G425MAXドライバー実証実験1

G425MAXドライバーですが、ネットでも突然捕まりすぎるとか、お客様からの情報でコースで同伴競技者が持っておられたので借りて打ってみると、やっぱり左に行きやすい感じがするとか、飛んでいるんだけど、という声が聞こえてきますが、全くそういうことを言わない方もいます。安定した軌道でクラブを振る人はもんだがないが、安定して飛んでいますが、ダウンスイングでのタメが大きく一気にクラブを走らせるタイプはどうもこの問題に直面しているようです。

これまでで一番の慣性モーメントゆえに、大きい加減速に対応してゴルファーの意図しない動き動きが発生しているのは、これまでの考察の通りだと思います。

間違えてはいけないのは、スムーズにスイングする人は、単に大きい慣性モーメントの恩恵を受けているのです。

そこで、しっかりタメを作るスイングで、クラブヘッドを支配下に置くことが出来るシャフトはどんなシャフトか探すことにしました。

探す方法はG425MAXに店長が装着して打ってみるという方法、シャフトが沢山あるので弾道を測定せずに感触だけでとりあえず選び出してみました。

スタジオにあるシャフトでなんとか行けそうとなったのは、

KUOKAGEはコースでも打っているので問題はなし、EVO7 の569Sはコントロールできませんでしたが661は下馬評通りの実力を発揮しました。同じシリーズでも重量帯フレックスによって強度が違いますので、569Xがスタジヲに来ましたら報告いたします。

G410LSTではなぜかコントロールしきれなかったハドラススマッシュがなぜかランクイン、TENSEIは50S,60Sはつかえる感じがしませんでしたので、その流れで70Sは期待はしていませんでしたが、かなりいけますカウンターバランスなので重さもぎりぎり大丈夫そうです。

TOURは65Sは負けてしまいますが、65Xならヘッドの動きを制御します。

VENTUS 5Sは5Sなので大丈夫かなと思いましたが、レフトキラーの評判通りでした。

EVO6 569Sはたたけるシャフトの評判通りハンドファーストに入りますので左へ飛ぶ感覚は少なかったです。

ATTAS115SのティップはG425MAXに負けますが6Sは受け止めます。

各シャフトのキャッチフレーズは

  • KUROKAGE XD 60S(形状記憶合金チタンニッケルがティップを強化)
  • SPEEDER 661 EVO7S(70t平織りのカーボンシートマルチフーププライ積層設計)
  • Hardolass SMASH 5S(ナノグラステクノロジーがシャフトの微細な挙動を抑制)
  • TENSEI CK PRO ORINGE 70S(バットにタングステンプリプレグシートを配置し最適重量配分設計、炭素繊維と高強度で衝撃安定性に優れるケブラー繊維のハイブリッドクロスが功を奏するのか)
  • TOUR173-65 X(言わずと知れた何もしない→いや、なにも何もさせない)
  • VENTUS 5S(マルチバイアスがねじれを抑える)
  • SPEEDER 569 EVO S(70t平織りのカーボンシートマルチフーププライ積層設計)
  • ATTAS 11 6S(先端部の曲げ剛性を高めた新HTTテクノロジー)

と何らかの方法で大型ヘッドの動きに負けないことを目標にしています。

2回戦はレンジで打ってみて、どのような弾道になるのかやってみたいと思います。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 

 

 

G425MAXドライバー考察4

G425MAXドライバーの考察シリーズの第4弾、前回は道草となりましが話を戻します。G425MAXドライバー考察2ではスイングを上から見た図で考察いたしましたが、スイングプレーンは水平ではなく、傾いています。ということになれば、正面から見た力も考慮しないといけません。

正面から見た図では、通常は遠心力によってロフトが増えるように、力がかかります。

横道にまたまたそれますが、ボールがなかなか上がってくれないという人は、ヘッドを走らせたいためにデリバリーゾーンにおいてヘッドを目標方向に走らせようと力をかけます。ヘッドがすぐ反応してくれるのであればいいのですが多くの場合は

シャフトのしなりが発生するので、クラブが自然にロフトが多くなるような動きを打ち消します。

話を戻しますが、G425MAXはヘッド重量の約14%がヘッド最後部についていますのでロフトが多くなる度合いが大きく、G400MAXに比べ高い弾道となります。

店長の場合ですが、G400MAXは9度のヘッドをスモール+で使用しますが、G425MAXではノーマルなのかなと思いますが、ノーマルで使うともしかしたらフォローの状況ではドロップするかもしれません。フェードの球筋にしてスピン量を増やして対応になるのか、そのまま打てるのか微妙です。スモール+でもスピン量を減らしたヘッドなので大丈夫かもしれませんが、この高さに慣れていないので今はそう感じます。

このロフトが増えるように働く力ですが徐々に増えるのであれば違和感がないと思います多くの人はロフトが増える恩恵だけを受けると思います。

しかし、中にはぎりぎりまでリリースを遅らせて一気にヘッドを走らせようとするゴルファーもいます。

こんな感じです、クラブヘッドが急激に方向を変えるので、一気に大きな力が加わり、コントロールを失います。近頃、ハンドファースト、ハンドファーストと叫ばれます。低いボールが出る。力強いボールが出るのはもちろんですが、ハンドファーストによって一番得られるものはヘッドを支配下に置くことが出来るからなんです。手元が先行した後を追うようにクラブは動くんです。(もちろんシャフト分を考慮しないといけません。)店長のようにぎりぎりハンドファーストで打つことが出来る人間はインパクトちょうど手前でこの現象が発生し、クラブの支配権を失い、ボールがあらぬ方向に飛んでいく事になるんです。

