからの懸案であったスイングウェイトの調整が可能になり戻ってきました。コースで何回か使っているのですが、これまでのEYE2と違うものを感じます。元々、フェースのボールがのるフィーリングがあるクラブだったんですが、GLIDE3.0 EYE2では、ボールがのる時間がより長く感じます。

よく、このクラブヘッドを観察すると、バックフェースがこれまでとちょっと違うことに気づきました。そのキャビティ部分とその周辺の形状から、開発の考えていることが見えてきます。

気づいた箇所はトゥ部分のキャビティでは少なくなっている「PING」の文字が斜めになっている部分です。この部分にかなりウェイトあります。

EYE2 XG は大きなウェイトがあるとは思えません。

次にソール部分を見てください。EYE2 XGは シンメトリー(左右対称)となっていますが、GLIDE3.0 EYE2は、トゥ側に偏っているアシンメトリーになってます。それにプラスして、キャビティがヒールまで伸びていてヒールの重量が削られています。

ということは、相当、重心距離が長くなっていることが想像できます。

トゥ上部のボールがフェィスの先っぽに当たるトウヒットに、強いウェッジと言えるのではないでしょか。

続きます。

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

GLIDE 3.0 は 一本追加

新たに溝が1本追加!

ウェッジとして求められるスピン性能を実現するために、リーディングエッジ近くに溝を1本追加しました。どんな状況からでもしっかりとスピンが掛かり、グリーンを狙えます。全モデル(54~60度)に搭載。

この溝はGLIDE2.0ステルスで採用された技術です。

ギア効果により、なるべくフェースの下部でボールにコンタクトすると、スピン量が多く安定します。安定したスピンを得るためにはリーディングエッジの少し上にボールをヒットさせるんですが、この部分に溝があると、安定したスピンが期待できます。

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

EYE2が帰ってきた。

EYE2GorgeWedgeが販売終了となり本当に寂しい限りでしたが、

新しい形で復活することになりました。

GLIDE3.0 EYE2 SOLEです。

やっと、これについてお話しすることが出来るようになりました。既に所属コースの練習場で試打を済ましております。使い慣れている形状ですので、色々なショットを試しました。

全くEYE2Gorgeと変わらない、いや、それ以上のパフォーマンスです。特にスピン性能が上がっています。しっかりフェースに乗り、ボールが歯車のようになって、溝によってスピンが作られるイメージです。

EYE2は以前、ラフからでもしっかりスピンかかり、溝の形状が問題とされましたが、店長は溝よりもスピン量に貢献している要素は、慣性モーメントが大きいことによるものとだと思っています。

GLIDE3.0となり、スイングウエイトをカスタムできるようになったことと、ロフト設定が54、56、58、60と2度刻みとなり、希望ロフトに対してバンスが大きく変化することなったことは朗報です。

PINGクラブのお求めは

をお願いします。