「CHIPR」は何故、GAME CHANGER なのか!

本当に皆様、お待たせしております「CHIPR」ですが、2ラウンド目にして使い方がわかってきました。

カラーでも、花道でもグリーン周りのラフからでもピンまで、キャリーとランの割合を考えパッティングのように打つだけです。で自分の距離を探しましょう)となるような強さでパッティングしてあげればいいだけです。

50ヤード以内であれば問題なく使える感じです。

考え方の基本は、

  1. 長い距離を打つときはスピンが多くなり、短い距離はスピンが少なくなるので。長い距離はキャリーを多めに、短いときは少なめにする。
  2. ラフはスピンが減るのでキャリーは短め、ランが多めで考える。場合によってはファーストバウンドをラフに設定することを考える
  3. 下りの場合、落下角度が少ないので、ボールがなかなか止まらない
  4. スピン系のボールはフェース面の打点によってスピン量が大きく変化します。下から2本目くらいの溝の位置でボールを打つとスピンが多くなりボールが止まります。

です。

それをもとにゴルフゲームを組み立てると

ブルーの網掛は完全に「CHIPR」の守備範囲です。(20ヤードを超えるロングパットをするよりは30ヤードのバンプエンドランの方が簡単に思えます。)

となると、セカンドショット(PAR4の場合)の狙う位置は

上手のオレンジのであったのが、

このように手前に範囲を広げてずらして狙ってもOKとなります。

この違いはかなりのメリットとなります。セカンドショットで持つクラブが1~2番手違います。場合によっては3番手落としてもいいやと考えてしまいます。

実際のところ、クラブを2番手落として手前の広い部分を狙うのはかなり簡単になります。ピンの手前のグリーンにボールを止めてパーを積み重ねるゴルフがグリーン手前でいいんですからね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

そしてこれは、飛距離不足に悩んでいる人には絶対おすすめです。これまでのホールが20ヤード短くなることと同じです。気づきましたか。

分かっていただけたでしょうか?GAME CHANGERを!

しかしながら、現在欠品中で納期は未定です。申し訳ございません。PINGはお客様(お店ではなく個人)のオーダーを優先します。標準品もカスタムオーダーも納期は変わりませんので、標準品の方が早く来るであろからというオーダーではなく、自分のゲーム合ったクラブをオーダーしてください。

MYGOLFSPYさんのCHIPERの記事のコメントの中に

私は7月にプロショップを通じて私のものを注文しました(試合での低いネットスコアからのクレジットがありました)。Ping からの最新の見積もりは 10 月の配達です。

を見つけました。PING GOLF JAPANから納期通知はまだですが、日本もこれに準じる納期となるのではないかと思っています。この方は7月のオーダーですので、8月後半の情報があればいいんですが、どうなるんでしょうか?

渋野、再びならず。

全英女子オープン。力が入りました。

優勝は、渋野が優勝した時の同組のブハイ選手見事でした。

PING PRO チョン・イン・ジーもメジャー連勝まであと一歩でした。

渋野は1だ、足りませんでしたが、まだまだ余裕のあるゴルフに見えました。

そんな渋野選手のパッティングを支えたのは、

PLDMILLED DS72です。

スペックは、ヘッドは市販ヘッド、ライ角:ORINGE シャフトレングス:33′ グリップは:PP58 BLACK/BLUE MID

ずっと、SIGMA 2 ANSERでしたが、マレットに変更です。ANSERタイプからマレットへの変更ですが、もともとSIGMA2 ANSERはサイズが大きいので、いうならばANSERらしくないでANSERなので、PLDMILLD DS72とフィーリング的には違和感がないのではないかと思います。だた、今回削り出しパターとすることで、距離感が確実良くなっていました。

中継では、微妙なタッチも決めていました。欧米のグリーンの傾斜は強いので、インサートではない削り出しのDS72にするメリットは大きいと思います。

PLDで特別に製作されるヘッドではなく市販のヘッドで戦う渋野選手は輝いていましたね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

削り出しヘッド
特徴と魅力

 

ChipR

「CHIPR」のグリップを考える

で「ChipR」のグリップの事を書きましたが、なんとマーク金井さんも

同じことを言っています。

吊るしのものを買うより時間がかかりますが、自分用にカスタムした方がいい、いやしなければならないのが「Chiper」です。

 

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

 

 

「CHIPR」のグリップを考える

話題沸騰の「CHIPR」ですが、試打クラブでショットしてみると、クラブフェースのコントロールに不安がありました。

形状からもわかるように

トゥが重いのでいったん回転すると、パターのグリップの強さではスクエアをキープしにくい感覚があります。そこで、布をグリップに巻いてグリップを不当してショットするとフェースのコントロールが容易になります。(多分パターグリップであればコントロールできると思いますが)

発売日に、グリップサイズをゴールド下巻きを先端4巻き、手元2巻きの「CHIPR」もオーダーしてあり、本日入荷したので試してみると、ほぼ、ヘッドは暴れません。カスタムオーダーは無料ですのでご購入の際は検討してみてください。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

「CHIPR」の人気の秘密は?

