G425MAXドライバー考察4

G425MAXドライバーの考察シリーズの第4弾、前回は道草となりましが話を戻します。G425MAXドライバー考察2ではスイングを上から見た図で考察いたしましたが、スイングプレーンは水平ではなく、傾いています。ということになれば、正面から見た力も考慮しないといけません。

正面から見た図では、通常は遠心力によってロフトが増えるように、力がかかります。

横道にまたまたそれますが、ボールがなかなか上がってくれないという人は、ヘッドを走らせたいためにデリバリーゾーンにおいてヘッドを目標方向に走らせようと力をかけます。ヘッドがすぐ反応してくれるのであればいいのですが多くの場合は

シャフトのしなりが発生するので、クラブが自然にロフトが多くなるような動きを打ち消します。

話を戻しますが、G425MAXはヘッド重量の約14%がヘッド最後部についていますのでロフトが多くなる度合いが大きく、G400MAXに比べ高い弾道となります。

店長の場合ですが、G400MAXは9度のヘッドをスモール+で使用しますが、G425MAXではノーマルなのかなと思いますが、ノーマルで使うともしかしたらフォローの状況ではドロップするかもしれません。フェードの球筋にしてスピン量を増やして対応になるのか、そのまま打てるのか微妙です。スモール+でもスピン量を減らしたヘッドなので大丈夫かもしれませんが、この高さに慣れていないので今はそう感じます。

このロフトが増えるように働く力ですが徐々に増えるのであれば違和感がないと思います多くの人はロフトが増える恩恵だけを受けると思います。

しかし、中にはぎりぎりまでリリースを遅らせて一気にヘッドを走らせようとするゴルファーもいます。

こんな感じです、クラブヘッドが急激に方向を変えるので、一気に大きな力が加わり、コントロールを失います。近頃、ハンドファースト、ハンドファーストと叫ばれます。低いボールが出る。力強いボールが出るのはもちろんですが、ハンドファーストによって一番得られるものはヘッドを支配下に置くことが出来るからなんです。手元が先行した後を追うようにクラブは動くんです。(もちろんシャフト分を考慮しないといけません。)店長のようにぎりぎりハンドファーストで打つことが出来る人間はインパクトちょうど手前でこの現象が発生し、クラブの支配権を失い、ボールがあらぬ方向に飛んでいく事になるんです。

上から見た図はこんな感じです。ネットでのコメントを見ると強烈なフックがというものが散見されます。それはこのような理由だと思います。しっかりハンドファーストを保ちヘッドを支配下に置くことが出来ればG425MAXの恩恵を受けることが出来るのではないかと思います。

それならばG425MAXではなくて、G425LSTを使えよ!といことになるんですが、どう振っても真っ直ぐ飛ぶということは魅力ですので、GV425MAXでなんとかしたいという声は大きいと思います。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 

 

エネルギー保存の法則

US OPENを圧倒的に制したデシャンボーの飛距離の秘密を書いておきましょう。

エネルギー保存の法則を最大限に利用したということです。コロナ過でツアーが休止となっているときに筋力アップしたと説明しているコンテンツが多いのですが、完全に間違いではありませんが、100点満点には遠い答えです。

デシャンボーがなぜ筋力アップしたか?以前の記事にも紹介しましたがライターの小関氏がGOLF.COMの記事を紹介した時の文章の中の体重増加です。

ニュートン運動の第2法則は、ma = F で示されるものですがこのときの m が質量で慣性の大きさです。つまり、重いと加速が鈍く、軽いと加速しやすいということです。

よくゴルフスイングの原理に例えられる「BULL WHIP」最初に与えた鞭の手元の運動量が先に伝わるにしたがって、運動する部分の質量が減少するために

とてつもないスピードを生み出します。手元の太さと先の太さの違いが大きいほど質量差が大きくなり、それに伴って生み出される先のスピードが上がるということです。

デシャンボーの場合は、その手元の重量を上げ、以前に比べてスピードを上げることに成功したということなんです。

左はNCAAのトロフィーを持っていますから大学時代です。もうそのころとは顔つきも変わり共通点はハンチング帽くらいです。体つきはお相撲さんみたいです。

LBが作成した動画ですが、以前のデシャンボーはTGMの幾何学的要素が強いスイングでしたが、動的な視点を取り入れているスイングに代わってきています。

New スイングでは腰(ヒップ)の回転が凄いです。方向性についても、同じように回転すれば、同じようにクラブが動くので、以前のように幾何学的な解ではなくなっています。

