G425のウェイトが重くなったのはなぜ?

G425ドライバーの慣性モーメントが増えたり、つかまりやよくなったりは、ヘッド後方に装着されるウェイトの重量が増えたためですが、

このウェイトは単純に増やせるわけではありません。これができるように、ギリギリの努力が行われます。

一つは、ドラゴンフライ・クラウン・テクノロジー。

クラウン部の肉厚、薄さ0.43mmを実現することによって、それにより新たに生まれた重量をウェイトとして利用できるようになります。

PINGはラプチャードライバーでカーボンクラウンを採用していますが、ここ最近採用していません。将来的に採用するのか採用しないのかわかりませんが、店長の勝手な思い込みは、インパクトの衝撃をカーボンで受け止めることは、ちょっとした衝撃で簡単に折れてしまう軽量カーボンシャフトの事を考えると、金属で一体化し、衝撃の吸収をその部分のある程度受け持つ方法が適しているのではと思っています。現状ではPINGの開発はカーボンクラウンを採用したときにはインパクトの衝撃に耐えうるだけの肉厚をフェースまたはその周辺部に与えなければならず、深重心かつ低重心にはマイナス要素になると考えていると推測しています。

もう一つはシャフトアダプターです。PINGのアジャスタブルヘッドを発売は他のメーカーに比べて遅くなりましたが、この部分の重量が増えることは、最適重心を得るためにはマイナスです。こういうところにも重心の最適化にこだわるPINGの姿勢が見て取れます。

わずか、数パーセントを実現するために、設計だけではなくPING製造部門が努力している様子が店長は感じています。こういった技術の上に成り立った製品なんですね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

となります。