FUJIKURA SPEEDER EVO7

健忘録として書いておこうと思います。

G410シリーズの

PING以外のシャフトの装着は昨年のFUJIKURA SPEEDER EVO6シリーズが発売される前までは、ダントツで

TENSEI CK ORINGE PROが多かったんですが、渋野プロの効果もあって発売以降は他の追随を許さず、UJIKURA SPEEDER EVO6シリーズの独壇場となりました。

今年、発売されたのは

SPEEDER EVO7シリーズです。ひょんなことからSPEEDER EVO5をうち比べをすることになり、お客様に打ってもらいました。

7と5打った感じは同じ、傍で見ている私のイメージも同じ、同じように飛んでいるなと感じでいましたが、nFlightの全然飛距離が違う。

なぜかなと考えたときに

超高弾性炭素繊維平織シート「70tカーボンクロス」

■カーボンクロス(平織物)は、層間でのズレが極めて少なく、インパクト時のブレを抑え、距離・方向安定性が高める。

■超高弾性70tのクロスを使用することで、弾き感の向上と、打感の変化を生み出す。

マルチフーププライ積層設計

■AirSPDや、SPD TRでも使用されている、「マルチフーププライ積層」を採用。

■とくに潰れを抑制するフープ層を、シャフト内層と外層それぞれに積層する2枚構成とすることで、潰れと曲げの強度向上を達成しています。

■シャフトの変形を抑え、スイングの再現性を高める。

この2つの要素が大きいのではと思いました。

KUROKAGE XDでも書いておりますが、キーポイントは大型ヘッドの負けない先端剛性のようです。

それにしてもフジクラさん見事でございます。

当然これを採用しているFUJIKURA SPEEDER EVO6も同様と考えています。

と思っていたら、本日、三宅君がフィッティングに来ました。叩き系の三宅君はEVO6でした。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

新標準シャフト(FUJIKURA SPEEDER EVO Ⅵ)

あのシブコも使っている

SPEEDER EVO6が標準シャフトととして採用されます。発売は9月6日発売分からですが、本日注文したとしても9月中旬以降のお届けとなります。

実は、店長、Speederが苦手でございました。走るシャフト言い換えるとぐるファーの意思とは関係なく走るでして、自ら走らせようとする店長の意思に反して走るものですから、きれいにスイングして毎回同じところでしならせてボールをつか舞えるタイプのスイングには一種の憧れを抱いておりました。

しかし、2年前にEVO4が登場した際には、こんな店長でも叩いて打てるSPEEDERが出たんだと思って喜びました。

それが、今年新登場したEVO6は、

「エネルギーロスを極限まで抑え、伝達効率に優れる“とにかく叩ける”SPEEDER」

との謳い文句。機械工学課にはたまらない修飾する言葉がついております。

なになに、

超高弾性炭素繊維平織りシート「70tカーボンクロス」が自分で出力を自在にコントロールするシャフトに

って、くすぐります。本日試打用のシャフトが届いたのですが、いろいろ用事がございましてまだ打っていません。

マーク金井さんが打っているので参考にしてください。

PINGクラブのお求めは

をお願いします。