同じTGMでスイングを作った素晴らしいスイングの

スティーブ・エルキントンが今と昔のPGAツアーの攻略方法の違いをつぶやいています。

昨日フィッティングで以前のクラブと比べて30ヤード近く伸びた方がいらっしゃいましたが。60ヤード以上飛距離を伸ばすにはクラブではなくて、肉体改造です。おそらく、手持ちの洋服をすべて変えなければならないなるのでクラブを変えるより費用が掛かることは間違いないと思います。

 

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 

 

Designed to Align

PINGプロービンググラウンドブログが追加されています。

https://twitter.com/PingTour/status/1298306656623828998?s=20

記事の内容は「Designed to Align

Aline は平行または直線になるように線状に並べ、調整する。という動詞ですので訳すと

平行または直線になるように線状に並べ、調整するための設計という意味になると思います。

日本のゴルフ界ではALINEは、BluePrintのpingblueprint1標準グリップであるGolfPride のMCC・アラインMCC-ALINE

このネーミングも平行または直線になるように線状に並べ、調整するという意味が込められています。

このブログを書いたのは

PINGのエンジニアリング部門のバイスプレジデント、ポール・ウッド博士です。

“Designed to Align” の続きを読む

シャフト長はやっぱり大事、番外編

シャフト長はやっぱり大事では、シャフトを長くしてうまくいったことを書きました。今回はちょっと静的ではなく動的な考えからシャフト長を変化させてうまくいったことを紹介したいと思います。

カラーコードチャートは身長と腕の長さをパラメーターにしてシャフト長とライ角を導き出しています。

シャフト長を長くする効果の一つとして、クラブヘッドをタメやすいというものあります。それは、ふりこの周期はおもりの重さや振れ幅等には関係なく,糸の長さによる。という法則があり、クラブを長くしたことで、クラブの動きが抑えられタメを作りやすくなり、スイングが安定するというどちらかというと動的な考察による結果です。

木場本先生がおっしゃってらしたことに、「スポーツ歴によって教えるのが難しい人がいます。ラグビーをやられていた方がそうです。」「力の出し方が徐々にではなくて一気なんです。」ゴルフスイングはダウンスイングで力をためてそれをリリースするところまで運ぶんですが、この方は一気にリリースポイント以上にクラブを運んでしまうです。

リリース時の力のベクトルがきれいに揃ているときはいいんですが、それは非常にピーキーで、まるで昔のフェラーリ―のキャブセッティングをしているかのよう(したことはありません)なんです。

そこでかんがえたのが、振り子を短くするということ

上の動画のように短い振り子の周期は短く、長い振り子の周期は長いなっています。短くするとクラブの周期が短くなるので、それがスイングを助けるんじゃないかということです。そのことがスムーズなスイングを引き出し、安定するんじゃないかと思ったんです。

フィッター的には振動数の多いシャフトを選択するという方法があるんですが、切り返してしなりを感じないということで、あまり固いシャフトが使えません。

結果は、これまで苦しんできたことが嘘だったかのように安定しました。短く持った分フラットになりますので、ライ角の調整が必要になるかもしれません。

しばらく経過観察となります。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

3M OPEN 2nd DAY

 

3M OPEN 2日目が終了しました。

TOPは2人、PING PROのトンプソンと前日首位のウェンスキー。66,67のランドです。

トンプソンと同じ66のフィナウは3位タイです。

81ヤードを直接入れてイーグル!

PGAのYOUTUBEに各プロのヘッド軌道の動画があったので紹介します。

店長はデシャンボーのトレースの差がすごいと思いましたが、皆さんはどうでしょうか?フィナウは基本的にずっとオンプレーンなので安定度が抜群です。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 

クラブヘッドの動き

今日はOBの井上君のスイングを変えるのに、井上君の頭の中のそうしているつもりを徹底的に、変更しました。

これは、アメリカから帰ってきた直後のスイングです。きれいに振っているのですが、ちょっとずつ考え方が間違っていて、なかなか、課題がクリアーしません。

何故、そうならないかという細かい部分の部品を作り替えます(実際にはその内容と理由を教え、試してみてもらい、実感する。)

