G425進化論2

G425進化論のではG410Plusの後継がG425MAXではなくて、G410Plusの後継はG425LSTであるというお話をしました。

G400以降の歴代ドライバーのカバー範囲のポジションを図にしました。

G410Plusは直進性を謳っています。つまりはG400STDに比べ、G400MAX寄りにポジション変化しました。しかしそれはG400MAX の役割を果たすわけではなかったと思います。言い換えればつかまるLSTだった訳です。

それでもって、今回のG425LSTは前作のG410LSTよりつかまる設計となっています。つまりはG410Plusのポジションに近づいているわけです。

G425SFTは大きく捕まる設計となっています。G425MAXはその空いたポジションを埋めるためか、G400MAXに比べると少し捕まります。

TOUR REPのKenton Oatesはこのようなことから

このように言っているわけで、店長はG425シリーズは全体的に慣性モーメントがおおきくなっていて、調整範囲がひろがったので、

このように思っています、これは多分ではありますがKenton Oatesの描いているイメージとおおむね同じではないかと思っております。

G410ユーザーはG425MAXよりもG425LSTで、少し捕まるような調整が必要であると考えることができるのです。

今回の目玉はG425MAXが登場しただけではなく、G425SFTが大きく捕まることになったのをうけ、フィッティングで青の空いたポジションを埋めるように調整範囲を拡げ、全体的をカバーできるようにタインナップしたといえると思います。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 

G425進化論

ネット等でG400シリーズがどのように進化したのかということがちょっとした話題になっておりますがPING GOLF JAPANでは

このような感じになっております。

ネットでは、MAXとPLUSは違う路線であって、PLUSがなくなったみたいなコメントが目立ちます。

それが先週からG425シリーズが解禁となったUS のTOUR REPはどう感じているのかというと

こう感じているようなんです。「GOLF WRX」にPING TOUR REPの

Kenton Oatesがインタビューに答えているんで紹介します。

KO: Players right away loved the clean rich look of the G425 Max and LST drivers. The biggest takeaway is how forgiving these drivers are with zero sacrifices to playability or speed. Ping drivers have long been known for their stability, and the G425 takes that baton and keeps running. The coolest thing we noticed was how easy it was to control and optimize the launch and spin of the bigger super stable G425 Max and how straight the smaller, sleeker low spinning G425 flew. We will see more G425 LST in play due to its extreme forgiveness in a lower spinning package—felt like you could give a player G410 Plus forgiveness with G410 LST launch conditions.

KO:プレイヤーはすぐにG425MaxとLSTドライバーのすっきりとしたリッチな外観を気に入りました。最大のポイントは、これらのドライバーがプレイアビリティやスピードを犠牲にすることなく、どれほど寛容であるかということです。 Pingドライバーはその安定性で長い間知られており、G425はそのバトンを取り、実行を続けます。私たちが気付いた最もクールなことは、より大きな超安定G425 Maxの打ち上げとスピンを制御および最適化することがいかに簡単であるか、そしてより小さく、より滑らかな低スピンG425がどれほどまっすぐ飛んだかでした。より低い回転パッケージでの極端な寛容性により、より多くのG425 LSTがプレイされます。これは、G410LSTの起動条件でプレーヤーにG410Plusの寛容性を与えることができるように感じられます。

どうですが?もちろんこれはPINGの公式なアナウンス出ないことは十分承知していますが、世界一のツアーでしか通用しないことかもしれません。

ただ店長もセッティングを出せば、そうなるだけではなく、

G400MAXからG425MAXへの進化のうち一定数G425LSTも存在するのではないかと思います

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 

 

G425シリーズがPGAに登場します。

先週、ヨーロッパツアーのBMW CHAMPION SHIPでPRO、ティレル・ハットンがG425DriverとG425FWをバッグに入れて優勝しましたことはすでにお伝えした通りです。

今年のPRO、ティレル・ハットンの主戦場はPGA TOURですので、すでにPGAのPROには配布されていて、まだ使用していないと考えるのが自然です。PGATOURでは統制がしかれ、使用できなかったが日本ツアーなどでは使えましたので、PGAツアーではない、ヨーロッパツアーでは使うことが出来たんじゃないかと推測します。

店長なんかは来年のPGAショーに合わせて発表し、例年通りハワイで使用が始まるのか?その前にマスターズがあるのでマスターズなのかと思っていたんですが、

GOLF WRXによると今週から登場するみたいです。

どうも今週からのようです。USの他のゴルフメディアでも

このように伝えていますので間違いなさそうです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

小関洋一さんがハットンを記事にしています。

もしかしたら、こちらの記事の方が興味のある方が多いのかもしれません。

US OPENから?

PINGの新製品は3月と9月が定番です。その発表は3月の場合、ソニーオープンでプロが使い始める。9月の場合はUSオープンで使い始めるというパターンになっていましたが。

今年はコロナの影響でこのパターンが崩れました。G425シリーズの欧米においての発売は来年年明けからと聞いていましたので、US OPENから使い始めるのかな?と思っていましたが、いろいろチェックしていますがまだのようです。

それだけ、コロナの影響が欧米では大きいのかなと思っていますが、本当のところはどうなんでしょうか?

PING PROには

https://twitter.com/coreconn/status/1306231167012794370?s=20

https://twitter.com/bubbawatson/status/1306233205566009346?s=20

スポーツコレクションが配布されているようです。

今大会はジェーソンと金谷君を応援しますよ!

