コースでの試打結果

3Wと7番から上の番手を抜いてコースで打ってきました。こうしてみると番手表示で変っていないのはG400シリーズだけになっています。

i210はオーソドックスなこれまでの「i」の流れを汲む正統派アイアンです。CTPが大きくなったことで寛容性が向上し、初速が出ています。コースでも違和感なく打つことができました。普段なら、ちょっと届かないかな?という距離が届きます。また、打感に及ぼす効果は絶大で、吸い付く打感です。

さて話題のi500ですが、まずは飛距離チェック。G700と飛距離は互角。G700は払って打つのに対して、i500はしっかり打ち込みます。打球も緩やかな放物線のようなG700に対して、i500は打ち出したボールが伸びていく感じです。

ボールの止まり方ですが、ボールが高いので十分にとまりますが、低いボールでグリーンを攻めるときは、少し気を使わないと、いけないようです。多分、このアイアンだったら8番だろうなというライから7番で抑えて打ってですので、問題は無いと思います。

さて、シャフトですが、インパクトでヘッドたわみを生み出すものを選択したいですね。

B60がブームですよ。

と、B60をこよなく愛する営業さんからの情報。

どうも、真美子プロの全英リコー女子オープンでの活躍を見てオーダーが入っていますよとのこと。

実はB60ずっと使っていたんです。よく入りました。VAULT2.0B60も確かにいい感じだったんだけど、店長的には、Craz – eが……………………。

真っ直ぐにしか転がりません、欲しいなと思っていました。発売してすぐにヘッドの欠品。(おいおい)

ただ、昨日コースで使ってきました。勿論、お借りしてですが。溝がないのにTR溝かと思うくらい距離感ピッタリでした。

 

ウッドのようなで、独り言。

PINGのプロモーションに乗るわけではないですが、店長も赤いちゃんちゃんこが見えてくる年齢になると、フェアウェイウッドがだんだんやさしくなっってきます。

こういうアイアンを振り回していた時期もあり、しっかりショットができるといいのですが、高校生が210ヤードを「4番でちょっと大きかったです。」なんて言うわけです。

となると、飛ぶのはGだろうと言うことになるんですが、あまりにもオートマチックすぎて、曲げたいのに真っ直ぐしか飛ばない。(曲げなければならないところに打つなよというのはなしで)

で、折衷案を取ってℹ︎シリーズで落ち着いていたんですが、ℹ︎Bladeのような、飛ぶアイアンが出ると、惹かれるわけで、その上、自分自身でもそう思っていたところに、ウッドのようなという評価を他の人から聞くと

コンパクトヘッドのこのアイアンは魅力ですよねぇ〜。

ここまでやるメーカーがあっただろうか?

 

PINGは元々ジュニアに力を入れています。あのタイガーもジュニアの頃はPINGだったし、VAULTにはタイガーのパターもあります。

img388今年の秋から発売されるProdi(対象年齢7歳から13歳)は、

ジュニア用のカラーコードを用意

身長と手の長さに応じて推奨スペックを決定します。

それより凄いのは、

無償で一回限りシャフト長とライ角を一回に限り変更可能です。(※5本以上購入時)

基本スペック
素材【DRIVER】 6-4チタン(フェース)/811チタン(ボディ)
【FW/HYBRID/IRON/WEDGE/PUTTER】
17-4ステンレススチール
【キャディバッグ】 ポリエステル
DRIVER FW HYBRID 6I 7I 8I 9I PW 52 56 PUTTER
ヘッド体積(CC) 460 140 110
ロフト角(度) 15 22 27 32 35 39 43 47 52 56 3
ライ角 (度) 57 56.5 57.75 59.75 60.5 61.25 62 62.25 62.5 62.75 70
  • ※ シャフトは2種類のフレックス(R/S)からお選びいただけます。
  • ※ 上記のライ角は、スタンダード(ブラック)のものです。
  • ● Assembled in Japan [カスタム・一部修理等:Assembled in USA]

価格は

と決して安くはありませんが、フィッティングとライ角変更とシャフト長変更はみみょくてきな特典です。