例えば、一つの例をいうと、レッスンが始まって、すぐに、ジャイロ効果を話しました。物体が回転を始めると回転軸はジャイロ効果によってそれを他も打とうとするはずだから、いったん、ダウンスイングで体の回転が始まったら、頭を動かさないとかスイングプレーンを考えるとか、前景角度をキープするとか一切やめてみてとスイングしてもらいます。自分の中からその意識をなくして、体の姿勢キープに使う力を排除します。姿勢キープに使う力が、実際のところスイングのジャマをしていて、より体が早く動くことに気づいてもらうなどを、こちらがスイングの助教を見ながら支持していきます。

そういうことを繰り返して行っていった本日の最後のスイングは

これ。スイングをチャックすると、切り返しからヘッドが上昇することがなくなりました。トップのクラブヘッドが持つ、位置エネルギーを無駄にすることなくスイングできるようになりました。

そのスイングスピードは、本人曰く、体験したことのないスピードで、通常のフィニッシュの位置をはるかに超えて、勢いよく、頭に当たるようになりました。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

シャフト長はやっぱり大事

PINGのカラーコードチャート、これは本当によくできているんです。

その中には、シャフト長についても指示しています。例えばシューズを履いて慎重が184cmだとするとシャフト長を標準に対して1/2インチの長くするといった具合です。

Ping Color Chart ping color code chart bidproposalform com

これは、身長に対して比率として、シャフトの長さを変えた方が合理的という考えから来ています。

以前のColor Chartを見ていただくと、長さの設定は1/4単位になっているんです。現在も、長さの変更は1/4単位で指定できます。

前振りは、これくらいにして何が言いたのかということですが、

以前にこういう記事を書いていますが、これによく似たことが起きたので記録としても書いておこうと思ったんです。

お父様がお使いになられていたMIZUNOのマッスルバックアイアンを大事にお使いになられていたお客様ですが、若干、フリップするお客様ですが、一生懸命練習してもなかなか良くならないので、私もお客様も困っていました。

もしかしたらと思い、少し長いアイアンを使ったら、と思ったんです。長いシャフトのアイアンを試してもらうと、すべて解決!フィッティングは大事です。

身長がありパワーがあるお客様でクラブの加速能力が大きいので短めなシャフトでは、早く回転してしまい、コントロールできなかったようです。

静的な比率からくるクラブの長さと同時に、このように動的な要素からくる長さの考慮も必要であると改めて感じた瞬間でした。

お客様はどうしたかって?

シャフトを延長しましたよ。この話はもう一つ落ちがあって次回に回します。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

デシャンボーがデシャンボーでなくなってデシャンボーになった2

デシャンボーが使い始めたエネルギー保存の法則。

The Physics of Golf ではBULLWHIPをたとえにして説明しています。

 

 

振り出された鞭が先端に進むにつれスピードを上げていきます。最終的には先端が音速を超え衝撃音を発生します。

先日の火球でも、衝撃音が話題になりました。

鞭の場合は手元の太い鞭が振られ、その動きが先端の方に移っていきます。鞭の先端に行くにしたがって鞭の径は細くなり、動いている部分の重量が徐々に小さくなります。エネルギーは質量×速度で表すので、エネルギーが保存されるとすると、質量が少なくなるので速度が大きくなります。

ゴルフスイングの場合は、体全体の回転の腰の動きが止まり肩から先の回転、肩の回転がとまり腕から先の回転、腕の動きが止まりクラブ回転へと動きが映っていき、最終的にクラブだけの動きとなります。どんどん動く部分の重量が減っていきますので、エネルギーが移動していき、リリース後のクラブのスピードが増大します。

そうなっているかどうかというのは

このようにデリバリーゾーンにおいては体の回転が止まり、クラブだけが動いていて、クラブの動きにつられて体が動くようになります。そしてフォローでは腕が伸びます。(腕を伸ばしているのではなく、クラブの運動につられて伸ばされている)

腕をのばして、スイングしましょうというのではなく結果的に伸びていて、フィニッシュはどうでもいいよと言っていますが、このようになってしまいます。

そして、クラブですが手元と先端がしなるシャフトを使用しているということはリリース後のクラブはシャフト中央部が先ず止まり、そのあと超軽量のヘッドだけが動きます。わずか285グラムヘッドのエネルギーが伝達されるわけです。