多分でございますが、「CHIPR」想定を超える売れ行きのようでございます。

PINGの営業さんが不思議思い、お客様に聞いたそうです。

お客様は「CHIPR」はバッグに入れても、ゴルフ仲間に気づかれにくい。

確かに、ウォーリーを探せ状態になります。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

「CHIPR」はこんなスペック

「CHIPR」のスペックです。

  • ロフト– 38.5度   (28.5度)
  • ヘッド重量 325g (285g)
  • ライ角 70度 (63.5度)
  • クラブ長 34インチ (35.75インチ)
  • *Z-Z115 / *360 DYLAWEDGE LITE AQUA

()内の数字は参考値。

ロフトは38.5度、現代の一般的な9番アイアンのロフトです。カッコ内は5番アイアンのロフトです。

ヘッド重量はLWとパターの間の重量です。クラッシックパターよりは重いので、さほどパターのようにストロークしても違和感はありません「。

ライ角、シャフト長はパターに合わせてあります。カッコ内の9番のスペックと大きく違います。

パターのようなストロークで、9番アイアンでチップしたような弾道が出るといっていいと思います。スタジョオ内での実験ではキャリーが1に対してランが4でした。下の図は店長が目安としているキャリーとランの目安です。

参考にしてください。もちろんグリーンの速さ、硬さ、傾斜によって違いますので調整をお願いいたします。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

PINGの「CHIPR」はなにが違うのか?

他のメーカーも沢山チッパーを出していますし、PINGも昔はCHIPOを出しています。

CHIPRは

  • 丸みを帯びたソール形状 
  • シャローフェース
  • バウンスが多い (8度)

ということで、徹底的に縦距離の精度にこだわり、この結果ラフからでも打てるチッパーになりました。

カラーから、パターを使う場合は、バンスの無いパターではダフらないように打たなければならず、ストレスがかかります。でも、「CHIPR」はソールが丸く幅があり、バンスがあるのでストロークに専念でき、距離が合いやすいです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

何故「CHIPR」をオーダーしたのか?

店長が何故オーダーしたのか?

「CHIPR」のキャッチフレーズ

  • 打ち出しの高さが一定
  • 縦距離の安定性が向上
  • 方向性のバラツキが減少

ある程度は大丈夫ですというか、これが店長のゴルフのベースになっています。じゃ、そんなにいらない訳です。

現在のPINGの担当の営業さんは企業対抗に出場するようなゴルフの腕前で、言ってみれば、「CHIPR」は必要ないわけです。今度、「CHIPR」発売になります。よろしくお願いします。みたいなスタンスで、店長はこれはいいよといっても、どちらかというと店長の方がテンション高めの状態。

ふと、発売日当日、前営業さんに電話をかけてみたんです。この営業さんは恐らくPINGで一番下手な営業さん、思いっきり一般のゴルファーです。「CHIPR」の事は一般ゴルファーに聞けです。すると、「店長、「CHIPR」凄いですよ。平均5ストローク違います。」確かにグリーン周りで、チャックりやトップ気味、ちゃんと打てればスピンがかかりすぎでした。本人談は「そういうことがなくなり、普通にピンによりますもの。スコア上がるに決まっているでしょ。」

えっ、そんなに?
たしかに。
スコア負けるかも?

大変なことです。彼のショットはそこそこになってきていたんですが、差があったのはその部分。まだまだ、負けないと安心していました。

実は、こういう資料をもらっていました。

「CHIPR」とWEDGEのうち比べです。約1/3のゴルファーは打ち比べると方向に関しては変わらないが、縦距離の制度が非常に高くなるというデータです。完全に当てはまった人物です。

いやいや、まずいですよ。

ということで、外から寄せるではなく、外から入れるをテーマにオーダーしてしまいました。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

 