上から見た図はこんな感じです。ネットでのコメントを見ると強烈なフックがというものが散見されます。それはこのような理由だと思います。しっかりハンドファーストを保ちヘッドを支配下に置くことが出来ればG425MAXの恩恵を受けることが出来るのではないかと思います。

それならばG425MAXではなくて、G425LSTを使えよ!といことになるんですが、どう振っても真っ直ぐ飛ぶということは魅力ですので、GV425MAXでなんとかしたいという声は大きいと思います。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 

 

G425MAXドライバー 考察2

「G425MAXドライバー 考察1」でG425ドライバーを手中に収めたことを記事にしました。どのようにして手中に収めたのかを書いていきますが、先ずはG425シリーズの重心位置とその役割について書いていきます。

一般的に重心深度があさいクラブは操作性がいいと言われますが、その理由はスイング中にクラブによって発生するフェースを動かそうとする力が弱く、スイングする側が、クラブを動かそうとすることに対して大きく影響を及ぼさないということになります。

スイングを上から見た簡単な図です。左のG425LSTはヘッド後方のウェイトの重量もがなく重心深度が浅くなっていますそのためフェース面と重心位置が近くクラブがリリースされデリバリーゾーンに入ってきたときに、ヘッドをターンさせようとするトルクは弱いものとなります。(遠心力によって重心位置が外に引っ張られる

一方、G425MAXは約28グラム(≒1oz:釣りをする人はオンスが分かりやすと思います。相当重いシンカーです。)、つまりはヘッド重量の14%の重量がヘッドの一番後方についているので必然的に重心深度が大きくなり、フェース面と重心位置は離れるのでヘッドをターンさせようとするトルクは大きくなります。

ヘッドでターンする力が大きいのであればG425SFTはもっと重いウェートをヘッドの一番後方につければいいじゃないかということになりますが、ヘッドをた―させる力は、ヘッドから発生する力だけではなく、スイングする人も発生させています。その場合シャフトの軸線からの距離が短いほどターンさせやすく、長いほどターンさせにくいものとなります。

G425SFTは

ウェイトの位置がネックに近づいた位置にあります。

多くのスライサーはスイングで発生させるターンする力が少なくヘッドターンが間に合わずフェースが開いた状態もしくはそれが原因でアウトサイドからのクラブ軌道になるのでスライスとなりますが、

上記のウェイト位置にすることで、重心位置はシャフトの軸線に近づき軸周りの慣性モーメントが少なくなり、ヘッドターンが容易になっています。

いろいろな方向の力が組み合わさって、ヘッド性能を引き出していくのですが、簡単に割り出せるものではありません。割り出せたとしても割り出した位置にその重量を配置できるか、配置したい分の重量を配置できるかがありますので、その開発さ想像を絶するものがあり、売り上げに対して多くの開発予算をかけるPINGで、製品のモデルチェンジの周期が1年半という比較的長い周期でもG410においてMAXを開発できないことからも想像できます。

その重心位置の設計の自由度を高めるために

ドラゴンフライテクノロジーによってクラウン部の重量を減らす努力をしています。G410とG425のクラウンを親指で押してその薄さを感じ取ってもらうことをしているんですが、G425ではかすかにたわむような感覚があります。このように単に設計だけで実現するのではなく、高度な設計に理念を実現するために製造技術を磨き上げるということは、ほぼすべての技術を社内で行っているPINGならではということに他ならないと思います。

ここで終わりますと慣性モーメントが大きいのにターンするのという異なるのですが、それは次回に。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 

G425MAXの分かってきたこと

今度のG425MAXは基本的にはつかまるんです。ときたまフェースがが開いてプッシュアウトします。

気になるウェイトの重量は

G425G410wt
左G425 右G410

外してみるとG425MAX 23グラム ,G410Plus 14グラムと大きく違います。

G400MAXのウェイトの重さはそれよりも少し軽い重量だったように思います。これまでの2倍という記事は見つけることが出来たんですが、具体的な数字はわかりませんでした。

G400MAXとG425MAXを上から撮影してみると

g400maxvsG425max
上:G400MAX、下:G425MAX
上から見ると後方にボディが伸びていることが分かります。
jyusinnkaku
G400MAX、G425MAX重心角

G425MAXの方が重心角が大きそうです。これはつかまる要素です。

ヘッドスペックは

に対してG425MAXはこうなります。

0.5度アップライトとなりっています。

G425MAXの試打レポートを読んでいると時折でるフック、つかまりすぎるという原因はおそらくこれです。ノーマルポジションではつかまりバイアスがかかっています。

あたりが悪くてもコースでは飛んでいるんですから、G425にG400MAXの安定性がちゃんと発揮されると、大変な武器になります。

そこでカチャ、カチャやってみました。

読者の皆様なら、一か月前に書いた「左からの解放」というジェーソンの記事の紹介記事を覚えていると思います。

そうです。フラットにすれは、左から解放される!

この表を参考に、フラットに変更です。

フラットスタンダードでは、「右の束縛」が待っていました。

ウェイトをドローポジションにすると、右から少し解放されました。

ランチアングルが少し欲しいのとあと少しつかまりを良くしたいので、フラットプラスに、ライ角もフラットスタンダードに比べて0.5度アップライトになるので一石二鳥です。

結果は右に出た球はドローになり、左に出た球はフェードになるという、店長の場合のG400MAX最高球筋が現れてきたではないですか!

スライドショーには JavaScript が必要です。

ウヤムヤだった、G425MAXですが、一気に輝き始めました。

G425SFTがつかまりサイドに大きくポジションチェンジした穴を埋めるように、G425MAXも少しつかまりサイドにポジションチェンジしているのではと感じた店長でございます。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。