この考えを大前提に考えると、ボールを飛ばすには、スイングの最初に回転させる体全体が重い方が、最終的にヘッドのスピードが上がるんです。

デシャンボーの場合は9kgの増加が、飛距離の30ヤード増につながったということだと思います。これまで以上に物理を駆使しているデシャンボーということが分かると思います。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

デシャンボーがデシャンボーでなくなってデシャンボーになった

さて、ややこしいタイトルを掲げましたが、なんのこっちゃというタイトルです。

以前のデシャンボーと今のデシャンボーを比べてみました。

デシャンボーといえばアドレスでグリップの位置を高くして、なるべくコックを使わず、シンプルなシングルプレーン、ワンレバーシステム(コックを行わない)1重振り子のイメージでスイングをしていました。

パワーがありますので普通の人であれば飛ばないスイングでも300ヤードに迫る飛距離を誇っていましたが、最近では2レバー気味のスイングを変わってきていました。

2月のジェネシスオープンの時には315ヤード平均に上がっています。

2019年のドバイではまだ以前のアドレスでシングルプレーン1レバーシステムですが

今年のドバイではアドレスが違います。以前に比べてアドレスのグリップの位置が下がり。2レバーに近いスイングをしています。まだ、「ボールのコントロールに苦労しているようです。

今週のロケットモーゲージでは、かなりコントロールしています。

物理学を専攻に科学的に突き詰めたシングルプレーン1レバースイングをなぜ捨てたのでしょうか?

クラブはスイングの最下点において、フェースの向きがスクエアになるように設計されているいうのは「golfq の理解して、楽しいゴルフ」さん。ご本人に確認はしていませんが、多分あのお方です。(知っている方ならわかるはず)

ボールを正確に飛ばすために、シングルプレーン、ワンレバーを考えたデシャンボーですが、静的な考えから、Golfqさんが言うように、クラブを力いっぱい振ってスイングの回転軸がぶれないならばクラブフェースのスクエアを得られる、ダイナミックにクラブフェースをコントロールする方法に変更したように思います。

デシャンボー本人に確認しないと分からないことではありますが、以前は左右のどちらかのパワーしか使わなかったスイングだと思いますが、現在のスイングは両サイドのパワーを使っています。

飛距離の変化は1レバーの2019年から2レバーに変更した2020年のジェネシスで20ヤード伸びています。

そして、コロナ自粛中のトレーニングで体重を増やしさらに30ヤード飛距離を伸ばしています。飛距離の伸びとトレーニング(体重増)が合わせて報道されていることから、体重が飛距離の源の一つでヘッドスピードを上げるために筋肉量を増やしたのです。

PINGのフィッティング担当の役員でプロゴルファーのジェーソン(2020USOPEN出場)がおすすめのThe Physics of Golf ではゴルフスイングはエネルギー保存の法則を利用してヘッドスピードを上げていると書いてありますが、デシャンボーもこの理論を取り入れてシングルプレーン1レバーの幾何学的に考えたゴルフスイングから、ダイナミックなゴルフスイングに変更したと店長は見ています。

タイミングよく、知さん(AGL・TGMインストラクター)のブログにデシャンボーのドライバーのヘッドの重さについて書いてあります。シャフトは手元とティップがしなるダブルキックタイプ(そこまで鞭の効果を使うんですね)でヘッド重量が185gということですので、当然200gよりヘッドスピードが上がります。よって、この重量のドライバーヘッドを採用しているということは、エネルギー保存の法則を意識していることは間違いないいえるとおもいます。

今日はこの辺りで、

間違いないのはデシャンボーがデシャンボーでなくなったが、より物理を駆使したデシャンボーになったということは間違いないようです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 

リミッター付きアイアン

スクールOBでアメリカの大学に行っていたOBの井上君が返ってきました。

数日前にLINEに2週間の隔離が終了してとやまにつきましたとのこと、やっと、昨日合うことができました。

レッスンが終わり彼が来たので

スタジオから近い、キラリさんへ

面にたどり着くのが大変でした。

帰ってきてスイングを見ました。基本的にフェードフィッターなんですが、スイングを見て、フェードしか打てないよねと確認すると、どうしてもドローがいるホールがあるときに大変なんですよとのこと。

変更したスイングがこれです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。