PING G410ドライバーの重心距離

PCMというクラフトマン向けの雑誌に、G410ドライバーのスペックがのっていました。

PINGが発表した数字ではありません。PCMが計測した数字です。

大雑把に書きましたが、それぞれの重心位置は大体こんな感じです。

緑がLST、赤がPLUS、紫がSFTです。

SSの高さが一番低いのがLSTで重心位置がフェースに近いので、縦のギア効果が大きく縦のスピン量は一番小さくなります。重心深度が浅くでミスヒット時にヘッドを回転させようとするトルクは一番大きく、左右の寛容性は小さいと言えます。

逆にSSの高さが一番高いのがPLUSで建てのギア効果は少なく縦のスピン量は多く、重心深度が深いのミスヒット時に発生するトルクは小さく、横スピンの発生は小さく、SSが高いの縦のスピン量多さとの相乗効果で曲がりが少ないヘッドとなっています。

重心角はほぼ33度とダウンスイング時には3タイプのヘッドが同じように感じられるんですね。

SFTは重心深度が短くミスヒットの特性はLSTに近いのですが、このヘッドのターゲットはヘッドが開いてはいるタイプです。重心距離が短いことで、ターンが容易におこなるようになっているようです。

また、重心角はすべてがほぼ同じ、ダウンスイングにおいては3モデルとも同じフィーリングとなるはずで、店長の場合、LSTでもPLUSでも同じです。SFTはあまりコースで使わないので印象が少ないです。

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

 

G410 LSTを使っているPINGプロ

G410 LSTを使っているPINGPROのスイングを集めてみました。

3人しか見つけることは出来ませんでしたが、3人とも動画から判断するにスライサーです。

G400 LSTを使うための大きな理由は2つ

  • ボールが左に行かないこと
  • ボールのスピン量を抑えること

です。

G410 LSTは前作のG400LSTに比べて捕まりが良くなっています。G410PLUSが真っ直ぐ飛ぶとしたら、LSTは右に1.5ヤード!G400LSTは右3ヤードだったそうで、少し捕まるようになっています。

とすると、思いっきり振っても、左に行かせたくない人は使いにくい可能性があります。スイング中に左に行かせたくない気持ちが入ると動きがおかしくなります。では、フェードポジションで使うとということになりますが、約5ヤード右に出るので1.5+5=6.5ヤードはちょっと右に出してしまうと、ラフや林のなかに突入しますので、使いずらい。(Plusのフェードポジションも同じかな?)

多くのプロがG400LSTで恩恵を受けていただけに、この微妙なフィーリングにするための整できずに、クラブチェンジが進んでいないことが考えられます。多くのプロはボールが左に行かせないで思いっきり振るためにG400 LSTを使っていたでしょうね。ウーストヘーゼンが代表だと思います。

ボールのスピン量が多い人は、

  • カット軌道で入るスライサー
  • ヘッドがダウンブローで入る

の二つの内何れかに大よそ分類されると思います。G410 Plus はよりスピン量が抑えられていますので、主にスピン量を減らすために使っていた人はG410 Plus の登場によって実現できたので初速が上がったG410 Plus にチェンジした。バッバがその代表でしょう。

最後に、カット軌道で入るスライサーは左へのミスはもともと少ないので、スピン量が減り、右に行き過ぎないクラブは助かりますのでG400 LSTよりつかまるG410 LST を選択すると思います。日本人の持ち球スライスに多いタイプなので日本ではヒットするかもしれません。

PINGクラブのお求めは

をお願いします。