多分、US OPENでは

見ることがなさそうです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

ランチモニター

G425シリーズが発売。、試打解禁となり、当店においても試打が始まっています。いっぺんに事が押し寄せ、ツアーチャンピオンシップどころではなくなっています。

ベイウエストさんにて第1回目の試打会を日曜日に行いましたが、皆様の反応はいいですね。

以前であれば、他社と比べてのコメントが多いのがPINGでしたが、G425ではG410と比べていいねという、全モデルとの比較コメントが多く、PINGも随分浸透してきたことを北陸の地でも感じます。

その中で、店長はG425MAXを手懐けていません。球筋が作れないでいます。いい当たりは右へすっぽ抜け、真っ直ぐ飛んだのはあまり力強いボールではありません。

しかしながら、あたりが悪いけど飛んでいるねと言われ、確かにボールは飛んでいます。

実は、店長。ランチモニターと相性がよくありません。そこそこの感触では、モニターに映し出される弾道はチーピンのような6.5くらいの(7にならない)弾道です。そこで、実際にラウンドして弾道を確かめるんです。

本日のお客様お二人も、そのタイプ。ランチモニターの結果はよくありません。向きになって打つとスイングに影響するので、コースでの試打をお願いしました。店長も含めて低スピン、ドロー回転の結果が少しどころが、結構悪い結果が出ます。

CG2だけではなくトラックマンもそのような結果になるとお一方はおしゃっておられました。

あと、ついでにショートウッドのショートレングス化の実験も行っています。実際にG425MAX7番をコースにもっていき、使ってみましたが、打ち上げ210をバーディチャンス。お約束通りパーで終わりましたが、かなり戦闘力が高いクラブです。

今度はG425 MAX9番を使ってきてみます。これはツアープロだけにやらしておくのは完全にもったいないですね。店長の感覚では高弾道ハイブリッド、ハイブリッドよりもフェースが薄いのでタフからの抜けは申し分ありません。

ざっと近況をご報告しましたが、本日はこの辺りで…….

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

G425ドライバー その2

今回のモデルチェンジでの目玉は何といってもMAXの復活で、PING G425ドライバーは、安定のMAX、ロースピンのLST、つかまりのSFTという特徴がはっきりしました。

G400MAXにおいても、ほぼ限界のMOIを達成していたようで、G410では発表できなかったようです。それを可能にしたテクノロジーは

 

高比重ウェイトの採用と

ドラゴン・フライ。クラウン・テクノロジーでクラウン部分の厚さを極薄にして、MOI向上のための重量を確保できたことになります。
ドラゴン・フライ。クラウン・テクノロジーはインパクトロフトを増やす効果もあり、低ロフトで高打ち出し低スピンを生み出す効果をも生み出しました。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

G425ドライバー その1

ようやく、書くことが出来るようになりました。

欧米に先駆けて、東アジアで発売です。日本のPINGPROは使い始めたプレーヤがもういることは読者の方はもうご存じだと思います。欧米のプロは10月?っていう噂が聞こえます。

ほぼリークもなく、情報統制は見事でございます。ただ、コンフォーミングリストに掲載された時点で、ちゃんと発表されないと、飛躍した予想が出てきたりするので、それが大きく間違って(わざと?)しまうとこれまた問題です。

今回のへっとタイプは

MAX
LST
SFT

の3種類、皆様が待望したG410MAXはG400MAXを超える慣性モーメントを達成できなかったので、STDからPLUS昇格となったようです。

今回のG425では、

G400MAXのMOIを1%も超えたのでMAXの称号が与えられた言うことになるかと思います。
1%も超えたと書きましたが、バカにしているのではなく。それほど、ドライバーとしての機能を最大限に保ちながら、MOIの最大値をこすのが難しいということを称賛しているのです。

G400MAXの正確性を超えていて、飛ぶのであれば、これに飛びつけばいいのですが、これがまたG425LSTのスピンコントロールが飛躍的に向上していて、店長にとって明らかにアンダースペックのALTA J CB SLATE(SR)でも飛んでいましたので、長いコースを責める時はこちらを使いたくなるのではと思います。

馬鹿野郎と言われそうですが、両方持つのが正解のような気がしています。店長が持つとすれば、MAXは9度、LSTは10.5度です。

いつもより、圧倒的に事前に入る情報は少なく大変です。

事前にいただけた説明資料では、LSTのソールの色はシルバーだったんですが、正式に発表されたときに、ブラックとなっていました。

この図かなかったら気が付かなかったかもしれません。(危ない危ない)

店長的な、今回の目玉はタービュレーターが消えたG425FWとG425HBです。構造が変わったためタービュレーターをつけるのが難しくなったが、タービュレーターを超える性能アップがあったので、あっさり廃止。(工学的です。いいものがあればこだわりを捨てる)

このようにフェースをカップにしたので、接着部分がちょうどタービュレーターがある部分なのでタービュレーターをさいようするのが難しかったんだと思います。PINGのエンジニアは執念が凄いので、新しい手法を編み出して、タービュレーター復活となった暁には拍手を送りましょう。

それとTour173シャフトに50グラム代が追加されます。発売は10月2日に遅れるんですが、これがかなりいいんじゃないかと期待しています。店長もこのシャフトは現段階でまだうっていませんが、フィッターチームから情報を仕入れました。

フレックス的には

173-65(R)、173-55(SR)、173-55(S)、173-65(S)の順ということで、シャフトが軽くなった分ボールは高く上がりますが、中弾道ということです。

175-55(S)のチップカットした試打シャフト用意したいですね。

今日はずっとこれをやっておりますが、もはや、限界休むことにします。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。