店長はパターのように使う CHIPRをパターと違うシャフト長にしたのか

店長が、普段、使用しているパターのスペックが、シャフト長:34インチ、ライ角:ブラック(70度)です。

出来るだけ現在使用しているパターと同じようになるようにオーダーしようと思いました。「CHIPR」はパターと同じストロークを要求しているので。

単に数字を合わせるのではなく、試打クラブでボールの飛びだし、転がりをチェックし、スペックを決定しました。

決まった仕様はこちら

  • ChipR
  • 【左右】右(RH)
  • 【ロフト/番手】-
  • 【ロフト調整】1 DEG WEAK
  • 【カラーコード】RED (1度フラット)
  • 【シャフト名】Z-Z115 WEDGE
  • 【フレックス】-
  • 【長さ】-0.75 (標準は34インチ)
  • 【グリップ名】GP LITE TOUR VELVET
  • 【詳細】オレンジ (BL有り)
  • 【下巻き・添付(未装着)など】グリップ添付

シャフト長が違いますよね。実はこれでパターと同じシャフトの長さになるんです。

「CHIPR」のシャフト長は50度計測法で表します。そうするとクラブのソールを基準にすると、パターのシャフト長より0.75インチ長くなるからです。ですのでお使いのパターと同じ長さにしたいときは0.75インチ短くオーダーしてください。

次に、ロフトはボールが飛行する距離を増やしたいので、1度寝かしました。こうすることで標準のロフトより「CHIPR」が使える範囲が広がります。

副産物としてバンスが増えるので、悪いライにも対応が可能になります。

次に、ロフトを増やしたことで、インパクトでボールがフェースにのるので、左へボールが飛び出しやすくなります。そこで、補正としてカラーコードを1度フラットにし、左へのミスをケアしました。

最後にグリップです。クラブの分類上パターではありませんので、パター用のグリップを装着することが出来ません。パター用のグリップのほとんどは平面部分があり、その部分に親指をおいてグリップすることでアライメントをようにします。

実はGP LITE TOUR VELVET(オレンジ (BL有り)を使って、巻き数を巻き方を調整しようと考えています。目標はスーパーストローク風なフィンガーロックです。発売が中止となったフィンガーロックですが強調されたバックラインでアライメントが正確になるようにしたいと思います。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

念のために言っておきますが、グリー周りのアプローチは得意です。「CHIPR」でボールを打っていくうちに、もしかしたら、たまに入るアプローチが、パターまでとはいかないまでも、かなりの確率で入るのでないかと思った次第です。

もうひとつ理由があるんですが、それは次回にしたいと思います。

ウェッジはバンスを使いたい。

ウェッジは基本的にフェースをオープンにして使います。その根拠はバンスを利用しやすくするためです。

このようにフェースをストレートまたは閉じ気味にしてハンドファーストに使うと、バンスが機能しなくなり、ボールのちょっと手前に入り、チャンク(ざっくり)してしまうことが多くなります。

アプローチに悩む人はこのケースが多いですが、ウェッジを開いて使ってみてといっても、開くことがなかなかできないようです。

昨年、GLIDE3.0ウェッジのWS(ワイドソールブーム)は、これに悩んでいる人が多いことを証明したしたわけです。

ポールターのアプローチは水分手前からクラブが入っているんですよ実際に。

ウェッジの使い方で特殊なものは、シャフトを短くグリップして。ヒールを浮かして打つというものがあります。

但しヒールを浮かしただけでは

このようにフェース面が右を向くので、ボールは右に出てしまうので

このようにシャフトを回転させ、フェースが目標を向くように調整して行います。ヒールを浮かし、フェースを回転させ、後はパターのようにストロークしますが、バンスがなくなるので、絶対にチャンク(ざっくり)しないように、やや、ハンドフェースとが強くなるように打ちます。そのため、やや強く入る分を考慮して打っているんですが、オーバーすることがまれにあります。

昨日、突然発表された「CHIPR」

は8度のバンスがあるチッパー、出玉を強くする必要がないので距離が合わせやすいクラブです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

さて、店長オーダーしてしまいました。

  • ChipR
  • 【左右】右(RH)
  • 【ロフト/番手】-
  • 【ロフト調整】1 DEG WEAK
  • 【カラーコード】RED (1度フラット)
  • 【シャフト名】Z-Z115 WEDGE
  • 【フレックス】-
  • 【長さ】-0.75 (標準は34インチ)
  • 【グリップ名】GP LITE TOUR VELVET
  • 【詳細】オレンジ (BL有り)
  • 【下巻き・添付(未装着)など】グリップ添付

です。普段使用しているパターとほぼ同じ仕様です。

普段、使用しているパターは、34インチ、ライ角:ブラック(70度)です。

何故この仕様になったのかは、次の投稿で!