実質的には、日本オープン発のアマチュア優勝!

まずは、蝉川泰果選手優勝おめでとうございます。

G430 ドライバー LSTが勝利に貢献しました。

95年ぶりと報道されていますが、95年前はアマチュアの方が、職業ゴルファーに教えていた時代ですので、当然アマチュアが勝つ時代だったんですね。

プロが勝ち続けるようになってからは、ずっとそれが逆転したままなので、初のアマチュア優勝といってもいいと思います。

それにしても、曲がらないということは試合では大きなアドバンテージであることが蝉川選手によって証明されたということで、

https://twitter.com/PingTour/status/1581729198174969856?s=20&t=4vvpE6iyX7JrQ1km9P6nfQ

日本男子ツアー、2週連続となります。

フェースをある程度コントロールできる選手にとっては、慣性モーメントが大きいということは大きなメリットとなります。

 

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

言っておきますが、誰もがLSTが合うということはありません。できればフィッティングをして、選択してほしいと思います。

今シーズンはあまりラウンドの機会がない店長ですが、新製品が発表されていますので、試打をして自分で感じるフィーリングを確かめでいるんですが、振る力Sではありませんよ、が衰えすぎており、重いシャフトが降れません。最近はN.S.850GHneo(R)← を使わないとと思っていたんですが、TOUR20CHROMEを試しているんですが、

ふとカウンターバランスの方が早く振れるよなと思いALTA JCB BLACK(S)を試してみたんです。

前作のALTA JCB SLATEと違いALTA JCB BLACKのSシャフトは74グラムもあり、TOUR2.0CHROMEを3グラムしか変わらず。TOUR2.0CHROMEの中元に対してALTA JCB BLACKのキックポイントは中調子でカウンターバランスなので、シャープに振るんだったらALTA JCB BLACKの方かもしれないと思い、振ってみると大正解。店長のヘッドスピードではフェースの向きも安定していました。もう80グラムのシャフトを通り過ぎて一気に70g台のシャフトを使わないといけないようですね。